1. Home
  2. EAT
  3. 風邪ひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

風邪ひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

管理栄養士の「◯◯な日の栄養&ささっと献立」

6,722

中村美穂

風邪を引いたカップル

女性に多い不調やお悩みに、食事と栄養で対策を。管理栄養士の中村美穂さんが教える、体調管理に役立つ食のヒントをお届けします。第2回は、「風邪やインフルエンザ予防に役立つメニュー」。

風邪やインフルエンザを予防したい。何を食べればいい?

せきをする女性

気温がぐっと下がり、乾燥するこの季節は、風邪やインフルエンザにかからないか心配に。十分な睡眠とバランスのよい食事が大切とはわかっていても、年末に向け忙しくしていると、ストレスや食生活の乱れが重なり風邪リスクも高まります。

今回は、免疫力を高めて風邪やインフルエンザを予防するために、私が実践しているおすすめの食べ方をご紹介します。

摂りたい栄養素

  • タンパク質……体を作る。疲労回復。
  • ビタミンA……体の抵抗力アップに役立ち、病気にかかりにくくする。皮膚や粘膜を健康に保つ。
  • ビタミンC……免疫力アップをサポート。血流を促進する。

おすすめの食材

  • 肉(鶏肉)、魚(青魚)、大豆製品、卵……タンパク質
  • にんじん、かぼちゃ、ニラ、小松菜……ビタミンA(βカロテン)
  • かぶ、レンコン、ブロッコリー、さつまいも、みかん……ビタミンC
  • しょうが……辛み成分ジンゲロールにより体を温め、発汗、抗菌作用が期待できるため、風邪の予防には最適な食材。乾燥や加熱によりさらに体を温める効果が高まる。
  • ねぎ……辛み成分アリシンにより血行が促進され体が温まる。

20分で完成! 風邪予防に役立つ、ささっと献立

以上をふまえた「一汁一菜レシピ」をご紹介。旬の野菜で手軽に作れ、風邪の予防にもなるメニューです。圧力鍋があれば20分ほどで完成します。

鶏と根菜のスープと、かぼちゃとみかんのサラダ

撮影/中村美穂

鶏と根菜のスープ

風邪予防には、体を温め、加湿もできるスープや鍋料理がベスト。手羽元からうまみたっぷりのだしがとれて、ゼラチン質が溶け出すことでのどや肌が潤います。作り置きすれば、味を変えて楽しめます。

<材料:2人分>

  • 鶏手羽元肉 6本
  • れんこん 100g
  • にんじん 100g
  • 長ネギ 60g
  • しょうがの千切り 10g
  • A(水500ml、あればだし昆布5cm長さ、酒大さじ2)
  • しょうゆ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々

<作り方>

  1. レンコン(皮つき)は5mm輪切り~半月切りに、にんじん(皮つき)は5cm長さの四つ割りに、ネギはぶつ切り、しょうが(皮つき)は千切りにする。
  2. 鶏手羽元肉と1を(圧力)鍋に入れ、Aを入れてふたをして、やわらかくなるまで煮る(圧力鍋なら、圧がかかったら火を弱め5分程で火を止める)。しょうゆ、塩で味を調え、こしょうをふる。

かぼちゃとみかんのサラダ

ビタミン豊富なかぼちゃとみかんをさっぱりとしたサラダに。みかんは薄く切り、ほろ苦さがアクセントになる「皮」も食べるのがポイント(皮はよく洗って使います。農薬が少ないみかんが手に入るとベター。苦手な方やお子様はむいてもOKです)。

<材料:2人分>

  • かぼちゃ 80g
  • みかん 小1個
  • A(オリーブオイル小さじ2、レモン汁小さじ1、塩ひとつまみ)

<作り方>

  1. かぼちゃは2cm大に切り耐熱容器に入れ、水小さじ1を振りラップをかけ、レンジで2分ほど加熱し冷ます。みかんは皮をよく洗い、いちょう切りにする。
  2. ボウルでAを混ぜ、1をあえる。

ちなみに私は、鶏手羽元のスープを作ったときは中華麺をゆでて、息子用にはラーメンに。自分用は麺を少量にして糖質コントロールしています。冬は何はともあれスープ料理で体を温めて。スープをつくると部屋の加湿にもなり、のどケアにも役立ちます。

おまけ:朝の一杯はホットトマトジュース+オリーブオイル

ホットトマトジュースにオリーブオイルを入れて

撮影/中村美穂

風邪予防のキーポイントは水分補給。朝起きて、うがいをしたら、まずコップ一杯の水を。

そのあと私が毎日のように飲んでいるのがトマトジュースです。トマトジュースをマグカップに注いだらレンジで1分ほど温め、オリーブオイルをティースプーン1杯ほど入れます

一緒にビタミン・ミネラルのサプリを摂ることも。抗酸化成分のリコピンと不飽和脂肪酸が多いオリーブオイルで、免疫力アップに加えて美肌効果も期待できるのでおすすめです。

もし風邪をひいてしまい発熱したときは、熱を冷ます食べ物と水分をとり、ゆっくり休んで。無理に食べて消化に負担をかけるよりも、体の回復に専念したほうが治りやすくなります。

管理栄養士の「◯◯な日の栄養とささっと献立」をもっと読む

食事で体調管理!

疲れがとれない。元気になりたいときは何を食べればいい?

管理栄養士の中村美穂さんが教える、「◯◯な日の栄養とささっと献立」を紹介する連載がスタート! 第1回は、「疲れた日の疲労回復メニュー」。です。摂りた...

https://www.mylohas.net/2019/10/201451miho_nakamura01.html

貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?

貧血、風邪気味、のどが痛い、鼻水、頭痛。不調を感じるときは何を食べればいいの? 役立つ栄養知識を、管理栄養士の中村美穂さんに聞きました。第3回のテー...

https://www.mylohas.net/2019/09/197775sp_nutrition_scene03.html

管理栄養士・中村美穂さん

中村美穂(なかむら・みほ)さん
管理栄養士・フードコーディネーター。料理好きから管理栄養士となり、おいしく楽しく身体にやさしい料理やお菓子を探求。商品開発や、保育園栄養士としての給食作り・食育活動・食事相談等の経験を活かし、料理教室「おいしい楽しい食時間」を開催。書籍・雑誌へのレシピ提供も多数担当している。公式サイト

image via shutterstock

    Ranking

    1. ぽっこりおなか解消トレーニング。タオルを使って効果的に下腹部へアプローチ

    2. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    5. 止まらないおいしさ。ホクホクの「新じゃが」を2種類のフレーバーオリーブオイルで

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    1. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    4. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    5. 電気圧力鍋、どうやって選ぶ?判断ポイント&編集部おすすめ3選

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    8. ぽっこりおなか解消トレーニング。タオルを使って効果的に下腹部へアプローチ

    9. 止まらないおいしさ。ホクホクの「新じゃが」を2種類のフレーバーオリーブオイルで

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    4. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    5. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    6. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    9. 【心理テスト】春。ハッピーな出会いはどこにある?

    10. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら