1. Home
  2. BODY
  3. 12月を太らずに乗り切るにはどうしたらいい?

12月を太らずに乗り切るにはどうしたらいい?

食べすぎ 飲みすぎ

1,210

田邉愛理

体重計に乗る女性

年末年始になると増えてくる、飲み会や食事会。1年のしめくくり、そして新年のスタートを祝う会となると、お酒も食事も断りにくくカロリーオーバーになってしまうことも……。

読者282人に聞いた「食べすぎ・飲みすぎ」アンケート。「飲みすぎ」問題をピックアップした前編に続き、後編では「食べすぎ」にまつわる疑問やお悩みをお届けします。

年末年始の宴会は「食べ物を残せない」

年末といえば忘年会、年始といえば新年会。読者の約6割が「この時期に飲み会・食事会が増える」と回答しており、やはりイベントの多い時期であることがわかります。

食べすぎに関するアンケート結果グラフ

「12月はいつもに比べて食べすぎ・飲みすぎになる」と答えた人は、全体の70%。「年末年始に太ってしまったことがある」読者は、全体の82%に達していました。12月~1月という短いスパンで宴会が重なってしまうと、リカバリーするのも大変です。

読者からは「ひとりずつのお膳料理だと、お店に申し訳なくて残せない」、「実家に帰省した際、出される食事が多く、残すのも悪いと思いたくさん食べてしまう」という意見も。

ステーキ

年末年始というハレの場だからこそ、出されたものはおいしく食べたい……そんな気持ちも体重増加につながってしまうようです。

食べすぎたあとに困るのは?

191101_02(1)

食べすぎた後の悩みとしてとくに多かったのは、胃もたれと膨満感。食べる量ももちろんですが、宴席ということでお酒に合う脂っこいメニューが増えることも原因のひとつかもしれません。

みんなの「食べすぎ」予防策とアフターケア

サプリメント摂取

「食べすぎ」予防策として実践している人が多かったのは、カロリーコントロールのためのサプリを飲むこと。

「事前に何かおなかに入れておく」派では、炭酸水やプロテイン、食物繊維などを利用している人が多い印象でした。

食べすぎた後の対策としては、「翌日の食事を軽くする」という人が多数。胃もたれを防ぐために「食べてから3時間くらいたつまで眠らない」という人や、ランニングや運動でカロリーを消費するという意見もありました。

1か月で10キロ増えた人も。みんなの「食べすぎ」失敗談

宴会

「食べすぎてしまうのは年末年始だけだから」と、楽観視できなくなる苦い経験談がたくさん。

食べすぎが何度か続くことで胃が大きくなってしまうのか、3~5キロ太ってしまったという人もちらほら。なかには10キロ太ってしまったという人も!

・餃子が好きで、王将の餃子を38個と天津飯を食べたら激しい胃痛に襲われて歩けなくなりました。30分ほど店の前で座り込みました。(リョウさん)

一ヶ月で10キロ太り、服も入らないし、人相が変わりすぎて帰省した際にあった両親は一瞬わたしのことがわからなかった。(匿名)

・一週間食べ過ぎが続いたら、食べ過ぎる癖がついてしまって、半年後に気付いたら5キロ増量していた。(ミホコさん)

・牡蠣の食べ放題では流石にお腹を壊しました。(匿名)

社内で異動の辞令が出て、2週間ほどあちこちで送別会に参加していたらあっという間に3キロ太ってしまった。(みんてるさん)

「食べすぎ」をコントロールする方法が知りたい!

専門家に聞きたい疑問として多かったのは、シンプルですが奥が深い「食欲の抑え方」。食べすぎたときのリセットのしかたや、薬に頼らず不快な症状を和らげる手段を知りたいという声も多く寄せられました。

・食べすぎをどうしてもやめられません。どうしたらいいでしょうか。(ゆみかんさん)

夜にステーキを食べると翌朝でも、胃に残っている感じがする事があります。脂質とタンパク質が消化、代謝されるにはどれくらいかかるのでしょう?(KKMAMさん)

食べ過ぎをあとでリセットしたい場合、何が効果的なのか?(みんてるさん)

・食べ過ぎた後、薬に頼らずに胃もたれなどを解消する方法。(ひとみんさん)

プチ断食みたいなことはやってもいいのでしょうか?(たんたんPさん)

MYLOHASの12月特集「食べすぎ 飲みすぎ」では、脳をコントロールして食欲を抑える方法や、気になる「二日酔い」の防ぎ方など、イベントシーズンを健康的に乗り切るコツをお届けしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

>>「食べすぎ・飲み過ぎ」特集をチェックする

年末に向けてダイエット

運動しているのに体脂肪が落ちません。落ち始めるのはいつ?

なかなか減らない体脂肪。体のために脂肪は減らしたいものですがどうすればよいのでしょうか?専門医に詳しく教えてもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2019/11/202749pvn_burnbody2.html

「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

脂肪をスムーズに燃やそう! 生活習慣を少し変えるだけで、数週間で体脂肪率1~2%減が可能。減量外来ドクターが本当に痩せる3つの方法を解説します。

https://www.mylohas.net/2019/11/202746pvn_burnbody.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!