1. Home
  2. HEALTH
  3. 風邪は人にうつせば治るってホント?

風邪は人にうつせば治るってホント?

30日間の風邪・インフルエンザ対策

1,794

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

他人と接触する

「課長の風邪うつされちゃいましたよ」
「ごめんごめん! おかげで俺の風邪はすっかり治ったよ!」

という会話を、よく耳にするでしょう。これは本当でしょうか?

風邪は、他人にうつして自分が治るということは絶対にありません。一般的に風邪の症状は、ピークから回復までに3日ほどかかります。

ピーク時に誰かと接していれば、3日後以降に自分の風邪が治り、相手が風邪を発症します。これが「人にうつして治った」と感じてしまうカラクリ。

風邪をひいたら会社や人混みなどに行くのをやめ、ウイルスをばら撒かないようにしましょう。

明日も「治し方のウソ・ホントシリーズ」をご紹介します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

長引く咳は要注意…?

長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

ちょっとした調子の悪さは大きな病気のサインかも。風邪かなと思っていた咳が、実は肺を圧迫するほどの腫瘍だったという女性の体験談をみてみましょう。

https://www.mylohas.net/2019/10/199715pvn_bronchitis.html

長引く咳だけじゃない。肺がんの意外なサイン8つ

アメリカでは肺がんで亡くなる人の最大20%が一度も喫煙経験のない人なのだそう。気をつけたほうが良い症状をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/08/172375lung-cancer.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    2. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    5. 驚くほど簡単だった。新生姜でつくるジンジャーシロップ。ジンジャーエールにも紅茶にも

    6. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    7. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    8. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    9. 人気料理家・栗原はるみさんが解決。料理下手でも自炊を続けるコツ

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    4. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    7. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら