1. Home
  2. HEALTH
  3. 実は効果なし? 風邪の特効薬と言われる「ビタミンC」の意外な事実

実は効果なし? 風邪の特効薬と言われる「ビタミンC」の意外な事実

30日間の風邪・インフルエンザ対策

1,589

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

ビタミンC

実は、医学的にはビタミンCの風邪予防・回復に対する効果はない、と指摘されています。ただし、ビタミンCにはコラーゲンの生成や傷の治癒、免疫系の強化など、身体にとっては必要な栄養素。

ビタミンCは摂りすぎても健康への影響はほとんどなく、尿と一緒に排出されますが、過剰に摂りすぎると下痢や胃腸障害の原因にも。

風邪をひいたときだけ大量補給をするのではなく、日頃からバランスのよい食事を摂り、サプリメントからではなく、食事からビタミンCを摂るようにする習慣が、いちばんの風邪予防につながります。

明日も「治し方のウソ・ホントシリーズ」をご紹介します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

栄養、ちゃんと摂れてる?

隠れ栄養失調になってない? 女性は積極的に摂るべき食材10

栄養価の高い食事をすることで、女性がかかりやすいとされている病気を防ぐことができるかもしれません。健康メリットが高い食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/193518pvn_healthiest2.html

1日3食を管理栄養士が診断。魚不足はどうカバーする?

編集部員の食生活を覗き見する企画、2人目は、免疫力をアップしたいという編集スタッフ。3食しっかり食べているつもりのようですが、管理栄養士から見ると改...

https://www.mylohas.net/2019/09/198567sp_nutrition_mealbalance02.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    2. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    3. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 簡単に作れて、日持ちもOK。食卓が華やぐバーニャカウダ

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. もうなんにも考えたくない日は「スープかけごはん」が食卓を救ってくれる

    1. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    4. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    5. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    6. 石田ゆり子さんがずっと「ピュア」な理由。大切にしている3つの基本的なこと

    7. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    8. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. 鶏むね肉を「もっと、ふっくらおいしく」。藤井恵さんが教える下ごしらえのコツ

    3. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    6. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    7. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 【心理テスト】春。ハッピーな出会いはどこにある?

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら