1. Home
  2. BODY
  3. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは…

インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

23,420

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

考える女性

image via shutterstock

予防接種、受けていますか?

米国では毎年秋、インフルエンザの予防注射を受けるようにと公衆衛生局が促しているものの、大半の人が毎年この訴えを無視している状況にあります。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2010年以降、インフルエンザワクチンの接種を受けた成人の割合は40%程度から動いていません。

その結果、毎年数百万人がインフルエンザにかかり、2017〜2018年のインフルエンザシーズンの患者数はおよそ4900万人でした。CDCによると、数十万人が入院し、7万9000人を超える人々が亡くなりました。毎年もっと多くの人がインフルエンザワクチンを接種すれば、この多くが予防できるだろうと考えられています。

今回は、インフルエンザの予防接種に関する疑問について、医師陣がお答えします。

インフルエンザ予防接種、腫れや痛みはいつまで続くの?

予防接種は受けるべき? 流行のタイプと違うワクチンを打ったら効かないの? インフルエンザに関する素朴な疑問に医師が答えます。

https://www.mylohas.net/2019/11/202549pvn_flu2.html

Q1. 予防接種はしたほうがいいのでしょうか?

鼻をかむ女性

予防接種をパスする人の大部分は「個人の自由」と思っています。影響があるのは自分だけで、ほかの人には波及しないと。

でも、予想もしないことでしょうが、インフルエンザ注射を受けないという選択は、別の人が病気になったり、入院したり、果ては死亡したりする結果につながっていると医師は言います。

「インフルエンザワクチンは何よりも重要で、生後6か月以上のすべての人が受けるべきです」と、カリフォルニア大学の教授(家庭医学)ウィリアム・ノークロス医師

他人にうつす確率が下がる

注射をすれば、重いインフルエンザにかかるリスクが低くなるだけでなく、幼い子どもや妊娠した女性、慢性疾患がある人、50歳を超える人など、とくにウイルスに弱い人たちにインフルエンザをうつす確率も下げることになります(このような高リスクの人たちはとくに、インフルエンザ注射が大切、とCDCは警告しています)。

「インフルエンザにかかると、唾液と粘液が何百万個もの感染性の高いウイルス粒子でいっぱいになります」とノークロス医師は説明します。口を手で覆って咳をしたり、鼻をこすったりすると、手にウイルスという“化学兵器”がついてしまいますが、その手がさわった手すりやショッピングカートの取っ手は、生まれたばかりの赤ちゃんがいる母親や、がんと闘っている人のお世話をしている人がつかむかもしれないのです。

インフルエンザ注射をすれば、もちろん自分自身もウイルスから守られることに。その年に流行すると思われるウイルスのタイプについて専門家が判断ミスをした場合でも、予防効果があります。

Q2. 流行るものと違うタイプのワクチンを打ったら効かないの?

ワクチン

image via shutterstock

カナダのニューファンドランド・メモリアル大学の臨床助教授(家庭医学)、カイル・スー医師によると、私たちがかかるインフルエンザウイルスはA型とB型に大きく分けられます

そしてそれぞれの型がさまざまなインフルエンザ「株」にさらに分けられるのだそう。毎年、インフルエンザワクチンを作る公衆衛生の専門家は、来たる冬にどの株が一番はやるのか懸命に推測しています。

もし外れても、リスクは下がる

でも、予想は当たる年もあれば、外れる年もあります。図星の場合、つまりどのインフルエンザ株が猛威を振るうか正確に推定できたときは、ワクチン接種すればインフルエンザにかかるリスクを最大60%まで下げることができます。

予想が外れた場合、インフルエンザ注射を受けても完全にはウイルスを避けられないかもしれませんが、それでも症状を軽くして、症状が続く期間を短くしてくれます。

2015年にアメリカで行われた研究によると、インフルエンザ注射を受けた人は、高熱や筋肉痛、痛みの症状が大幅に少なかったそう。注射を受けなかった人と比べて、呼吸器系の症状も軽い傾向が見られました。

CDCの調査によると、インフルエンザ注射を受けると、重い症状で入院したり集中治療室(ICU)に入ったりするリスクも下がります。「少しの効果でも、まったくないよりはマシです」(スー医師)

続きます。

こちらも参考に:
インフルエンザQ&A(厚生労働省)

インフルエンザ対策はしっかりと

間違えている人多数!? 風邪予防のための正しいアルコール消毒

医療機関だけでなく飲食店や商業施設にも手指消毒用のアルコール製剤が設置されるケースが増えていますが、正しく使わなければ効果はありません。殺菌効果を上...

https://www.mylohas.net/2019/11/201236acold12.html

とても簡単! 風邪予防のために「のどを常に保湿する」方法

風邪対策には「のどを常に保湿する」ことが効果的。では簡単で効果的な方法とは? 風邪予防の基礎知識について医師の裴 英洙先生にお聞きしました。

https://www.mylohas.net/2019/11/200355acold10.html

Markham Heid/The Most Important Thing You Can Do to Prevent the Flu This Year/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの