1. Home
  2. HEALTH
  3. 風邪・インフルエンザのリスクを激減させる13の行動習慣

風邪・インフルエンザのリスクを激減させる13の行動習慣

30日間の風邪・インフルエンザ対策

4,232

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

冬の女性

まもなく12月。今年の冬は、風邪やインフルエンザ知らずで過ごせるよう、以下の行動習慣を実践しましょう。

  1. ガムや飲み物で常に「のど」を湿らせておく
  2. できるだけ「鼻」で呼吸する
  3. 1日11回「手」を洗う
  4. 手洗い後は「ペーパータオル」で完全に乾かす
  5. 乾いた手を「アルコール消毒」して完全に乾かす
  6. ワイヤー型のマスクを「1日1パック」以上(5~7枚くらい)使い切る
  7. 1日3回以上「うがい」をする
  8. 自分の「平均睡眠時間以上」寝る
  9. インフルエンザワクチンを接種する
  10. 無意識に「顔を触るクセ」をチェックして、やめる
  11. 本やペンなどの物品を「他人と貸し借り」しない
  12. 飛行機や新幹線は「一番後ろの席」を選ぶ
  13. 手洗い前に「鼻くそ」をほじらない

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

体調管理、万全に!

風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

管理栄養士が教える、風邪やインフルエンザ予防に役立つメニューは? 摂りたい栄養素、おすすめの食材、20分で完成する簡単献立つきでご紹介します。風邪の...

https://www.mylohas.net/2019/11/202333miho_nakamura02.html

風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

急な気温の変化がある季節の変わり目は体調管理が難しいものです。早めに風邪を防いだり、悪化させないコツを医師に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200513pvn_cold2.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら