1. Home
  2. EAT
  3. うまいと噂の「フェイクお肉バーガー」、気になるカロリーや栄養は?

うまいと噂の「フェイクお肉バーガー」、気になるカロリーや栄養は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ハンバーガー

お肉そっくりの見た目と味なのに、牛や豚じゃないんです!

植物由来の代替肉を使ったハンバーガー、「ビヨンドバーガー」と「インポシブルバーガー」の発売が、アメリカでスタートしたのは2016年のこと。

それまでも米、エンドウ豆、豆、豆腐、セイタン(グルテンミート)を使ったベジミートはありましたが、加工された植物タンパク質とココナッツオイルで本物のお肉に似せた風味を実現。また、ビーフ味を出すための「ヘム」と呼ばれる物質が、「インポシブルバーガー」には含まれています。

植物由来の代替肉は、いまや全米で大流行。大手ファストフード・チェーンでも代替肉のハンバーガーやチキンが販売されています。

サイト「BetterThanDieting.com」の創設者で『Read It Before You Eat It: Taking You from Label to Table』の著者、管理栄養士のボニー・タアブ・ディックスさんは次のように言います。「私は何年もお肉を食べていなかったのですが、最近レストランでおいしいインポシブルバーガーを食べました。植物由来の代替肉は注目を浴びていますが、思っているほど健康的ではありません。成分と栄養面を正しく理解しましょう」

植物由来の代替肉の成分と栄養面は?

ハンバーガーとスムージー

image via shutterstock

「ビヨンドバーガー」と「インポシブルバーガー」の成分表に記載されている原材料のうち、自然のままの食品はごくわずか。

主な成分は、エンドウ豆タンパク質と大豆タンパク質。これらは人工的に植物から抽出された加工物です。自然のままの食品ではなく、食品の一部分」と 『The Flexitarian Diet』の著者で管理栄養士のダウン・ジャクソン・ブラットナーさん。メチルセルロース、大豆レグヘモグロビン、グルコン酸亜鉛などの成分を含むココナッツ油や他の油も代替肉に入っています。

普通のお肉との栄養分の違いは?

代替肉

image via shutterstock

植物由来の代替肉を使った2種類のハンバーガーと、牛肉のビーフバーガーを比較してみましょう。

ハンバーガー1個(約110g)あたりのカロリーは、「ビヨンドバーガー」250kcal、「インポシブルバーガー」240kcal、「ビーフバーガー」224kcal。

飽和脂肪の量は、「ビヨンドバーガー」と「ビーフバーガー」に6g、「インポシブルバーガー」に8g。米国心臓協会によると、飽和脂肪は心臓病のリスクがあると言われています。※植物由来の代替肉の飽和脂肪は主にココナッツオイルとココアバターです。

塩分(ナトリウム)は、「ビヨンドバーガー」390mg、「インポシブルバーガー」370mg、「ビーフバーガー」77mg。

「動物性食品の食事から植物性食品の食事へ切り替えると、一般的には、健康によい影響があると言われています。ある調査では、ベジタリアンやヴィーガン(肉や魚に加え、卵・乳製品も口にしない)の食事を摂っている人は、心臓病、がん、2型糖尿病、高血圧の発症リスクが低いとわかっています。単純に植物性食品の食事に切り替えるだけではなく、たくさんの野菜、果物、穀物を食事に加えるとよいでしょう」(タアブ・ディックスさん)

代替肉の栄養以外のメリットは?

地球

image via shutterstock

植物由来の代替肉の利点は、栄養面だけではありません

「思想の下で動物のお肉を食べない人が、それでもバーガーやチキンの味を忘れられず、植物由来の代替肉の形で食べられる選択肢ができたのはいいこと」とブラットナーさん。

「ビヨンドバーガー」と「インポシブルバーガー」の両メーカーによると、植物由来の代替肉は、牛を飼育しないので土地と水の消費が少なくなります。

また、家畜の生産は、温室効果ガスの原因のひとつなので、植物性の食品を購入すると地球を救う一歩につながります

植物由来の代替肉、食べてもいいの?

サラダ

image via shutterstock

「植物由来の代替肉は、牛肉、七面鳥、鶏肉のハンバーガーを食べるくらいの位置づけで。週に一度ならアリですが、毎日の食事にはなりません」とブラットナーさんとタアブ・ディックスさんは説明します。

「ハンバーガーをもっと食べたいなら、植物由来の代替肉の約半分のカロリーで、飽和脂肪がほとんど含まれない豆ベースの野菜バーガーを作るのをおすすめ」(タアブ・ディックスさん)

「動物のお肉を含まないお肉を食べるにしても、ハンバーガーを食べるときには、食感のあるまるごとの野菜を副菜として取り入れるとよいでしょう」とブラットナーさんは言います。

栄養はしっかりとって健康に

秋に摂りたい野菜はどれ? 「五臓」から考える体質改善法

人は目に見える症状に気をとられがちですが、実は原因は見えないところにあり。五臓からのサインに気づく「臓活」で不調を乗り越えましょう。

https://www.mylohas.net/2019/11/201646book_zoukatsu.html

100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

100%植物性のヴィーガン仕様、それにJAS認証の100%オーガニック。ダイエットサポートにも活用したい「オーガニックプロテイン カカオ&メープル」...

https://www.mylohas.net/2019/11/novascotia.html

Marisa Cohen/Here's How Healthy Popular Plant-Based Meat Really Is, According to Nutritionists/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの