1. Home
  2. BODY
  3. 「冷え方」でわかる更年期のサイン。その対処法は?

「冷え方」でわかる更年期のサイン。その対処法は?

カラダ戦略術

1,161

増田美加

冷えを感じる女性

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「毛細血管ケアとアンチエイジングの関係」について、お届けしました。今回は、「更年期のサインの冷え」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

更年期特有の冷えってなに?

手先が冷える女性

年齢にかかわらず、冷えは多くの女性が抱える悩みのひとつですね。でも、更年期の冷えは、若いころの冷えとは、ひと味違った冷えになるのです。

お風呂に入ってもなかなか温まらず、すぐに冷めてしまう…。手足が冷たくなって眠れない…ということも増えてきます。手指、足のゆびがいつも冷たい人も多いのでは。

上半身はのぼせて暑いのに、下半身が冷えている…というのも、更年期の冷えの特徴のひとつです。更年期特有の冷えとは? その冷えにどう対処したらいいのでしょう?

エストロゲンの乱高下で自律神経が乱れ、血液の循環が悪くなる!

冷えの症状

血行が悪いと、冷えが起こります。冷えを起こす血行の悪さは、更年期による女性ホルモンの低下も関係しています。

更年期になると、日によって、あるいは1日に数回、エストロゲンの分泌が急上昇したり、急降下したりします。

この急激な変動に影響を受けて、自律神経が乱れます。自律神経の乱れによって、のぼせやほてり、多汗、逆に冷えといった症状が生じてくると考えられています。

本来、自律神経には、血管を拡張させて放熱したり、逆に、血管を収縮させて熱が逃げるのを防いで、体温をいつも一定に保とうとする働きがあります。

そのため、自律神経が乱れると、血管の拡張と収縮の調節がスムーズにいかなくなります。一時的に血管が拡張すれば、のぼせやほてり、多汗など(ホットフラッシュ)が起こります。逆に、末端の血管が収縮して、血液の循環が悪くなれば、冷えの症状が起こってくるのです。

自律神経は、とても反応が早い神経で、体の変化にすぐに反応します。更年期の不調を冷えから自覚することが多いのもそのためです。

更年期の世代にストレスが強いと、さらに自律神経が乱れやすいため、症状は強く出る傾向にあります。

また、若いときから冷え症で悩んでいる人ほど、更年期の冷え症が強くなる傾向もあると言われています。

体温を高くするプロゲステロンの分泌も減少!

体温の変化

本来、女性ホルモンのひとつ、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、体温を高める働きがあります。排卵後から生理までがプロゲステロンの分泌が多い時期です。

プロゲステロンの影響で、この時期はひと月のうちで体温が高くなるときで、高温期と言われています。

プロゲステロンは、卵子と精子を受精させ、妊娠を維持するために大切なホルモンで、妊娠中はプロゲステロンが多く分泌されています。妊娠中、体温が0.5℃程度高くなるのもそのためです。

更年期には、このプロゲステロンの低下により、自律神経の失調症状が起こり、その結果、抹消の血管が必要以上に収縮し、血液の循環が悪くなるために、冷えが起こるのです。

つらい冷えは、隠れた病気をチェック!

hie_5

まず、つらい冷えで注意したいのは、貧血、心臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能低下症など、女性に多い隠れた病気があるかもしれないということです。

病院でのチェックは大切です。

検査の結果、隠れた病気がなければ、ほとんどの冷えの原因は、女性ホルモンの分泌のバランスが悪く、卵巣機能が低下しているために起こるものです。

女性ホルモンの状態は、血液検査で調べるとわかります

対処法は女性ホルモン剤や漢方薬がある

低用量ピル

では、低下してしまっている卵巣機能を回復させるには、どうしたらいいのでしょう?あるいは、これ以上、低下させない手立てはあるのでしょうか?

20代、30代前半のころのような卵巣機能に戻すことはできません。でも、できるだけ卵巣を長持ちさせ、機能を維持する方法はあると言われています。

閉経前の女性には、低用量ピル(OC)で女性ホルモンを補う方法があります。低用量ピルは、使いやすいホルモン剤です。

低用量ピルには、エストロゲン、プロゲステロンがそれぞれ少量ずつ含まれているため、足りない女性ホルモンをほんの少し補うことができます。

また、低用量ピルだけでなく、エストロゲン剤を補充するホルモン補充療法(HRT)もあります。

ホルモン補充療法(HRT)は、閉経後の女性も可能です。

漢方薬にも冷え対策のものがあります。女性の冷えに処方される代表的な漢方薬は、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「温経湯(うんけいとう)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などです。

冷え改善には、運動の効果が抜群!

筋トレする女性

運動が大切です。ウォーキング、ヨガ、半身浴などは、血行をよくし、冷えを改善し、自律神経も整えます

そして更年期になったら、筋肉を落とさないために筋トレが重要。何より、筋肉がつけば、燃えやすい体になって、少し動くだけで血行や代謝がよくなり、冷え改善にも役立ちます。

冷え解消の効果抜群です!

鉄分豊富な食材

筋トレは、スクワットや腹筋ができればいいですが、全く運動習慣がない人は、速足でウォーキングすることから始めてもいいと思います。

また、入浴はシャワーだけでなく、湯舟に温まることも大事。湯舟に入ってもなかなか温まらない、すぐに冷めてしまうという人は、炭酸系の入浴剤を使ってみるのもいいと思います。長時間温まらなくても、血行促進に役立ちます。

時間があるときは、ゆっくりと半身浴を楽しむのもいいですね。そのときは上半身が冷えないようにしてください。

食事は、ビタミンEや鉄分を多く含む食品を意識して摂ることも大切です。

ビタミンEや鉄分は、不足すると血行が悪くなることが知られています。ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、うなぎ、卵黄などに多く含まれています。鉄分はレバーやほうれん草など。

冷えなどの更年期の症状は、ひとつの方法だけで解決しようとしないで、いろいろな対策を行いながら、よい方向へもっていくほうが効果もあって、体のためにもいいと思います。

増田美加

増田美加・女性医療ジャーナリスト 予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

もっとカラダ戦略術を読む

生理の出血が多い女性のうち8割は貧血かも! 疲れやすい、だるい人は要注意

生理の出血量が多い人は貧血の可能性大! 貧血はゆっくり進行するため、気づかない女性がたくさんいるのです。チェックしたい症状、どこに相談に行けばいいの...

https://www.mylohas.net/2019/10/strategy57.html

「ホルモン補充療法(HRT)」の基礎知識

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「天然のエストロゲンと言われる大豆イソフラボン」について、お届けしました。今回...

https://www.mylohas.net/2019/05/strategy45.html

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの