1. Home
  2. BODY
  3. 声がでないほど喉がいたい…それは「のどちんこ」の腫れだった!

声がでないほど喉がいたい…それは「のどちんこ」の腫れだった!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,127

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

のどちんこ

image via shutterstock

喉(のど)に何かが詰まった気がするのに、何もない。

そのかわりに、のどちんこがいつもより大きくなっていることがあります。

のどちんこは、何のためにあるの?

のどちんことは、軟口蓋(なんこうがい)の最後方部分にあるパンチバッグのようなもの。

「食べ物をのみ込む時や、言葉を話す時に、のどちんこは喉の上部と下部を閉じる役割をしています」とニューヨーク医科大学臨床耳鼻咽喉科の准教授であるクレイグ・ザルバン医師 。「この小さな構造が腫れてしまうのは、それほどそんなに珍しいことではありませんが、特定の状況下で起こる可能性があります」

ほとんどの場合、のどちんこが腫れるのは、喉や扁桃腺の腫れと併発して起こります。「外傷など、分かりやすい原因で少し腫れて、特に症状に進行が見られなければ、様子見します」とザルバン医師。

もし痛みがあり症状が悪化していれば、かかりつけ医か、必要であれば救急外来の受診を考えて。特に食べ物が飲み込みづらかったり、呼吸が難しかったりすれば、もしかするとアレルギー反応のサインかもしれません。また、もしのどちんこが徐々に腫れ、喉にしこりがある場合は、医師に診断してもらいます。

では、のどちんこはなぜ腫れるのでしょうか?今回、4つの理由を医師が解説します。

1. 胃酸がでやすくなっているから

胃酸

image via shutterstock

慢性的な胃酸の逆流や嘔吐で喉に酸が入ると、「喉やのどちんこが荒れ、腫れや炎症が起こる原因になります」と一般診療医で、『MedExpress』の医療監修メンバーであるクレア・モリッソン医師。他にも厄介な症状として、声が変わったり、喉にしこりを感じたりすることが。

胃酸は、食事やライフスタイルの改善で、正常に保つことができます。「酸っぱい食べ物や飲み物(炭酸系も含む)をレパートリーから外し、スパイシーな食べ物も控えます」とモリッソン医師。「必要であれば、オメプラゾールやランソプラゾールといった胃酸を抑える薬もいいでしょう」

2. いつも口の中が乾燥しているから

水を飲む女性

image via shutterstock

口や喉、そしてのどちんこの粘膜は、潤った環境で最もよく機能します、とモリッソン医師。

しかし、例えば鼻詰まりや薬の副作用などから、どんなに水をがぶ飲みしても、口の中が慢性的に乾燥していれば、喉やのどちんこで炎症が起こり、赤く腫れて痛みが出ます。

水をこまめに飲んだり、マウススプレーを使用したりすると、口や喉の乾燥を防ぐことができます。「もし鼻の詰まりが原因であれば、ユーカリの精油を加えた蒸気吸入、メンソール入りの飴、点鼻薬、そしてよく鼻をかむなどで、鼻のとおりがよくなります」とモリッソン医師。

一般的に、寝ている間の口の乾燥は、鼻閉鎖のサインです。「いびきをかくと、のどちんこが常に振動状態にあり、そのせいで腫れてしまいます」とプロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)で耳鼻咽喉科・喉頭病学を専門とするオミッド・メーディザディー医師。

「薬や手術で鼻閉鎖を治療したり、あるいは顎の矯正用バンドを使用したりしても、口の乾燥を予防する効果があります」

3. ケガが原因

血

image via shutterstock

「のどちんこが外傷を受けることは、そう滅多にありませんが、熱い物をのみ込んだりすると、やけどします」とモリッソン医師。

また、麻酔中にチューブを喉に入れるなどの挿管の際や、扁桃摘出術の際に傷付けられる場合も。通常そのような傷は特に治療しなくても治ります。

氷をなめたり、局部麻酔用スプレーを使用したりすると、痛みを和らげることができます。

4. 大量の飲酒や喫煙が原因

飲酒喫煙

image via shutterstock

飲酒や喫煙は、喉とのどちんこの粘膜を刺激し、炎症や腫れを引き起こします。

「飲酒と喫煙が組み合わされると、問題はさらに悪化します。タバコの煙はアルコールに溶け、さらに喉に広がりやすくなるのです」(モリッソン医師)

これを防ぐには、節度ある適度な飲酒(一日あたり、女性は1杯、男性は2杯まで)と禁煙です。

痛みを和らげる方法として、メーディザディー医師は食塩水でのうがいや咳止めドロップなどをすすめます。

続きます。

喉を守るためには?

咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

咳や喉の痛みで辛い気管支炎。家庭でできる10の治療法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/12/180763bronchitis.html

風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

扁桃腺が腫れていると、痛みや飲み込みにくさなどがあり不快なもの。扁桃腺の腫れの原因と対策を医師に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/11/201634pvn_swollen.html

Krissy Brady/9 Reasons You Should Never Ignore a Swollen Uvula, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの