1. Home
  2. EAT
  3. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

2,537

MYLOHAS編集部

プロテイン

──ライフハッカー[日本版]より転載

三大栄養素といえば、タンパク質・炭水化物・脂質ですが、中でも一番評価されているのはタンパク質(プロテイン)であり、それも至極当然です。私たちの食生活にはかなりの量のタンパク質が必要で、摂りすぎたとしてもそこまで悪いことは起こりません。

食物に含まれるタンパク質は筋肉をつくります。体重を落としたい場合は、タンパク質を摂っていれば、脂肪と一緒に筋肉が過剰に落ちてしまうのを防ぎます。また、タンパク質を摂ると食事に満足感を与えます。素晴らしいですね!

しかし、一般的に何かが「体にいい」と知られると、企業はどんな食品にもそれを入れようとします。もしくは、それ自体にいいものがたくさん入っていてもいなくても、体にいいものが入っていることが目立つようなラベルを製品に貼ろうとするのです。

いまや店に並ぶ多くの食品には、タンパク質が含まれていることを表示するラベルが貼ってあります。今回は、そんなプロテイン入り食品を見かけた時に自問すべき質問を紹介します。

「実際にどれくらいのタンパク質が入っているの?」

食品を選ぶ女性

たいてい、パッケージ毎に食材の量が表示されていますが、ひとつのパッケージに2〜3人分の量が入っていることもあります。(たとえばこのプロテイン・クッキーのような場合です)

自分の食生活にどのくらいのタンパク質が必要なのかを知るのはいいことです。体重が増えることも減ることもなく、運動もそんなにしていない場合、体重約68kgの人は1日当たり54gのタンパク質が必要です(体重別の必要なタンパク質量はこちらの米Lifehackerの記事をご覧ください)。

たくさん運動をしていたり、体重を増やしたり減らしたりしたい場合は(どちらもという場合もあります)、さらに多く体重約68kgの人で1日当たり81〜95gのタンパク質が必要です。それよりも多い分にはかまいませんが、それ以上が必要というわけではありません。

ですから、1日90gのタンパク質を摂取しようとするなら、1回の食事のタンパク質量は30gになります。たまたまですが、タンパク質が30gの食事には満足感があります。プロテイン入り食品が自分の食事に有益かどうかは、計算すればわかります。

「これを食べなかったら、何を食べよう?」

プロテインバーを食べる女性

プロテイン入り食品に関して、これが一番大事な質問だと思います。食事でタンパク質を摂るのは難しくありません。肉、乳製品、豆腐、豆類などにはすべて、たくさんのタンパク質が含まれています。

では、このタンパク質添加食品はどのような食品だと考えていますか? 普通の食事の代わりにプロテイン入り食品を食べますか?

たとえばですが、私はスポーツジムに行った後でそのまま用事を済ませなければならない場合、食事の代わりになるようなものが必要です。この行動自体あまりいいものではありませんが、たまにこういうこともあります。

そういう時は、20gのタンパク質が含まれたプロテイン・バーを食べるのは適切です。少なくとも、チョコレート・バーみたいなお菓子を食べるよりはマシです。もしくは、ジャーキーやナッツ、ひまわりの種などが入った、この“プロテイン・パック”のようなものを食べます。これは250kcalで13gのタンパク質が入っています。

十分な量のタンパク質ではありませんが、選択肢が限られている時に食べようとするほかのものよりはタンパク質は多いでしょう。

「スナック菓子でもプロテインが入っていればOK?」

スナック菓子

子どもはお菓子を食べ始めたら止まりません。なので、息子が大好きなドリトスのような(トルティーヤ)チップスの代わりに、たまにプロテイン・チップスを買うこともあります。同じ量のドリトスを食べるよりかはマシでしょうか? 議論の余地はあると思いますが、ある意味OKと言えるでしょう。

すると、息子は「タンパク質が含まれているなら、夕食の代わりにそれを食べてもいいんじゃないか」と言い出したので、それはやめさせました。「スナック菓子でも、タンパク質が含まれていれば問題ない」と本気でそう思っているのでしょうか?もしそう思うのであれば、マーケティング戦略がうまくいっているということでしょう。スナック菓子を食べているのに気分がいいのですから。

タンパク質をかしこく摂ろう!

筋トレに効くプロテインの選び方。ロイシンの含有率がカギ

20代から低下すると言われている筋肉量。どのようにキープすべきかは、運動だけでなく、タンパク質を含む食事が大切です。ただし、たくさん摂らなければなら...

https://www.mylohas.net/2019/11/201790protein.html

植物性と動物性はどちらがいいの? 良質なタンパク質の見分け方

美しく健康な体を維持するためには、骨や筋肉の元となるタンパク質は欠かせません。動物性タンパク質と植物性タンパク質の違いや、食事から効率よく吸収するた...

https://www.mylohas.net/2019/07/194105protein.html

[ライフハッカー[日本版]]

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    2. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    3. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    4. ダイエットを成功へと導く「体重測定」のコツ。体重をはかるとなぜ痩せる?

    5. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    6. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    1. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    2. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    3. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    4. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    5. ダイエットを成功へと導く「体重測定」のコツ。体重をはかるとなぜ痩せる?

    6. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    7. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    8. 臀部と内転筋を重点的に鍛える!下半身の自重トレーニング

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    1. 潰すとクサい! 咳やくしゃみで飛び出る「白い塊」の正体は?

    2. 糖質コントロールしやすい「大豆バー」こそ、おすすめのヘルシーおやつだった

    3. 「部屋着で寝ちゃう」人が今日からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    4. 勝手にやせていく体作り。つらさゼロで激やせできた理由

    5. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    6. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    7. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    8. スウェットで寝ていい? 専門家が教える「パジャマ選び」の5つのコツ

    9. 夏用マスク6選。さらさらひんやり心地いい。抗菌効果も

    10. おしゃれすぎる「プロ用洗剤」がカビ、水垢、油汚れを簡単に落とす

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら