1. Home
  2. HEALTH
  3. 風邪をひいたら抗生物質を飲む? 飲まない?

風邪をひいたら抗生物質を飲む? 飲まない?

30日間の風邪・インフルエンザ対策

1,050

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

薬を飲む女性

風邪をひいて病院へ行き、抗生物質を処方されたら要注意。抗生剤は「細菌」を殺す薬であり、「ウイルス」は退治できません。ウイルスを殺すのは「抗ウイルス剤」。風邪の原因の8割以上はウイルスですから、ほとんどの風邪に抗生剤は効かないのです。

効かないどころか、抗生剤を使うと腸内細菌の善玉菌まで殺してしまい、さらに薬に負けじと細菌が強くなり、「耐性菌」まで出現してしまいます。体内で着実に細菌が強くなっていくのです。

抗生剤が必要なのは、細菌性の咽頭炎や扁桃炎などの細菌感染症にかかったとき。あるいは風邪から二次的に細菌がのどの奥に入り込み、気管支炎や肺炎を起こしたときです。

風邪=抗生剤というのは間違い。ウイルス性の風邪には「症状を緩和する風邪薬」が正解です。

明日からは「治し方のウソ・ホントシリーズ」をご紹介します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

実は間違っているかもしれないあなたの健康常識

「健康習慣のビッグ5」とはコーヒー、ビタミンD、運動、ナッツ、瞑想のことである

健康におけるトピックは、この世の中でさまざまな情報があります。中には、ウソかホントかわからないようなことも混在していて、素人の私たちには判断できませ...

https://www.mylohas.net/2018/11/health_30.html

【問題】風邪やインフルエンザの予防にはビタミンCがいちばん?|健康のウソ・ホント06

健康におけるトピックは、この世の中でさまざまな情報があります。中には、ウソかホントかわからないようなことも混在していて、素人の私たちには判断できませ...

https://www.mylohas.net/2018/11/health_06.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    2. 寝てもとれない疲れをとる「神マッサージ」。側頭筋をほぐすだけ

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    7. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    8. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    9. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    10. 秋に摂りたい野菜はどれ? 「五臓」から考える体質改善法

    1. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    5. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    6. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    7. 寝てもとれない疲れをとる「神マッサージ」。側頭筋をほぐすだけ

    8. マウンティングをしてしまうのは自己肯定感が低いから。弱い自分と向き合って

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    5. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

    6. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    8. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら