1. Home
  2. SPORTS
  3. ヨガインストラクター・ケイさん|My Favorite Sports vol.037

ヨガインストラクター・ケイさん|My Favorite Sports vol.037

My Favorite Sports

まついただゆき

mfs_037_1

▼名前:ケイ
▼年齢:39歳
▼職業:ヨガ講師
▼好きなスポーツ:ヨガ
▼競技歴:5年(指導歴3年)
▼頻度:練習は自宅などでほぼ毎日
▼SNS:インスタグラム

ヨガはどこでやっていますか?

ケイさん

スタジオ・ヨギーの、横浜スタジオと銀座スタジオ(銀座は2020年1月よりスタート)で指導しています。
ほかに恵比寿や品川でもヨガのレッスンをしています。

誰と一緒にやっていますか?

ケイさん

(自分の練習は)自宅で、基本ひとりです。生徒としてレッスンを受ける時もあります。

ヨガを始めたきっかけは?

ケイさん

出産時に通っていた病院で、マタニティヨガを体験したのがきっかけです。終わった後の心地よさと、呼吸法の後のとろけるように落ち着く感覚がたまらず、ハマってしまいました。
産後も呼吸に意識を向けることで得られる落ち着きが何度となく助けになった経験から、13年間ほど勤めた会社を辞めて、ヨガに関わることを決意しました。


ヨガを始めてよかったことは?

ケイさん

「贅沢」の意味づけがガラリと変わりました。以前は、いわゆる自分にご褒美とかいって洋服やバッグなど、身に付けるものにお金をかけていたのですが、いまは身体が心地よくあるために手をかけられることが贅沢だと感じるようになりました。
身体が心地よい状態だと感情的になることもないし、疲れたら無理せず寝るみたいな調整が自然とできるようになりました。


ヨガの楽しいと思うところは?

ケイさん

健やかさを自分でケアできるところです。
ヨガをはじめてからは食事の質やタイミングにも気をつけるようになり、それが暮らし全般に広がっていくのが楽しいです。 自然と規則正しい生活になりましたし、お酒の量も減りました(笑)。


ヨガの難しいと思うところは?

ケイさん

心の平静さをキープすることですね。気づかないうちに、どうしても力んでいたり、感情に振り回されてしまうので。 ヨガは心を扱うというのがおもしろいところなのですが、自分を観察し続けるために、もっとリラックス上手になりたいです。そこは一歩ずつ、練習あるのみです。


ヨガをするうえでのお気に入りアイテムは?

mfs_037_2

ケイさん

足揉みグッズです。足に触れることで身体の状態が痛いほどよく分かります。足もみとヨガで全身の巡りをよくすることが、ゆるふわの気持ちいい体作りに欠かせません。
あとはいま着ているヨギー・サンクチュアリのウエア。デザインもかわいくて、肌触りも最高なのでお気に入りですね。


ヨガを通しての目標は?

ケイさん

ヨガをセルフケアとして活用することで、年齢を重ねることを楽しむ女性を増やしていきたいです。
外側を飾り立てるよりも、体の内側を整えることが自分の自信につながり、結果うまくいく! ということをヨガを通して実感してもらえたらうれしいです。
そして、日々の暮らしの中でも自分に合わせて状況を変えていけるようになると、きっと年齢を重ねることを楽しめる、しなやかで美しい女性が増えるのではないかなぁと思っています。


ご自身にとって、ヨガとは?

ケイさん

自然に戻る時間ですね。


スタジオ・ヨギーに通い放題パスポートが登場!

holidaypassport_thum_600_400

ヨガやピラティスを始めてみたいけど、相性がいい先生と巡り合えるかは、何度か足を運ばないとなかなか分かりません。
そんな悩みを解消すべく、スタジオ・ヨギーでは、1ヶ月間、全国のスタジオに好きなだけ通えるお得な「ホリデーパスポート」が登場! お気に入りのクラスやインストラクターが見つかりやすいのが魅力。
年末に断捨離もいいけれど、同時に体のメンテナンスもしておくと、気持ちよく新年が迎えられるはず。パスポートの販売は期間限定。このチャンスをお見逃しなく! 詳しくはこちらから。

>>My Favorite Sportsの他の記事を読む

マインドを整える

世界一有名なヨガ講師が伝える、「喪失感を乗り越えるための最善策」

世界一有名なヨガインストラクター、レイチェル・ブレイゼン。若い頃から死にまつわるトラウマや喪失感に悩んできた彼女が、抑うつを乗り越えるためのヒントを...

https://www.mylohas.net/2019/11/202203pvn_yogagirl.html

身体と脳の疲れがゼロになる。話題のプログラムを体験してみた

疲れ気味のMYLOHASエディターと、締切で夜更かししがちなライターが、疲労回復専用ジム「ゼロジム」を体験してきました。身体と脳の疲れを一度に取り除...

https://www.mylohas.net/2019/08/197415sp_fatigue_zerogym.html

撮影/内山めぐみ

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!