1. Home
  2. BODY
  3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,557

Maya A. Kishida(翻訳)

マーシャ・クロス

なかなか人に言いづらい病気だってあります。

注目を浴びている有名人は、人生のあらゆる出来事を、ときには試練でさえも公にすることを期待されています。しかし、自分の健康状態について包み隠さず話すこと、特に恥ずかしいというイメージがある肛門がんについて打ち明けることは、そう簡単にできることではありません。

『デスパレートな妻たち』で一躍有名になった女優のマーシャ・クロスは、そんな状況を変えようとしています。

肛門がんについて語る人は少ない

肛門がん

image via shutterstock

2019年11月にニューヨークで開かれた『The Atlantic』誌主催のイベントに出席したマーシャ・クロスは、肛門がんと診断されたことを世界に向けて公表すると述べました。

「もし私が乳がんだったら、私は特に公言することなく、いつもどおりの生活を続けていたでしょう。なぜなら、乳がんについて語る人たちはたくさんいるからです」とマーシャ。

「しかし私は、誰もそんなことをしたいとは思わないポジションに自分が立っていることに気づいたのです。すすんで人前に出たい人が、誰もいない。そして私は人々が苦しんでいて、恥ずかしいと感じているということを知ったのです」

ヒトパピローマウイルスが原因?

ヒトパピローマウイルス

image via shutterstock

CBSの朝のテレビ番組『This Morning』で6月に放映されたインタビューでは、マーシャは自身の肛門がんが、夫の咽喉がんと関連している可能性を医師が疑っているのだと説明しました(彼女の夫トム・マホーニーは2009年に咽喉がんと診断されています)。

口やのどに感染して中咽頭やのどの奥のがんを引き起こす可能性のあるヒトパピローマウイルス(HPV)には200以上もの株があります。米国疾病対策センター(CDC)は、米国における口腔咽頭がんのおよそ70%はHPVが原因であると報告しています。

マーシャは2017年に診断を受けていますが、2018年9月にインスタグラムで「健康である」と発表するまで、自分のがんについて公にすることはありませんでした。

続くインスタグラムの投稿では、肛門がんであることを明かすと決めたことで、自分は「解放されて、この上なく自由な気分になった」と語っています。

おかしいと思ったら、医師に相談して

医師に相談

image via shutterstock

以降、マーシャはHPVについて学び、肛門がんの患者が自分の症状について気楽に話すことができるよう手助けすることを自分の使命としてきました。

「恥ずかしいと思っている人たちがいるのは知っています。でも、がんになった人が、それが肛門にできたからといって、何か悪いことをみたいに恥ずかしいと感じるべきでしょうか?」とマーシャはCBSで語りました。

『The Atlantic』誌のイベントでは「知識と教育が大きく欠落していると気づいたのです。だからこそ、私はいまここにいるのです」と訴えました。

現在、マーシャは寛解期にあり、もちろんそうした自分の体の状態を当然のように思ってはいないと話しています。

3月には『People』誌で「何かおかしいと感じたら、体に耳を傾け、医師に相談しましょう」と彼女は言っています。「そのままにしないでください。早く見つかれば、私がそうだったように、かなり治療可能ながんなのです」

女性がなりやすいがんは?

「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

人に言いにくいデリケートゾーン。埋没毛かと思ったら悪性のがんでした。セルフチェックの方法もあわせて紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/11/202208pvn_melanoma.html

発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

ガンの種類はいろいろですが、見逃されやすいのが甲状腺がん。男性よりも女性のほうが圧倒的にかかる率が高い甲状腺ガンについて知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/10/200815pvn_thyroidcancer.html

Nicol Natale/Marcia Cross Decided to Talk About Anal Cancer Because "Nobody Wants to Come Forward" /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention