1. Home
  2. BODY
  3. 運動は長生きに効く!? わずかな時間でも効果あり

運動は長生きに効く!? わずかな時間でも効果あり

Healthday News

1,993

MYLOHAS編集部

ランニング

寿命が伸びるのは、ゆっくりとしたウォーキング? それともランニング?

中年以上の人は、たとえわずかな時間でも運動するほど寿命が延びる可能性があることが、ノルウェーの研究で明らかになりました。今回、死亡リスクは座っている時間が長いほど高まることも示され、研究グループは「座位時間を減らし、わずかな時間でも身体を動かすことで、運動強度にかかわらず死亡リスクを減らすことができる」と解説しています。

今回の研究では、40歳以上の成人を対象とした8件のコホート研究のデータを統合して解析しました。これらの研究は、合計3万6,383人(平均年齢62.6歳、女性72.8%)を対象に、活動量計で測定した身体活動レベル・座位時間と全死亡率との関係について5.8年間(中央値)にわたり追跡調査したものです。

大切なのは強度ではなく、身体活動レベル!

座る女性

追跡期間中に死亡した人は2,149人(5.9%)でした。身体活動レベル(カウント/分)・低強度の運動時間・中強度の運動時間・高強度の運動時間などの項目ごとに、対象者を4群に分けました。低強度の運動とは「ゆっくりしたウォーキングや料理などの家事」、中強度の運動は「早歩きや掃除機がけ、芝刈り機による芝生の手入れ」、高強度の運動は「ジョギングや重い荷物の運搬」などを指します。

年齢・性別・肥満度などの要因を調整して解析した結果、身体活動レベルが高いほど、また運動の全ての強度において時間が長いほど、死亡リスクは有意に低下していました。身体活動レベルが最も低い群の死亡リスクは、最も高い群より約70%高く、死亡数は約5倍でした。さらに、1日の座位時間が7.5時間を超えると死亡リスクの上昇が始まり、9.5時間以上で有意に高くなったとのことです。

死亡リスクが最小だったのは、身体活動レベルが300カウント/分の場合で、これは今回の研究で採用した論文にある米国人男性の平均とほぼ同じ、またスカンジナビア諸国の男女の平均より10~15%低い程度に相当していました。一方、低強度の運動なら1日375分、中強度の運動なら約24分で死亡リスクの低下は頭打ちになることも示されました。

これまでの研究でも、運動は、その強度がどうであろうと健康に有益であり、多くの人が実践できることが示されています。

研究グループは、今回の研究結果もそれを裏付けるエビデンスのひとつであり、運動の強度や行う時間、総活動量について考える上で重要な情報が得られたとして、「結果が意味するのは、“座る時間を減らし、より頻繁に身体を動かすべき”というシンプルなメッセージなのだろう」と語っています。

健康は運動から

運動習慣は作れる! タイプ別、強く健康的な体を作る習慣のコツ

運動したいけど、続かない。「どうして三日坊主で終わってしまうのだろう」。そんな風に自己嫌悪になってしまう方は特に必見。習慣化できるコツを、目的別にご...

https://www.mylohas.net/2019/10/200086exercise_habits.html

その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

頑張って運動しているのに、なかなか体重が減らないのはなぜ? ダイエットの落とし穴について管理栄養士が詳しく説明します。

https://www.mylohas.net/2019/09/198628pvn_weightgain2.html

HealthDay News 2019年8月22日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?