1. Home
  2. BODY
  3. 肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

整うカラダ

2,016

山本千尋

1118vol5_main

第5回 「頭痛」「顔ピクピク」の対処法

肩こりからくる「頭痛」、そして突然起こる「顔ピクピク」。「こんなときどうする?」シリーズ最終回は、仕事中に起こると厄介な、頭や顔に関する不快感のセルフメンテナンス法をお届けします。

上杉さん

上杉さん

肩こりからくる頭痛は、前かがみの作業を長時間することで、血流が悪くなって起こります顔がピクピクするのも、血流がとどこおり、顔の筋肉がけいれんを起こしているので、どちらもツボを刺激することで、改善できます。


まずは、一刻も早く治したい頭痛の対処法から教えていただきましょう。

血流不全で起こる「頭痛」や「顔ピクピク」の対処法

上杉さん

上杉さん

ツボは押せばへこむし、イタ気持ちいい刺激があるので、日頃から自分の身体に触れて、ツボの位置を確認しておくといいでしょう。

01.頭痛に効くツボ

首のうしろにある〈天柱〉を押して、血流促進

vol5_1_m015058

vol5_2m015061

首のうしろ、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみが「天柱(てんちゅう)」というツボです。天柱を両手の親指で押さえたら、そのままゆっくり上を向くだけ。指に力を入れなくても、自分の頭の重さでツボがほどよく刺激されます。

02.「顔ピクピク」など顔周りの不調に効くツボ

顔周りにはたくさんのツボが存在します。ツボを刺激して血行をよくすることで、顔がピクピクするのを押さえるだけでなく、目の疲れや肌の調子、頭痛が改善することも。

どのツボも人差し指で3秒×数回、イタ気持ちいいくらいを目安に押しましょう

1.頭痛・ドライアイには……攅竹(さんちく)

vol5_3m015040

「攅竹」は鼻側にあるまゆ毛の根元、まゆ頭にあるツボ。指でさぐると少しへこんでいるところです。眼精疲労、ドライアイ、頭痛を和らげる効果も。

2.顔がピクピクしたら……四白(しはく)

vol5_4_m015044

ほお骨の下にあり、黒目からまっすぐ下がったところにあるのが「四白」。目の疲れやけいれん解消に効果があります。

3.目の疲れ・かすみ目には……太陽(たいよう)

vol5_5_m015046

目とこめかみの間にある「太陽」。眼精疲労やかすみ目も改善します。

4.イライラしたら……目窓(もくそう)

vol5_6_m015056

黒目の延長上、前髪の生え際から指3本分のところにある「目窓」は、頭痛やイライラを抑えるのに効果的。

ツボを押しすぎると、のぼせてしまうことも……

血流がよくなり不調が改善されるツボですが、押しすぎるとのぼせてしまうこともあるようです。1回3秒×数回したら、しばらく様子をみてやりすぎないよう注意しましょう

*ご紹介したものはあくまで応急処置なので、痛みや不快感が続く場合は、専門家にみてもらいましょう。

第1回:新しい疲れ対策に。すぐにできるテーピング
第2回:首の寝違え、早く痛みをとる対処法
第3回:ぎっくり腰になったとき、すぐにやるべき対処法
第4回:足がつった!しびれた!すぐにできる対処法

uesugi-1

上杉徹(うえすぎ・とおる)さん
スポーツトレーナー、鍼灸師。医療国家資格(鍼灸師 柔道整復師 理学療法師)を持ったスポーツトレーナー集団「SPCT(スぺクト)」代表。JUJUやAK69など、アーティストのツアーにトレーナーとして全国を帯同する一方、世の中に健康とスポーツヘルス・メンタル作り・予防学を発信すべく、企業や団体とパートナーシップを組み、社会貢献活動を行うなど新たな試みにもチャレンジしている。

撮影/高村瑞穂、モデル/村上加世 (SPCT/ハワイアントレーナー 鍼灸師)、 image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの