1. Home
  2. BODY
  3. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,771

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

生理

更年期って、思春期並に体も心も変わるらしい。

しかし、更年期のことをはっきり教えてもらったり、知識をつける機会はあまりありません。そのせいで、多くの女性がわけのわからない症状に戸惑います。

「もうセックスができなくなった!」や「睡眠障害になってしまう!」という年上女性たちの声を聞いて動揺するかもしれません。しかし実際には、更年期の症状は人それぞれ。その迷信は全くの間違いであることも多いのです。

クイズに答えて、自分の更年期に関する知識がどれだけ正確かチェックしてみましょう。

Q1. 更年期には確実に5kgは太るってホント?

体重計

米国保健福祉省(HHS)によると、閉経で体重が増えることはよくありますが、増えたとしても平均で2~3kgほど。体内でエストロゲンがあまり作られなくなるのが原因と考えられており、また代謝の低下や筋肉量の減少といった、加齢と共に自然と起こる変化も体重の増加の原因のようです。

「しかし、体重増加は必ずしも避けられないことではありません」と米国テキサス州ダラスのテキサス・ヘルスに産婦人科医として勤務するダラスエミル・タゾイ医師。

運動など、体重の増加を防ぐ方法はたくさん。タゾイ医師がすすめるのは、カロリーを燃やす45分程度の有酸素運動を週に5回と、筋肉量を増やす筋トレを週に2回行うというもの。それに加え「50代になると、一日に必要なカロリーは、30代の頃に比べて、おおよそ10%ほど低くなります」。

つまり、数十年前は一日に1800kcal必要であったのが、それから180kcal少なくなります。なので、一回の食事の量を少し減らすのも効果的。だいたいチョコチップクッキー2枚分ほどを減らせばよさそうです。

答え:×

Q2. 閉経すると病気のリスクが高くなるってホント?

聴診器

米国保健福祉省(HHS)によると、体内でエストロゲンとプロゲステロンがあまり作られなくなると、心疾患、脳卒中、骨粗鬆症など深刻な病気になるリスクが高くなります。

幸い、健康をキープできる(するべき!)方法はあります。月曜から金曜までは、毎日少なくとも45分間は運動して、健康に気を配った食事を摂るようにすること。専門家がすすめるのは、果物、野菜、健康的な脂肪(アボカドやナッツ類)、脂肪の少ないタンパク質(皮なし鶏むね肉や豆類)、全粒穀物をたっぷりと摂る食事。

医師に相談して、あなたに合いそうなサプリメントを聞いてみるのもよいかもしれません。血液や神経細胞を健康に保つ栄養成分であるビタミンB群は、加齢と共に食品から摂るのがなかなか難しくなります。

また医師は、骨を健康に保ち骨粗鬆症のリスクを減らすカルシウムやビタミンDのサプリメントをすすめることも。閉経以降は、骨粗鬆症のリスクが高くなります

答え:○

続きます。

女性の体は加齢とともに変わる

「更年期」はやっぱりツライの?今からできる心と体の準備は

更年期や閉経を迎えると心身はどうなるの? 極度の疲労感、原因不明のイライラなど、閉経期の驚くような症状を体験した女性たちに話を聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/201108sp_womens_diseases_pvn_menopause2.html

閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

閉経後の女性は食生活に氣を配るべきかもしれません。アメリカの研究で低脂肪食を継続的に食べていた女性は乳がんリスクが低くなることが発表されました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200075hld_lowfat.html

Marygrace Taylor/Quiz: How Much Do You Actually Know About Menopause?/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの