1. Home
  2. BODY
  3. クリトリスが性交部位から離れた場所にある理由とは?

クリトリスが性交部位から離れた場所にある理由とは?

Healthday News

2,902

MYLOHAS編集部

男女

女性のオーガズムは「進化の名残」だった?

女性のオーガズムをめぐる謎の一端を解明したとする研究結果がアメリカで発表されました。研究グループは、女性のオーガズムはもともと、交尾において排卵を誘発する役割を果たしていたが、進化の過程で生殖的な機能が失われていったとする仮説を、ウサギを用いた実験で検証できたとしています。

男性にとって性交中のオーガズムには、射精を起こすという生殖機能としての明確な役割があります。しかし、女性の場合はオーガズムに達したか否かにかかわらず排卵が見られるため、生殖機能におけるオーガズムの役割やその存在そのものが生理学的にも謎に包まれていました。こうした中、研究グループは、ウサギを用いた実験で、この謎を解き明かすことができたと考えています。

排卵促進とは無関係に快楽ホルモンが残った?

セックス

女性のオーガズムに重要な身体の部位である「陰核(クリトリス)」は、性交が行われる部位から離れた場所にあります。このことは、女性のオーガズムが謎とされてきた理由のひとつでした。

一方、研究グループによると、ネコやウサギ、フェレットといった哺乳類では、雄と雌の生殖器が交わる経路上に陰核が存在し、交尾の際には陰核が重要な役割を果たしています。例えば、雌のウサギでは陰核が刺激されてオーガズムに達すると排卵が起こると考えられているそうです。

そこで、研究グループは、ヒトの進化の過程で女性の陰核から生殖機能が失われ、快楽をもたらすホルモンを放出する機能のみが残ったのではないかという仮説を立て、雌のウサギを用いた実験を行い、他の哺乳類では雌のオーガズムが生殖に重要な役割を担っていることを検証しました。

実験では、雌のウサギに抗うつ薬のfluoxetine(フルオキセチン、日本国内未承認)を2週間にわたり注射しました。fluoxetineにはオーガズムに達しにくくさせる作用があることが知られており、同薬を注射したウサギは排卵が起こらなくなることが予測されました。

この予測は的中し、fluoxetineを注射したウサギでは、注射しなかったウサギと比べて交尾後の排卵の回数が30%減少しました。

この結果を踏まえ、研究グループは「ヒトにおいても遠い昔、女性のオーガズムは子孫を残すための役割を果たしていた可能性がある」とみています。

また、研究グループは、今回の結果はフロイトなどの主張を発端に世間に広がった「オーガズムに達することのない女性は精神的に未熟である」とする見方を否定するものだとしています。

心地いいセックスをするには?

何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

一度のセックスで何回もオーガズムを得るにはどうしたらよいのでしょうか。気持ちよくオーガズムに達するためのヒントを精神科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200223pvn_sexexperts2.html

好きな人との距離がグンと縮まる、ベッドの上の6つの行為

セックスのプロセスをフルに楽しみ、オーガズムを得るタントリックセックス。そのコツを専門家が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/07/194194pvn_tantric.html

HealthDay News 2019年9月30日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!