1. Home
  2. BODY
  3. クリトリスが性交部位から離れた場所にある理由とは?

クリトリスが性交部位から離れた場所にある理由とは?

Healthday News

3,844

MYLOHAS編集部

男女

女性のオーガズムは「進化の名残」だった?

女性のオーガズムをめぐる謎の一端を解明したとする研究結果がアメリカで発表されました。研究グループは、女性のオーガズムはもともと、交尾において排卵を誘発する役割を果たしていたが、進化の過程で生殖的な機能が失われていったとする仮説を、ウサギを用いた実験で検証できたとしています。

男性にとって性交中のオーガズムには、射精を起こすという生殖機能としての明確な役割があります。しかし、女性の場合はオーガズムに達したか否かにかかわらず排卵が見られるため、生殖機能におけるオーガズムの役割やその存在そのものが生理学的にも謎に包まれていました。こうした中、研究グループは、ウサギを用いた実験で、この謎を解き明かすことができたと考えています。

排卵促進とは無関係に快楽ホルモンが残った?

セックス

女性のオーガズムに重要な身体の部位である「陰核(クリトリス)」は、性交が行われる部位から離れた場所にあります。このことは、女性のオーガズムが謎とされてきた理由のひとつでした。

一方、研究グループによると、ネコやウサギ、フェレットといった哺乳類では、雄と雌の生殖器が交わる経路上に陰核が存在し、交尾の際には陰核が重要な役割を果たしています。例えば、雌のウサギでは陰核が刺激されてオーガズムに達すると排卵が起こると考えられているそうです。

そこで、研究グループは、ヒトの進化の過程で女性の陰核から生殖機能が失われ、快楽をもたらすホルモンを放出する機能のみが残ったのではないかという仮説を立て、雌のウサギを用いた実験を行い、他の哺乳類では雌のオーガズムが生殖に重要な役割を担っていることを検証しました。

実験では、雌のウサギに抗うつ薬のfluoxetine(フルオキセチン、日本国内未承認)を2週間にわたり注射しました。fluoxetineにはオーガズムに達しにくくさせる作用があることが知られており、同薬を注射したウサギは排卵が起こらなくなることが予測されました。

この予測は的中し、fluoxetineを注射したウサギでは、注射しなかったウサギと比べて交尾後の排卵の回数が30%減少しました。

この結果を踏まえ、研究グループは「ヒトにおいても遠い昔、女性のオーガズムは子孫を残すための役割を果たしていた可能性がある」とみています。

また、研究グループは、今回の結果はフロイトなどの主張を発端に世間に広がった「オーガズムに達することのない女性は精神的に未熟である」とする見方を否定するものだとしています。

心地いいセックスをするには?

何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

一度のセックスで何回もオーガズムを得るにはどうしたらよいのでしょうか。気持ちよくオーガズムに達するためのヒントを精神科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200223pvn_sexexperts2.html

好きな人との距離がグンと縮まる、ベッドの上の6つの行為

セックスのプロセスをフルに楽しみ、オーガズムを得るタントリックセックス。そのコツを専門家が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/07/194194pvn_tantric.html

HealthDay News 2019年9月30日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 全員がストレスで倒れてもおかしくない。「コロナ鬱」のサインは意外な症状

    2. 垂れ尻を食い止め、桃尻をつくるトレーニング。プリっとしたお尻に!

    3. 最後のダイエット。−12kgを目指すライターが気付いたやせなかった理由

    4. マスクでもくずれない、荒れない、心地いい! 簡単スキンケア&メイク術

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 2020年6月の運勢:全体の星の動きは? #マーキュリー占星術

    7. 相手が気になって集中できません! 「家でイライラ」を減らす方法

    8. パートナーがいると不安が増す? 家でもめない「声のかけ方」

    9. 【クイズ】やりがち...。太る眠り方はどれ?

    10. カチコチ肩こりがじんわりほぐれる。家でできる簡単「肩甲骨ほぐし」

    1. 全員がストレスで倒れてもおかしくない。「コロナ鬱」のサインは意外な症状

    2. 最後のダイエット。−12kgを目指すライターが気付いたやせなかった理由

    3. マスクでもくずれない、荒れない、心地いい! 簡単スキンケア&メイク術

    4. 脂肪燃焼効果は抜群! 全身を一気に鍛えるHIITトレーニング

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. カチコチ肩こりがじんわりほぐれる。家でできる簡単「肩甲骨ほぐし」

    7. 運に頼るよりもはるかに効果的! 「理想の自分」に近づく3つの習慣

    8. もう手放せない! 肌が見違えるほどきれいになるUV下地&美白マスク

    9. 【クイズ】やりがち...。太る眠り方はどれ?

    10. 皮膚科医の「メンタルに効く」3品。とにかく香りが好きなオイルって?

    1. マスクでもくずれない、荒れない、心地いい! 簡単スキンケア&メイク術

    2. ダイエットの神が1000%やせられるという、5つのメニューとは?

    3. 全員がストレスで倒れてもおかしくない。「コロナ鬱」のサインは意外な症状

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 2万人をやせさせた「神」流。我慢しないダイエットで超順調にやせるワケ

    6. 「ぽっこりお腹」撃退トレーニング。腰痛、便秘にも効果的!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 保存食品がなくても焦らないで。今でもスーパーで買える優秀食材5つ

    9. 最後のダイエット。−12kgを目指すライターが気付いたやせなかった理由

    10. 1か月後には違う自分になろう。「自分を変えてくれる」4冊

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら