1. Home
  2. HEALTH
  3. 熱いお風呂で一気に汗をかけば、風邪が治る…それホント?

熱いお風呂で一気に汗をかけば、風邪が治る…それホント?

30日間の風邪・インフルエンザ対策

1,763

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

入浴する女性

これは、「条件付き」でOKです。風邪をひいたときにお風呂を「控えるべき」と言われる理由は、「湯冷め」が問題だから。急激に体を冷やすのは、風邪状態の人にとって最悪の状態です。

昔は脱衣所が寒かったり、ドライヤーがないなど、体が冷えてしまう環境にありましたが、今の時代はお風呂上りに急激に冷えるということはあまりないと思いますので、湯冷めさえ気をつければOKです。

むしろ、入浴はのどや鼻の加湿につながり、血行を促進して体の新陳代謝も促し、発汗作用もスムーズになるというメリットも。

ただし、38度以上の高熱、全身倦怠感、脱水傾向にあるときは、入浴は避けましょう

明日も「治し方のウソ・ホントシリーズ」をご紹介します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

効果的な入浴法は?

シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

肩や首のこり、だるさ、目の疲れなど、どうやっても取れない重い疲れ。それを解消できる「正しい入浴法」を温泉療法専門医が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/06/192217book_bath.html

研究でわかった、熟睡のための入浴温度とタイミング

アメリカの研究で、寝る1、2時間前の入浴が睡眠の質を向上させるという研究が報告されました。効果的に入浴するためのポイントやタイミングとは?

https://www.mylohas.net/2019/10/199748hld_sleep.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    4. マウンティングをしてしまうのは自己肯定感が低いから。弱い自分と向き合って

    5. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    6. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    7. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    8. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    1. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    2. マウンティングをしてしまう人の心の奥底にあるものは?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    5. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    6. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    7. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. もうしばらく「ウチのごはん」を公開します/イラストレーター こぐれひでこさん[Hello 2021, Thanks 2020]

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. 感染症対策にも効果?「しそ」はなるべく刻んで食べて

    3. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    4. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    5. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

    6. 体脂肪率や骨格筋量まで推定。服を着たまま写真を撮るだけでのアプリがすごい

    7. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    10. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら