1. Home
  2. BODY
  3. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,799

Maya A. Kishida(翻訳)

爪を整える女性

気づいたら、二枚爪になっていた!

薄くなった二枚爪はジェルネイルで永遠に隠したい位ですが、生活習慣を少し変えるだけでも、爪に以前の輝きを取り戻すことができます。

そもそも、爪が弱くなるのはなぜ?

「爪は、髪の毛や皮膚にも含まれているケラチンというタンパク質の層で構成されています」と話すのは、コネティカット州ウェストポートの認定皮膚科医ロンダ・クライン医学博士です。「体内の細胞がケラチンを生成するスピードが老化とともに遅くなり、爪が弱くなって乾燥してツヤが失われてしまうのです

しかしクライン博士によると、爪にダメージを与えるのは老化のプロセスだけではないそう。爪がさらされている様々な状況で(極端に寒い、手を洗う回数が多い、化学薬品に触れるなど)、爪が消耗して乾燥したりもろくなったりします。

でも逆に言えば、爪を強くするヒントは(文字通り)手の中に隠されているということ! そこで爪を強くして、その状態を保つ方法を医師に聞きました。

1. 定期的に手と爪を保湿しましょう

ハンドクリームを塗る女性

image via shutterstock

ハンドクリームで爪とその周囲の肌に頻繁にうるおいを与えることで、爪がさらに損傷するのを防ぐことができると指摘するのはフィラデルフィアの皮膚科医リナ・アロー医学博士。

ノースカロライナ州認定皮膚科医のシール・デサイ・ソロモン医学博士によれば、キューティクルオイル(甘皮を手入れするオイル)も弱くなった爪を修復して育み、うるおいを与えるのによいとのこと。

「私のおすすめはロクシタンのシアネイルオイルです。高濃度のシアオイル(30%)が配合されていて、甘皮をやわらかくして爪を健やかに保ってくれます」

2. 爪の長さは短くしておきましょう

爪切り

image via shutterstock

「弱い爪に悩んでいるなら、強度が増すまでは短くカットすることを考えてみて」とソロモン医師。

「短めの爪なら裂けてしまうようなエッジも少なく、水や化学物質が吸収される表面積も小さいので割れにくくなります

いったんカットしたら、爪が引っかからないようにネイルファイルでやさしくエッジを整えて。

3. 爪やすりをかけましょう

爪ヤスリ

image via shutterstock

柔らかいネイルファイルを使って、爪のエッジをなめらかな状態に保つようクライン医師はすすめています。

粗い目のやすりでは爪が裂けてしまうリスクがあり、剥離やささくれの原因になります。

一定方向に向かって長めにすばやく(でもやさしく)やすりを動かして爪を整えましょう。「押したり引いたりして往復するように動かすと爪が欠けやすくなります」とソロモン医師。

4. アセトンが含まれた除光液は使わないで

除光液

image via shutterstock

アセトン(マニキュアをすばやく落としてくれる溶剤)が大量に含まれている除光液は、弱くなっている爪には刺激が強すぎて、ひどい乾燥の原因に。

「爪が剥けたり、割れてしまったり、見苦しい白いシミのようなものができたりすることも」(ソロモン医師)

5. 除菌ジェルは使いすぎないで

手の消毒

image via shutterstock

除菌ジェルは一般的にアルコールがベースになっているため、しょっちゅう使用していると爪が乾燥して非常にもろい状態になってしまいます。

「ハンドサニタイザーを使わなくてはならない場合はなるべく爪には付着しないように気をつけ、また使いすぎないようにしましょう」(ソロモン医師)

シートタイプなら爪の周辺を避けて使用するのが簡単です。液体タイプを使う時は、使用後にたっぷりと保湿クリームを塗りましょう。

6. 強い爪にする食品を多く食べましょう

ビオチン

image via shutterstock

ビタミン不足でも爪が弱くなる可能性があるので、体重の増減が激しくなるダイエットは避けること。

爪の健康を促進すると考えられているタンパク質やカルシウムを十分に摂取するように心がけて、と話すのはコネティカット州の皮膚科医でアルベルト・アインシュタイン医学校臨床指導医のロビン・エヴァンズ医学博士。

野菜、卵、ナッツなどのビオチンが豊富な食品もよいとされています。

続きます。

爪のケアは大切

皮膚科医が教える「爪が黄色くなる理由」。ビタミン不足も大きな原因!

爪の色が黄色くなったら病気のサインかもしれません。糖尿病や甲状腺疾患のおそれも。爪の不調の理由と病気のサインを皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/11/201779pvn_nails2.html

強くて輝きのある、健康的な爪の持ち主が実践している健康法

50歳を迎えるとは思えない魅力的な体型をキープしている女優ジェニファー・アニストン。彼女がいつも爽快な気分な理由は?

https://www.mylohas.net/2019/01/182508boxing.html

Krissy Brady/How to Grow Stronger, Healthier Nails, According to Dermatologists /Maya A. Kishida(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの