1. Home
  2. BODY
  3. 忘年会シーズン迫る。読者の「飲みすぎ」失敗談は?

忘年会シーズン迫る。読者の「飲みすぎ」失敗談は?

食べすぎ 飲みすぎ

田邉愛理

2019640_480

年末イベントは楽しいけれど、食べすぎや飲みすぎによるトラブルもつきもの。多少なりともお酒をたしなむ人なら、記憶から消し去りたい黒歴史のひとつやふたつ、きっとあると思います。

今回は読者282人に、この時期に気になる「飲みすぎ」についてアンケートを実施。かわいいレベルからかなりの強者レベルまで、十人十色のお酒失敗談も集まりました。

お酒は強い?それとも弱い?

お酒に関するアンケート結果のグラフ

日本人は欧米人にくらべると、アルコールを肝臓で分解する酵素の働きが弱く、お酒に弱い人が多いといわれます。

今回「お酒は強いほうだと感じる」と回答した人は全体の25%で、「普通」と回答した人と合わせると63%。「弱い」と回答した37%とくらべると、予想以上に「飲める」人が多い印象でした。

飲みすぎの理由は「ストレス」と「付き合い」

お酒に関するアンケート結果のグラフ

とはいえ、「飲める」からといって失敗しないわけではないのがアルコールの怖いところ。

73%もの人が「飲みすぎて後悔したことがある」と回答しており、コントロールが難しいことがよくわかります。

つい飲みすぎてしまうシチュエーションとしては、「ストレスがたまっていた」「付き合いで断れなかった」が多数。

「苦手な人がいて間が持たなかった」「会がつまらなかった」など、その場をやり過ごそうとして飲みすぎてしまうという声もありました。

とにかくイヤなのは「二日酔い」!

お酒に関するアンケート結果のグラフ

飲みすぎたあとに困ることとして、ダントツで多かったのが「二日酔い」関連です。

トップは「二日酔いによる頭痛」、第2位は「二日酔いによる吐き気」。とにかくつらい二日酔いは、「これさえなければ、もっとお酒が楽しめるのに……」と思う人も多いかも。

二日酔いにならない飲み方があるなら、ぜひ知りたいところです。

自己流「飲みすぎ」予防策とアフターケア、多かったのは?

ビタミンC

「飲みすぎ」予防策として多くの読者が頼っていたのは、ウコンドリンクやヘパリーゼ、ビタミンCなどのサプリメント。

飲み会の前に軽く食べておく(乳製品をすすめる人も)、お酒の合間にチェイサーやお茶を挟む日本酒や白ワインも氷で割る甘いカクテルなど二日酔いになりやすいお酒を避ける……といった意見もありました。

水を飲む

飲みすぎた後の対策としてもっとも多かったのは「水分をたっぷりとる」味噌汁、しじみ汁、梅干しがよいという人や、「二日酔いにならないように、飲んだ後すぐには眠らない(起きてアルコールを分解させる)」という人も。みんな色々と対策をとっているようです。

書くのもおぞましい? 飲みすぎ体験談

二日酔い

「具体的な飲みすぎ失敗談」のアンケートには、身に覚えのあるものから「無事でよかった……!」と肩を叩きたくなるものまで、正直すぎる体験談がたくさん寄せられました。

・ハワイの日本料理屋さんで質の悪い日本酒を大量に飲んだら3日酔いになり、せっかくの旅行がパァになりました。(駒子さん・40代女性)

・親戚の集まりでベロベロになりすぎて父親にべったりしていたようで、後日それを聞いてものすごく恥ずかしい思いをした。(ちょもちさん・ 20代女性)

・地下にあるお店で食事をしていて、飲み過ぎて階段を上がれなくなり、おんぶしてもらった。(gardeniaさん・ 40代女性)

・若い頃は酔っぱらって橋の上で寝たり騒ぎすぎたり喧嘩を売ったり買ったり。でもそんなのはまだかわいい方だと思ってます。私の知人に比べると。(あおささん・ 50代女性)

・あり過ぎて書くのもおぞましい。(Niguさん・40代女性 )

このほか、糖質オフ中は酔いがまわるのが早かった、顔の筋肉の痙攣が止まらなくなった、ストレスで飲みすぎたら急性アルコール中毒のような症状が出た……など、ヘルスケアの面で気になるエピソードをシェアしてくれた人も。

「飲みすぎ」が体に大きな負担をかけることは無視できません。

「二日酔い」にならない飲み方を知りたい!

専門家に聞きたいこととして多かったのは、やはり「二日酔い」に関する疑問でした。

二日酔いにならない飲み方、ほんとないですか?(コイコさん・ 50代女性)

酔い過ぎない居酒屋おつまみ。いつの間にか飲み過ぎているので、適量で抑えられる方法があれば知りたいです。(リョウさん・ 40代女性)

二日酔いになった時の対策(頭痛薬を飲んでもいいのか?食事はどんなものを食べたらいいのか?)(yuccaさん・ 30代女性)

吐き気をおさえる方法。観念して吐いたほうがいいのかも知れませんが、その行為自体、心身とも、ものすごいダメージなのでなるべく避けたい。(ゆきさん・ 40代女性)

飲み過ぎと、ストレスの関係(yukorinさん・ 50代女性)

読者282人に聞いた「食べすぎ・飲みすぎ」アンケート。次回は「食べすぎ」にまつわる疑問やお悩みをご紹介します。

かしこいお酒との付き合い方

二日酔いの原因は睡眠にあり。飲みすぎた夜にぐっすり寝るためのポイント8

歳を重ねるにつれてお酒を飲んだあとの睡眠の質は急速に悪化します。そしてそれは、二日酔いにも関係してくるのです。二日酔いの原因は、実は睡眠の質にあるの...

https://www.mylohas.net/2019/09/168190hangover.html

アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

すべてがうまく行っていたように思えたキャリアウーマンは毎日の飲酒によって職を失うことに。「アルコール依存症」と診断された、女性の手記をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192990pvn_alcoholism.html

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの