1. Home
  2. BODY
  3. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,261

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

つらい女性

image via shutterstock

寝具を新しくしてみると、気分も一新。

しかし、『British Medical Journal』誌に報告された症例によると、43歳の男性患者は、羽毛掛けふとんと枕を購入後に体調不良に陥ったとのこと。

家の中を歩くだけでも呼吸が苦しい

寝る男性

image via shutterstock

男性は、けん怠感や息切れといった症状があり、体調不良が3か月も続いたため、かかりつけ医を受診。

当初かかりつけ医は男性のそのような症状を診て、下気道感染症(かきどうかんせんしょう/声帯から下が感染する症状)と診断しました。症状は一時的によくなったかのようでしたが、またすぐに再発。それどころか症状はさらに悪化し、仕事を2週間休んでしまうほどに。

その1か月後、男性の息切れはさらにひどくなっていました。初回の血液検査や胸部X線検査では異常なしという結果でしたが、男性は家の中を歩き回るだけでも呼吸が苦しくなるように。かかりつけ医は専門医に相談し、医師らは男性の生活スタイルを調べました。

何よりもまず、男性は非喫煙者。家の浴室には少しのカビが生え、猫と犬を飼っていました。そして最近、寝具を羽毛掛けふとんと枕に替えていました

アレルギー反応で肺に炎症が

その後の血液の再検査で、新たに興味深いことが判明。男性は鳥タンパク質へのアレルギーの反応性が増大していたのです。鳥タンパク質は鳥の羽毛に含まれるものですが、男性は鳥を飼っているわけではありません。

かかりつけ医はさらに詳しく調べ、最終的に、過敏性肺炎であると診断。アレルギー反応によって肺に炎症が起こっていたのです。

より具体的には、男性の病気は「羽毛ふとん肺」というものでした。これは、鳥アレルギーの中でも深刻な症状で、その主な症状は、乾いた咳のほか、体重減少や発熱、時間の経過とともに呼吸がしづらくなります。

過敏症肺炎ってなんですか?

肺炎

image via shutterstock

過敏性肺炎は、10万人当たり2人の発症頻度で、非常にまれな病気です、とアレルギー&喘息ネットワークのアレルギー専門医・免疫学者であるパービ・パリック医師は説明します。「滅多にない病気ですが、きちんとした治療を受けなければ死につながります」とパリック医師。

「とはいえ、自分がそのようなアレルギーを持っていることに気付かないこともよくあること」とパリック医師は言います。「アレルギー反応はもともと多様で、人によって出方もそれぞれ異なります。このため、診断の際に見落とされることも多くあります」(パリック医師)

息切れや咳が長引いたら、医師に相談を

アレルギー症状といえば、咳や息切れが思い浮かぶかもしれません。しかし、この男性のように頭がクラクラしたり、めまいが起こったりすることも。「めまいは、脳に送られる血液の量が少なくなることで起こります」とパリック医師。

パリック医師は、もし息切れや咳の症状が長引いていれば、直ちに医師の診断を受けるようにすすめます。特に、そのような症状が3~5日以上続いていれば。

「咳は喘息あるいは肺疾患の最も一般的なサインです」とパリック医師。「もし息切れがあれば、それはさらに深刻な状態になっているサインであると言えます」

羽毛製品を避けるべき人は?

布団

image via shutterstock

羽毛掛けふとんのせいで死に至るような病にかかることは滅多にありませんが、それでもパリック医師は、アレルギー症状でいつまでも悩んでいる場合には、羽毛やダウン入りの寝具を避けるのは安全のため賢明だといいます。

では、症例の男性はというと? 男性は羽毛掛けふとんをアレルゲン除去のものに替え、ステロイド治療を受けることに。症状は1か月もしないうちに(薬物治療が始まる前から既に)“急速に改善”。

診断を受けてから半年後には、“完全に良好な状態“になっていました。また男性は症例報告書で「生活にまったく支障がなくなり、以前どおり過ごせるようになった」と現在の体調について報告しています。

風邪をこじらせても肺炎に

もしかして風邪じゃなくて肺炎? 病院に行く見極めポイント3つ

鼻・せき・のどの痛みの多くは風邪の症状ですが、肺炎や気管支炎、咳喘息など、重篤な症状を伴う病気の初期症状かもしれません。風邪症状について知っておきた...

https://www.mylohas.net/2019/11/200350acold05.html

放っておくと死に至る場合も。ただの風邪と肺炎の違いは?

大物女優ウーピー・ゴールドバーグさんを襲った肺炎。肺炎とはどんな症状がおき、どのように回復していくのか感染専門医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186496pvn_pneumonia.html

Korin Miller/A Man Couldn’t Breathe Properly for Months Because His Duvet Was Making Him Sick/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 1日30秒で叶う! 引き締まったお腹をつくるお家トレ

    3. 「糖質制限ダイエット」のおすすめ食品リスト。コンビニ、外食、自炊編別

    4. 3年連続、幸福度世界一の国が実践する「心を落ち着かせる方法」

    5. タンパク質、食物繊維がしっかり摂れる野菜中心おかず10選

    6. 55kg→41kgにやせた管理栄養士が、リバウンドしていない理由

    7. 肉が恋しくならない「野菜のおかず」10選。食物繊維、ビタミンを補給!

    8. ゆるんだ表情筋に喝! マスクしながらできる「顔ヨガ」4選

    9. いま注目すべき菌とは? 腸活の真実

    10. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    3. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    4. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    5. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    6. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    7. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    8. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    9. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    10. コロナ太りを止める4つの方法。あなたの「食べすぎタイプ」を診断!

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    8. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    9. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention