1. Home
  2. BODY
  3. 足がつった! しびれた! とっさの事態、いますぐどうする?

足がつった! しびれた! とっさの事態、いますぐどうする?

整うカラダ

1,530

山本千尋

1118vol4_main

第4回 「足がつった」「しびれた」ときの原因と対処法

スポーツトレーナーで鍼灸師の上杉徹さんに聞く、身体のセルフメンテナンス法、第4回は「足のつり」と、「しびれ」について。

自宅でくつろいでいるときならまだしも、仕事や会食、スポーツをしている最中に起こると、これはこれで緊急事態。一分一秒でも早く治す方法を教えていただきましょう。

筋肉が突然収縮して起こる「足のつり」

上杉さん

上杉さん

足がつるのは、筋肉が収縮して、けいれんを起こしている状態。ふくらはぎや足の甲や裏など、よく使うところに疲労が蓄積することで起こります。対処法は、けいれんを起こしたところを地道にゆっくり伸ばすしかありません」


01.足がつったら……

1.けいれんした痛いところをゆっくり伸ばす

vol4_1m015022

ふくらはぎがつったら、つま先を手前に引きよせて収縮したふくらはぎの筋肉を伸ばします。

足の甲がつったときは骨と骨の間を広げるよう、小指側を持って外側に向けて引っぱる。

足の裏の場合は、つま先を持って、足の裏全体をじっくり伸ばしましょう。

反動をつけると痛める可能性があるので、絶対にNG!

2.足つり予防に、お尻のストレッチ

vol4_2m015031

ふくらはぎのけいれんが治まったら、第2のケアとしてお尻の筋肉を伸ばしておきましょう

イスに座り、片脚を反対側のももの上に上げて前傾すると、お尻の筋肉がじわりと伸びます。再発を防ぐとともに、予防の効果も。

「しびれ」には、ギュッと圧迫するのが効果的

足がしびれた状態で歩くと、ねん挫など思わぬケガにつながりかねません。しびれを早く治すには、叩いたりもんだりしたほうがいいのでしょうか。

上杉さん

上杉さん

「しびれは血流が悪化することで起きるので、たたくよりも全体を強く圧迫するほうが早く治ります。しびれているところを手でギュッと握るように押さえてからパッとはなす。この動きを繰り返しているうちに、血流は戻り、しびれは解消します」


足がつったら伸ばす。しびれたら圧迫する。いざというときのために、覚えておきましょう。

*ご紹介したものはあくまで応急処置なので、痛みや不快感が続く場合は、専門家にみてもらいましょう。

第1回:新しい疲れ対策に。すぐにできるテーピング
第2回:首の寝違え、早く痛みをとる対処法
第3回:ぎっくり腰になったとき、すぐにやるべき対処法
第4回:足がつった!しびれた!すぐにできる対処法
第5回 :顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

uesugi

上杉徹(うえすぎ・とおる)さん
スポーツトレーナー、鍼灸師。医療国家資格(鍼灸師 柔道整復師 理学療法師)を持ったスポーツトレーナー集団「SPCT(スぺクト)」代表。JUJUやAK69など、アーティストのツアーにトレーナーとして全国を帯同する一方、世の中に健康とスポーツヘルス・メンタル作り・予防学を発信すべく、企業や団体とパートナーシップを組み、社会貢献活動を行うなど新たな試みにもチャレンジしている。

撮影/高村瑞穂、モデル/村上加世 (SPCT/ハワイアントレーナー 鍼灸師)、 image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの