1. Home
  2. BODY
  3. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,879

Maya A. Kishida(翻訳)

爪を整える女性

気づいたら、二枚爪になっていた!

薄くなった二枚爪はジェルネイルで永遠に隠したい位ですが、生活習慣を少し変えるだけでも、爪に以前の輝きを取り戻すことができます。

そもそも、爪が弱くなるのはなぜ?

「爪は、髪の毛や皮膚にも含まれているケラチンというタンパク質の層で構成されています」と話すのは、コネティカット州ウェストポートの認定皮膚科医ロンダ・クライン医学博士です。「体内の細胞がケラチンを生成するスピードが老化とともに遅くなり、爪が弱くなって乾燥してツヤが失われてしまうのです

しかしクライン博士によると、爪にダメージを与えるのは老化のプロセスだけではないそう。爪がさらされている様々な状況で(極端に寒い、手を洗う回数が多い、化学薬品に触れるなど)、爪が消耗して乾燥したりもろくなったりします。

でも逆に言えば、爪を強くするヒントは(文字通り)手の中に隠されているということ! そこで爪を強くして、その状態を保つ方法を医師に聞きました。

1. 定期的に手と爪を保湿しましょう

ハンドクリームを塗る女性

image via shutterstock

ハンドクリームで爪とその周囲の肌に頻繁にうるおいを与えることで、爪がさらに損傷するのを防ぐことができると指摘するのはフィラデルフィアの皮膚科医リナ・アロー医学博士。

ノースカロライナ州認定皮膚科医のシール・デサイ・ソロモン医学博士によれば、キューティクルオイル(甘皮を手入れするオイル)も弱くなった爪を修復して育み、うるおいを与えるのによいとのこと。

「私のおすすめはロクシタンのシアネイルオイルです。高濃度のシアオイル(30%)が配合されていて、甘皮をやわらかくして爪を健やかに保ってくれます」

2. 爪の長さは短くしておきましょう

爪切り

image via shutterstock

「弱い爪に悩んでいるなら、強度が増すまでは短くカットすることを考えてみて」とソロモン医師。

「短めの爪なら裂けてしまうようなエッジも少なく、水や化学物質が吸収される表面積も小さいので割れにくくなります

いったんカットしたら、爪が引っかからないようにネイルファイルでやさしくエッジを整えて。

3. 爪やすりをかけましょう

爪ヤスリ

image via shutterstock

柔らかいネイルファイルを使って、爪のエッジをなめらかな状態に保つようクライン医師はすすめています。

粗い目のやすりでは爪が裂けてしまうリスクがあり、剥離やささくれの原因になります。

一定方向に向かって長めにすばやく(でもやさしく)やすりを動かして爪を整えましょう。「押したり引いたりして往復するように動かすと爪が欠けやすくなります」とソロモン医師。

4. アセトンが含まれた除光液は使わないで

除光液

image via shutterstock

アセトン(マニキュアをすばやく落としてくれる溶剤)が大量に含まれている除光液は、弱くなっている爪には刺激が強すぎて、ひどい乾燥の原因に。

「爪が剥けたり、割れてしまったり、見苦しい白いシミのようなものができたりすることも」(ソロモン医師)

5. 除菌ジェルは使いすぎないで

手の消毒

image via shutterstock

除菌ジェルは一般的にアルコールがベースになっているため、しょっちゅう使用していると爪が乾燥して非常にもろい状態になってしまいます。

「ハンドサニタイザーを使わなくてはならない場合はなるべく爪には付着しないように気をつけ、また使いすぎないようにしましょう」(ソロモン医師)

シートタイプなら爪の周辺を避けて使用するのが簡単です。液体タイプを使う時は、使用後にたっぷりと保湿クリームを塗りましょう。

6. 強い爪にする食品を多く食べましょう

ビオチン

image via shutterstock

ビタミン不足でも爪が弱くなる可能性があるので、体重の増減が激しくなるダイエットは避けること。

爪の健康を促進すると考えられているタンパク質やカルシウムを十分に摂取するように心がけて、と話すのはコネティカット州の皮膚科医でアルベルト・アインシュタイン医学校臨床指導医のロビン・エヴァンズ医学博士。

野菜、卵、ナッツなどのビオチンが豊富な食品もよいとされています。

続きます。

爪のケアは大切

皮膚科医が教える「爪が黄色くなる理由」。ビタミン不足も大きな原因!

爪の色が黄色くなったら病気のサインかもしれません。糖尿病や甲状腺疾患のおそれも。爪の不調の理由と病気のサインを皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/11/201779pvn_nails2.html

強くて輝きのある、健康的な爪の持ち主が実践している健康法

50歳を迎えるとは思えない魅力的な体型をキープしている女優ジェニファー・アニストン。彼女がいつも爽快な気分な理由は?

https://www.mylohas.net/2019/01/182508boxing.html

Krissy Brady/How to Grow Stronger, Healthier Nails, According to Dermatologists /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    2. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    3. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    4. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    7. 運動は苦手だった...メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 簡単に「感じのいい人」になれる方法

    10. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?