1. Home
  2. BODY
  3. 肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

肩こりからくる頭痛、顔がピクピクがとまらない…そんなときどうする?

整うカラダ

2,658

山本千尋

1118vol5_main

第5回 「頭痛」「顔ピクピク」の対処法

肩こりからくる「頭痛」、そして突然起こる「顔ピクピク」。「こんなときどうする?」シリーズ最終回は、仕事中に起こると厄介な、頭や顔に関する不快感のセルフメンテナンス法をお届けします。

上杉さん

上杉さん

肩こりからくる頭痛は、前かがみの作業を長時間することで、血流が悪くなって起こります顔がピクピクするのも、血流がとどこおり、顔の筋肉がけいれんを起こしているので、どちらもツボを刺激することで、改善できます。


まずは、一刻も早く治したい頭痛の対処法から教えていただきましょう。

血流不全で起こる「頭痛」や「顔ピクピク」の対処法

上杉さん

上杉さん

ツボは押せばへこむし、イタ気持ちいい刺激があるので、日頃から自分の身体に触れて、ツボの位置を確認しておくといいでしょう。

01.頭痛に効くツボ

首のうしろにある〈天柱〉を押して、血流促進

vol5_1_m015058

vol5_2m015061

首のうしろ、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみが「天柱(てんちゅう)」というツボです。天柱を両手の親指で押さえたら、そのままゆっくり上を向くだけ。指に力を入れなくても、自分の頭の重さでツボがほどよく刺激されます。

02.「顔ピクピク」など顔周りの不調に効くツボ

顔周りにはたくさんのツボが存在します。ツボを刺激して血行をよくすることで、顔がピクピクするのを押さえるだけでなく、目の疲れや肌の調子、頭痛が改善することも。

どのツボも人差し指で3秒×数回、イタ気持ちいいくらいを目安に押しましょう

1.頭痛・ドライアイには……攅竹(さんちく)

vol5_3m015040

「攅竹」は鼻側にあるまゆ毛の根元、まゆ頭にあるツボ。指でさぐると少しへこんでいるところです。眼精疲労、ドライアイ、頭痛を和らげる効果も。

2.顔がピクピクしたら……四白(しはく)

vol5_4_m015044

ほお骨の下にあり、黒目からまっすぐ下がったところにあるのが「四白」。目の疲れやけいれん解消に効果があります。

3.目の疲れ・かすみ目には……太陽(たいよう)

vol5_5_m015046

目とこめかみの間にある「太陽」。眼精疲労やかすみ目も改善します。

4.イライラしたら……目窓(もくそう)

vol5_6_m015056

黒目の延長上、前髪の生え際から指3本分のところにある「目窓」は、頭痛やイライラを抑えるのに効果的。

ツボを押しすぎると、のぼせてしまうことも……

血流がよくなり不調が改善されるツボですが、押しすぎるとのぼせてしまうこともあるようです。1回3秒×数回したら、しばらく様子をみてやりすぎないよう注意しましょう

*ご紹介したものはあくまで応急処置なので、痛みや不快感が続く場合は、専門家にみてもらいましょう。

第1回:新しい疲れ対策に。すぐにできるテーピング
第2回:首の寝違え、早く痛みをとる対処法
第3回:ぎっくり腰になったとき、すぐにやるべき対処法
第4回:足がつった!しびれた!すぐにできる対処法

uesugi-1

上杉徹(うえすぎ・とおる)さん
スポーツトレーナー、鍼灸師。医療国家資格(鍼灸師 柔道整復師 理学療法師)を持ったスポーツトレーナー集団「SPCT(スぺクト)」代表。JUJUやAK69など、アーティストのツアーにトレーナーとして全国を帯同する一方、世の中に健康とスポーツヘルス・メンタル作り・予防学を発信すべく、企業や団体とパートナーシップを組み、社会貢献活動を行うなど新たな試みにもチャレンジしている。

撮影/高村瑞穂、モデル/村上加世 (SPCT/ハワイアントレーナー 鍼灸師)、 image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    5. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    6. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    7. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. 巻き肩&猫背改善トレーニング。背中とお尻を鍛える効果も!

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    4. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    10. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら