1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 美容ジャーナリストが教える、本当の美しさの作り方

美容ジャーナリストが教える、本当の美しさの作り方

小田ユイコのマインドフルネス・ビューティー

1,761

小田ユイコ

コーヒーを飲む女性

SNSを見て一喜一憂したり、仕事相手から言われたひとことがいつまでも頭から離れなかったり……アタマの中には次から次へと考えや妄想が浮かび、今やらなければならないことに集中できないもの。

必要のないことに思いをめぐらし、無駄に考えすぎてしまっているんですね。そんな混乱、混沌はココロのストレスを生み、それがシミ、くすみ、シワ、たるみ、むくみなど肌トラブルの引き金となっています。

健康的な美しさを保つためには、ココロの扱い方が大事。アタマを支配しているモヤモヤ、イライラを、いつでもパッとリリースできる「ワザ」を身につける必要があります。

リラックスする女性

そこで、私が取り入れたのがマインドフルネス。マインドフルネスとは「気づき」。今の自分自身に集中する、ココロとカラダの究極のメンテナンス法です。

マインドフルネスは仏教の瞑想に起源を持ちますが、瞑想ってちょっと難しそうですよね? そこで、この連載では、私が実践している、日常すぐに取り入れられるマインドフルネスをお教えします。

上手に今の自分に集中できると、アタマの中がすっきりリセット。ココロとカラダが軽やかになって、今やるべきことに力を発揮できるように。

疲れにくくなるので、一日の終わりにうさ晴らしのためにドカ食いしたり、深酒したり、寝不足になるほどゲームする必要がなくなります。

コーヒーやお茶を飲むときは、香りや温度を感じて……

コーヒーブレイク

コーヒーやお茶を飲みながら実践する、簡単マインドフルネスです。仕事中でも、カフェでも、誰にもバレずに、ココロとカラダをリセットできます。香りや温度があるほうがやりやすいので、できればホットで、自然な香りが立つ飲み物がおすすめです。

Step1.

まずはコーヒーやお茶を準備します。カップを目の前にしたら、仕事や家事の手を休め、スマホやPCからも完全に目を離しましょう。そして、「今からマインドフルネスを始めます」とココロで宣言。今までの流れに区切りをつけ、自分自身に意識を向けるスイッチを入れます。

Step2.

コーヒーを飲む女性

コーヒーやお茶を入れたカップを両手で持ち、香りをかぎます。楽しむというより、「嗅覚」を集中して観察する感じです。コーヒーやお茶の香りが鼻腔を抜けて肺に入っていくのを感じたら、フーッと口から息を吐き出します。ゆったりと10回ほど繰り返します。

Step3.

コーヒーを飲む女性

次に、コーヒーやお茶を口に含み、舌や口内に温かさを観察します。くれぐれも、やけどには気をつけてくださいね。飲み下すときは、舌、のど、胃へと温かい液体が流れていく「感覚」に集中します。

Step4.

熱々だったカップの温度が適度にぬるくなったら、両手でカップを包み込むように持ちます。じんわり伝わってくる温もりを感じ、手や指の感覚を見つめましょう。

【Point】
コーヒー・マインドフルネス中、まわりの音が気になったり、スマホを見たくなったり、ちょっと前に上司から言われたことを思い出したりしても、失敗ではありません。
頭に浮かんできたことは、淡々と「まわりの音にイラついた」「ついスマホを触りたくなった」「◯◯さんが苦手と思った」と客観的にアタマの中でメモ書きし、ココロに付箋を貼ります。付箋を貼ったら、また香り、呼吸、温感の観察に戻ります。

呼吸と足裏に意識を集中。歩きながらマインドフルネス

通勤、通学、買い物や用事で外出するとき、「移動を利用」してできる、お手軽マインドフルネスです。

モヤモヤッとしたアタマ、ギスギスしたココロがリセットされ、顔の表情も柔和に。人とのコミュニケーションもニュートラルになり、次に行う仕事、勉強、用事に集中できるようになります。

Step1.

玄関を出たとき、信号待ちのときなどに「今からマインドフルネスを始めます」とココロで宣言。今までの流れに区切りをつけ、自分自身に意識を向けるスイッチを入れましょう。スマホやイヤホンはバッグにしまい、できれば着信音やバイブレーションもオフにしておきます。

Step2.

歩く女性

歩きながら呼吸に目を向けます。空気が鼻腔をなでながら「スーッ」と入っていき、鼻や口から「スーッ」「フーッ」と出ていく様子を、ひたすらココロで観察します。何秒で吸って、何秒で吐いて、などと意識する必要はありません。ただただ、自然な呼吸を見つめます。

Step3.

歩く女性

次に足に意識を向けます。振り出し着地した足に対し、「左、右、左、右……」と交互にココロで意識。足の裏が地面を踏みしめる感覚を、ひたすら観察します。

Step4.

信号待ちなどで止まったときも、どちらの足に体重がのっているかに意識を向け、体重がのっている足の裏に集中します。

【Point】
歩きながらのマインドフルネス中、まわりの音や状況が気になったら、「公園から子供たちの声が聞こえた」「水たまりがあって歩きにくいと感じた」と客観的にアタマの中でメモ書きし、ココロに付箋を貼ります。
靴ずれしたときや、荷物が重いときも同様です。「靴ずれでかかとに痛みを感じている」「荷物が肩に食い込んでいる」というように付箋を貼りましょう。ココロに付箋を貼ったら、また呼吸や足に意識を集中するのです。

美しくなるためのヒント

血色がない、カサカサ…そんな唇にさよなら! リップ専用美容器の実力とは

乾燥したり、血色が悪かったりと地味に悩みの多いパーツ「唇」。実はそんな唇に専用の美容器があるというので、早速試してみることに。その実力はいかに…?

https://www.mylohas.net/2019/09/198086lovelip.html

35歳を超えて諦めかけていた、顔のたるみに救世主あらわる

フェイスラインをはじめ、気になる顔の悩みを集中ケアできるという小型EMS美顔器。35歳を超えたあたりからフェイスラインのもたつきが気になるライターが...

https://www.mylohas.net/2019/09/198936pethevegas.html

イラスト/きくちりえ(Softdesign)、写真/image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの