1. Home
  2. BODY
  3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして……

研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして……

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

25,956

Maya A. Kishida(翻訳)

体重計

image via shutterstock

2019年も、残り1か月を切りました。

年初に立てたダイエット計画が、結局果たされずに終わってしまいそう……。そんな虚しさに打ちひしがれて年を越したくない人は、今すぐ今年の失敗点と向き合いましょう。

前回に引き続き、ダイエットで目標達成の妨げとなる要因をまとめます。

  1. 1日のカロリーを過大評価している
  2. 運動を変えずに同じルーチンにこだわっている
  3. 運動を何でも好きなものを食べられるという口実にしている
  4. 分量をコントロールしていない
  5. カロリーを飲んで摂取しているこちら

6. 外食する前によく調べていなかった

サンドイッチ

image via shutterstock

ピザではなくターキーのサンドウィッチを選んで大正解と思っているかもしれませんが、見た目に裏切られているかもしれません。

チーズとマヨネーズが入ったターキーのフォカッチャサンドは、いとも簡単に970kcalに。一方でペパロニのパンピザ2切れなら最大520kcalです。

「普通のパンじゃなくて、ホウレンソウ入りトルティーヤを使ったサンドウィッチなら? それもまったく同じです」と言うのは、「栄養と食事のアカデミー」前広報担当で管理栄養士のタラ・ガイダス さん。

「“ヘルシーなパン”のほうが栄養も摂れてカロリーも節約できると考えていますが、それが当てはまらないケースは多いですね」。

外食でできるだけヘルシーなものを選ぶには、あらかじめ栄養に関する情報を探しておきましょう。お気に入りの飲食店が料理や栄養情報を、インターネットや店内で公開しているかどうかチェックして。目にした内容にびっくりするかもしれません。

7. 無脂肪タイプのデザートを選んだ

アイスクリーム

image via shutterstock

何か甘いものを食べたいとき、脂肪も砂糖も含まれていないものを選んだほうがダイエットによさそうと思うかも。

しかしコーネル大学の研究者は、太り過ぎの人々のうち、通常のスナックより低脂肪タイプのスナックを選ぶ人のほうが平均で2倍もカロリーを多く摂取していることを発見しました。

無脂肪や無糖という言葉は青信号効果を生み、もっと食べても大丈夫という気分にさせるのです」と栄養士のシンシア・サスさんは指摘しています。

ところが無脂肪の食品の多くが、同じような食品で脂肪分の高いものと比較してもカロリーは同じかそれ以上だったりします。おまけに脂肪が含まれていないために食べても満腹にならず、もっと食べたい気持ちに陥ってしまうのです。

そこで本物を適量だけ食べるようにしましょう。アイスクリームが大好きなら、高脂肪のものを少なく食べましょう。『101 Foods That Could Change Your Life』の著者で管理栄養士のデイヴィッド・グロットさんは「大好きなものが食べられない食事にこだわることはない」と話します。

肝心なのは、食べ物をがまんするには人生はあまりに短い、ということ。

8. 思ったよりもたくさん砂糖を摂取した

砂糖

image via shutterstock

市販の加工品をたくさん食べていると、思っている以上に多くの砂糖、塩分 、脂肪を摂取しているかもしれません。

米国心臓協会は、砂糖の摂取量が1日に摂取許容量の半分以上を超えてはならないと制限しています。したがって女性の場合は1日に100kcal以上にならないようにしましょう。これは砂糖小さじ6杯に該当します。男性は1日に150kcalで小さじ9杯です。

9. 意識的に食事をしなかった

忙しい女性

image via shutterstock

食べているものに対しては気を配っているつもりでいるかもしれませんが、研究によれば、つまみ食いや味見だけでもカウントされないカロリーを数百kcalほど獲得していて、すぐに体重が増える原因になっているとのこと。

ながら食いも食事を意識していないことと同じ。『American Journal of Clinical Nutrition』誌に掲載された研究では、いつも食べる量に気を使っている女性が異なる状況で昼食を食べた場合を比較調査しています。

一人で食べる、あるいは気が散るようなものがない状態で食事をした場合とくらべて、探偵小説を聞きながら食事をすると15%も多く食べてしまったとのこと。注意が他に向いている状態で食事をするのはやめましょう(たとえばコンピュータの前で食べるなど)。

それから食事中は不必要に気が散る要因を遠ざけること(TVは消す、本は脇にどける)。

10. 夜に十分睡眠をとらなかった

寝不足

image via shutterstock

体重がなかなか減らない状態から抜け出せないのは、夜間の習慣のせいかもしれません。

推奨される7〜8時間の睡眠が取れていない、寝る前に意識せずおやつを食べている、夕食を食べすぎているなど、これらはすべて体重増加につながります。

緊張をほぐすためにも、仕事から帰宅した晩にはリラックスして心が休まることをしましょう。頭を整理して身体を休めるには、発泡入浴剤をいれてお風呂に入る、よい本を読む、日記を書くとよいです。

ダイエットを成功させたい

運動しているのに体脂肪が落ちません。落ち始めるのはいつ?

なかなか減らない体脂肪。体のために脂肪は減らしたいものですがどうすればよいのでしょうか?専門医に詳しく教えてもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2019/11/202749pvn_burnbody2.html

食べすぎてしまう年末に。「断食」のやり方、お悩み、便利ドリンクなど

年末にむけて、友人や同僚、家族で楽しい食卓を囲む機会も多くなっていく季節です。楽しいとついつい食べすぎてしまい、翌日になって後悔することもしばしば。...

https://www.mylohas.net/2019/11/202868fasting.html

10 Most Common Weight Loss Mistakes in 2019, And How to Fix Them/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 1日30秒で叶う! 引き締まったお腹をつくるお家トレ

    3. 「糖質制限ダイエット」のおすすめ食品リスト。コンビニ、外食、自炊編別

    4. 3年連続、幸福度世界一の国が実践する「心を落ち着かせる方法」

    5. タンパク質、食物繊維がしっかり摂れる野菜中心おかず10選

    6. 55kg→41kgにやせた管理栄養士が、リバウンドしていない理由

    7. 肉が恋しくならない「野菜のおかず」10選。食物繊維、ビタミンを補給!

    8. ゆるんだ表情筋に喝! マスクしながらできる「顔ヨガ」4選

    9. いま注目すべき菌とは? 腸活の真実

    10. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    3. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    4. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    5. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    6. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    7. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    8. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    9. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    10. コロナ太りを止める4つの方法。あなたの「食べすぎタイプ」を診断!

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    8. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    9. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention