1. Home
  2. HEALTH
  3. 肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

整うカラダ

3,969

山本千尋

1118vol5_main

第5回 「頭痛」「顔ピクピク」の対処法

肩こりからくる「頭痛」、そして突然起こる「顔ピクピク」。「こんなときどうする?」シリーズ最終回は、仕事中に起こると厄介な、頭や顔に関する不快感のセルフメンテナンス法をお届けします。

上杉さん

上杉さん

肩こりからくる頭痛は、前かがみの作業を長時間することで、血流が悪くなって起こります顔がピクピクするのも、血流がとどこおり、顔の筋肉がけいれんを起こしているので、どちらもツボを刺激することで、改善できます。


まずは、一刻も早く治したい頭痛の対処法から教えていただきましょう。

血流不全で起こる「頭痛」や「顔ピクピク」の対処法

上杉さん

上杉さん

ツボは押せばへこむし、イタ気持ちいい刺激があるので、日頃から自分の身体に触れて、ツボの位置を確認しておくといいでしょう。

01.頭痛に効くツボ

首のうしろにある〈天柱〉を押して、血流促進

vol5_1_m015058

vol5_2m015061

首のうしろ、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみが「天柱(てんちゅう)」というツボです。天柱を両手の親指で押さえたら、そのままゆっくり上を向くだけ。指に力を入れなくても、自分の頭の重さでツボがほどよく刺激されます。

02.「顔ピクピク」など顔周りの不調に効くツボ

顔周りにはたくさんのツボが存在します。ツボを刺激して血行をよくすることで、顔がピクピクするのを押さえるだけでなく、目の疲れや肌の調子、頭痛が改善することも。

どのツボも人差し指で3秒×数回、イタ気持ちいいくらいを目安に押しましょう

1.頭痛・ドライアイには……攅竹(さんちく)

vol5_3m015040

「攅竹」は鼻側にあるまゆ毛の根元、まゆ頭にあるツボ。指でさぐると少しへこんでいるところです。眼精疲労、ドライアイ、頭痛を和らげる効果も。

2.顔がピクピクしたら……四白(しはく)

vol5_4_m015044

ほお骨の下にあり、黒目からまっすぐ下がったところにあるのが「四白」。目の疲れやけいれん解消に効果があります。

3.目の疲れ・かすみ目には……太陽(たいよう)

vol5_5_m015046

目とこめかみの間にある「太陽」。眼精疲労やかすみ目も改善します。

4.イライラしたら……目窓(もくそう)

vol5_6_m015056

黒目の延長上、前髪の生え際から指3本分のところにある「目窓」は、頭痛やイライラを抑えるのに効果的。

ツボを押しすぎると、のぼせてしまうことも……

血流がよくなり不調が改善されるツボですが、押しすぎるとのぼせてしまうこともあるようです。1回3秒×数回したら、しばらく様子をみてやりすぎないよう注意しましょう

*ご紹介したものはあくまで応急処置なので、痛みや不快感が続く場合は、専門家にみてもらいましょう。

第1回:新しい疲れ対策に。すぐにできるテーピング
第2回:首の寝違え、早く痛みをとる対処法
第3回:ぎっくり腰になったとき、すぐにやるべき対処法
第4回:足がつった!しびれた!すぐにできる対処法

uesugi-1

上杉徹(うえすぎ・とおる)さん
スポーツトレーナー、鍼灸師。医療国家資格(鍼灸師 柔道整復師 理学療法師)を持ったスポーツトレーナー集団「SPCT(スぺクト)」代表。JUJUやAK69など、アーティストのツアーにトレーナーとして全国を帯同する一方、世の中に健康とスポーツヘルス・メンタル作り・予防学を発信すべく、企業や団体とパートナーシップを組み、社会貢献活動を行うなど新たな試みにもチャレンジしている。

撮影/高村瑞穂、モデル/村上加世 (SPCT/ハワイアントレーナー 鍼灸師)、 image via Shutterstock

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら