1. Home
  2. EAT
  3. 冬太りにならないために。避けるべき料理とおすすめの料理は?

冬太りにならないために。避けるべき料理とおすすめの料理は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,112

Seina Ozawa(翻訳)

チーズケーキ

image via shutterstock

年末年始にダイエットをしよう。

そんな計画がある人は、料理をかしこく選んでいくことが大切です。第1回第2回に引き続き、米国のホリデーシーズンでよく出される冬のごちそうの欠点と、その代わりにするといいヘルシーなフードを栄養士に教えてもらいます。

  1. フルーツケーキ
  2. ディナーロールとバター
  3. ペパーミントバーク
  4. アイシングシュガークッキー
  5. グリーンビーンキャセロールは、こちら
  6. プライムリブ
  7. エッグノッグ
  8. ピーカンパイ
  9. ほうれん草のアーティチョークディップ
  10. ポットパイは、こちら

11. チーズケーキはNG!

チーズケーキ

多くの人に愛されるチーズケーキですが、残念ながら健康にいいとはいえません。

「チーズケーキがクリーミーでおいしいのは、クリームチーズ、生クリーム、サワークリーム、そして砂糖がたっぷり入っているからです。最も濃厚でこってりなケーキのひとつと言えます」(登録栄養士のフランシス・ラージマン=ロスさん)

代わりにおすすめ:パンナコッタ

パンナコッタ

「チーズケーキの代わりに、同じ乳製品デザートのパンナコッタがおすすめ。生クリームとヨーグルトを組み合わせてヘルシーに仕上げて」と話すラージマン=ロスさん。

「パンナコッタに生のフルーツをのせれば、さらに健康指数を高められますよ」

12. グレービーソースはNG!

マッシュポテト

肉汁を煮詰めてつくるグレービーソースは、ステーキやマッシュポテトなどにたっぷりかかっていますが、今年は避けるべきかも。

「グレービーは精白した小麦粉、動物性脂肪、塩を混ぜたもの。食べてもいいことはひとつもありません」と登録栄養士のモニカ・オースランダー・モレノさん。

代わりにおすすめ:自家製クランベリーソースまたはバジルソース

クランベリーソース

動物性脂肪で作られたグレービーではなく、植物性のソースならヘルシー。

自家製のクランベリーチアソース(クランベリー、チアシード、レモン、はちみつ少々を煮込んだもの)または風味のいいバルサミコバジルソース(バジル、オリーブオイル、ニンニク、塩、バルサミコ、松の実、こしょうを混ぜたもの)なら、料理のしっとり感をしっかりキープしつつ、栄養もたっぷり摂れます」とモレノさんはすすめます。

13. とうもろこしのおかゆ

グリッツ

グリッツは、アメリカ南部で人気のとうもろこしのおかゆ。

「グリッツはとうもろこしから作られます。その点について不健康な要素はありません」とラージマン=ロスさん。「ただ、その上にバターやチーズ、塩などをかけると、こってり高カロリーな料理になってしまいます」

代わりにおすすめ:カリフラワーライスグリッツ

グリッツ

おかゆ自体をやめるというよりは、ヘルシーにアレンジするのが一番。

「カリフラワーをくだいてご飯のようにしたカリフラワーライスで、似たような味や食感を引き出せます」と提案するラージマン=ロスさん。また、普通のチーズを使うのではなく、乳製品不使用の軽めなチーズを使ってカロリーを抑えましょう。

14. ファッジはNG!

ファッジ

「ファッジには、砂糖、バター、ミルク、ココアパウダーが大量に含まれます」とモレノさんは説明します。つい食べ過ぎてしまうこともあるので要注意です。

代わりにおすすめ:パンプキンアーモンドバターファッジ

ファッジ

モレノさんがすすめるのが、植物性食材で作ったファッジ。

「見た目はそっくりですが、かぼちゃ、アーモンド、カカオなどの植物性食材が入っています。チョコレートの甘い風味も楽しめます」と話すモレノさん。「より満腹感が得られ、普通のファッジより食べ過ぎを抑えられます」

15. スタッフィング(詰め物)はNG!

詰め物

ターキーなどのお腹に詰め込むスタッフィングにも気を配りましょう。

「スタッフィングは、ほぼ炭水化物なので、血糖値を急速に上昇させます。すぐにお腹がいっぱいになってしまうので、ほかのものが食べられなくなってしまいます」と登録栄養士のキャシー・ビョークさん。

代わりにおすすめ:野菜のロースト

野菜のロースト

お腹を満たす野菜のローストがあれば、炭水化物たっぷりのスタッフィングが恋しくなることはないでしょう。

「野菜ローストの盛り合わせの方が健康的です。カリフラワー、芽キャベツ、角切りのさつまいも、にんじんなどお好みの野菜を使って」とビョークさんは言います。「溶かしたバターを回しかけ、粒状の海塩を振ったら、最高のサイドディッシュのできあがりです」

健康的にカロリーオフ

超簡単につくれてカロリーオフも叶う、酢豚のレシピ

時短とカロリーオフが叶う、超簡単な酢豚のレシピをご紹介。酢には、血圧やコレステロールを下げる効果があるとの研究結果も。

https://www.mylohas.net/2019/09/198458diet_recipe.html

糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

ダイエットに糖質コントロールは欠かせないけれど、おやつを我慢しているとストレスが溜まってリバウンドも。罪悪感なく食べられるスイーツをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/04/166195sweets10.html

Tehrene Firman/20 Holiday Food Swaps That Will Save Hundreds of Calories and Taste Amazing /Seina Ozawa(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention