1. Home
  2. BODY
  3. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,866

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

汗をかく女性

image via shutterstock

いつも手のひらが湿ってる。

じっとしているのに、なぜか脇の下がびしょ濡れで恥ずかしい思いをしてしまう。それは「多汗症」かもしれませんね。

多汗症はそう珍しい病気でもなく、米国では4.8%の人にあり、汗腺の働きをコントロールする神経が活発になると発症する病気です(ストレス、不安、薬物療法、糖尿病、更年期障害、甲状腺障害の影響で、汗腺から過剰な水分が分泌されることがあります)。

「本当に問題なのは、汗をかくことよりも心理的、精神的、社会的に影響がある面。汗が気になってしまい、誰にも言えず苦しんでいる人も多い」と、ジョンズホプキンス大学医学部、発汗障害センターの外科教授であるマルコム・ブロック医師。

過剰な発汗のために毎日つらい思いをしているならば、次の汗を止める方法を試してみて。

1. カフェインを制限する

コーヒー

image via shutterstock

研究によると、活動前にカフェインを含む飲み物を1、 2杯飲むと、汗をかきやすくなり、汗の量も多くなります

「カフェインを摂ると神経の働きが過度に高まってしまうので、汗が気になる場合には摂取量をできるだけ減らすのはどうでしょう」と、オハイオ州立大学ウェクスナー医療センターの皮膚科医、アリシャ・プロッター医師は提案します。

2. セージ茶を飲んでみる

セージ茶

image via shutterstock

セージはほてりを和らげる効果があり、ある予備的な調査によると、セージ茶を飲むと多汗症の症状が軽くなるとわかっています。「この分野の研究はあまり多くはありませんが、患者さんによると効果があると言われています」 (ブロック医師)。

米国植物協議会によると、3分の2カップの沸騰した熱湯に、乾燥したセージを最大3g入れて、毎日3回のむのがおすすめ。暑い日には、アイスで飲んでもOK!

3. 緊張をほぐす

ヨガ

image via shutterstock

ストレスと不安を軽くしたからといって、発汗を起こす病気自体が治るわけではありません。でも、感情の反応によって汗が出てしまうことを防ぐことは可能

「認知行動療法士はネガティブな思考パターンを変える方法を教えてくれます。ヨガや瞑想も心を落ち着かせてくれます」と、プロッター医師。

4. 制汗剤を使う

制汗スプレー

image via shutterstock

香りで汗の臭いを隠してくれる「デオドラント」と、汗腺をふさぎ、汗を抑えてくれる「制汗剤」

市販品を試しても効果がなければ、医師が処方してくれる制汗剤も有効です。汗腺を一時的にふさぐ塩化アルミニウムを含むものがあります。

効果を高めるには、製品はラベルの通り正しく使うこと。「夜間に使うととくに効果的です。アルミニウム系化合物(有効成分)が汗の出る管に働いて、汗を出にくくしてくれます」と、国際多汗症学会の会長であるディー・アンナ・ガッサー医師が説明します。

続きます。

汗のトラブル対策

身に覚えのない頭皮のかゆみ、その意外な10の原因と対処法

頭皮のかゆみには多くの原因があり、ほとんどは対処しやすいものなのです。恐ろしいほどのかゆみが止まらない原因と対処法、10こをご説明します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178672scalp.html

メイクが崩れる意外な要因は? 美肌キープのコツは朝のスキンケアにあり

「夏にメイクが崩れにくいスキンケアのコツはある?」という美容についての相談に、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんが答えます。

https://www.mylohas.net/2019/08/197011beauty_qa7.html

Emma Haak/8 Best Ways to Stop Excessive Sweating for Good, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 1日30秒で叶う! 引き締まったお腹をつくるお家トレ

    3. 「糖質制限ダイエット」のおすすめ食品リスト。コンビニ、外食、自炊編別

    4. 3年連続、幸福度世界一の国が実践する「心を落ち着かせる方法」

    5. タンパク質、食物繊維がしっかり摂れる野菜中心おかず10選

    6. 55kg→41kgにやせた管理栄養士が、リバウンドしていない理由

    7. 肉が恋しくならない「野菜のおかず」10選。食物繊維、ビタミンを補給!

    8. ゆるんだ表情筋に喝! マスクしながらできる「顔ヨガ」4選

    9. いま注目すべき菌とは? 腸活の真実

    10. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    3. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    4. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    5. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    6. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    7. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    8. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    9. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    10. コロナ太りを止める4つの方法。あなたの「食べすぎタイプ」を診断!

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    8. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    9. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention