1. Home
  2. EAT
  3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,645

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

風邪をひいた女性

image via shutterstock

風邪やインフルエンザなど、病気になったら、何を食べるとよいのでしょう?

前回に引き続き、医師や栄養士が、病気のときに早く回復するために食べているフードをご紹介します。

  1. オートミール
  2. ベイクド・ポテト
  3. 緑茶
  4. はちみつ
  5. シリアル
  6. スムージー
  7. ナッツや種は、こちら

8. エルダーベリーのシロップ

エルダーベリー

image via shutterstock

エルダーベリーは、アントシアニンという抗酸化成分を多く含むことから、伝統医学では、免疫力をつけるために使われてきました。

なので、『A Guide to Plant-Based Eating』の著者であるライアン・D・アンドリューさんは病気になると、エルダーベリーのシロップを飲むようにしているそう。

「エルダーベリーには抗ウイルス特性があり、風邪が長引かなくなります」とアンドリューさんは言います。エルダーベリーのシロップはそのままでも、ヨーグルトやオートミールに加えても美味しく食べられるそう。

9. チキンスープ

チキンスープ

image via shutterstock

ビラヌーバさんは病気のときには必ずチキンスープを飲むそう。「栄養が豊富に含まれているだけでなく、水分補給にも役立ちます」 とカイロプラクティックの専門職学位をもち、モダンホリスティックヘルスの院長であるエレナ・ビラヌーバさん。

「缶詰スープに多く含まれる添加物や化学調味料を避けるために、手作りのものにします」

ビラヌーバさんは、特有の栄養素が詰まった玉ねぎやにんにくをスープにたっぷり加えます。例えばにんにくには抗菌性化合物が含まれ、ウイルスや細菌と戦ってくれることが研究で示されています。

10. ショウガ

生姜

image via shutterstock

「ホリスティックの風邪薬として代表的なもののひとつがショウガです。その効能は、古代哲学書にも記されているほどです」とビラヌーバさんは言います。

今ではショウガには、健康をサポートする多くの活性化合物(ジンゲロールなど)が含まれていることが分かっています。特にショウガには、インフルエンザの症状としてよくある吐き気を抑える効能があります、とビラヌーバさん。

ビラヌーバさんは、胃がむかむかするときや、咳が出るときや、喉が痛くなり出したときなどに、薄切りにしたショウガを煮出し、お茶のようにして飲むそう。手軽に飲みやすいショウガ茶のティーパックもあります。

11. シナモンレーズン・ベーグル

ベーグル

image via shutterstock

管理栄養士のアレックス・カスペロさんは、病気のときには、バナナ、ごはん、アップルソース、トーストなどのシンプルで消化にいい食べ物を摂るようにするそう。

そんなカスペロさんがどうしても食べたくなるのが「シナモンレーズンのベーグルに、植物性バターを塗って、シナモンをふりかけたもの」。一食で11gのタンパク質が摂れ、なおかつ心も満たされる、この手軽なスナックがお気に入りだそう。

12. 柑橘類

柑橘類

image via shutterstock

おそらく分かり切ったことかもしれませんが、ライム、レモン、オレンジといった柑橘類にはビタミンCが多く含まれます。

ビタミンCは最強の抗酸化物質で、誰もが風邪をひくと(あるいはひきはじめを疑うと)たくさん摂るように心掛けるものです。ある研究では、実際にはビタミンCは風邪を予防することはありませんが、風邪の症状が出る期間を8~9%短くしていたことが明らかにされています。

ビラヌーバさんのお気に入りは、温かい紅茶に柑橘類を(時には柑橘類のエッセンシャルオイルも)加えたもの。特にたんがでるときにこれを飲むそうです。

13. 豆類

豆

image via shutterstock

「豆類には亜鉛が多く含まれます。亜鉛は、免疫機能をサポートする重要なミネラルです。また風邪やインフルエンザの症状を和らげてもくれます」とビラヌーバさん。

具合が悪いときには、ひよこ豆、レンズ豆、大豆などをこころがけて食べるようにするそう。また、豆類には食物繊維も多く含まれているので、しっかりおなかを満たしてくれます。

14. はちみつを加えたスコティッシュオートミール

はちみつオートミール

image via shutterstock

「子どもの頃によく食べていたせいかもしれませんが、おなかにもやさしく感じるので、病気のときには朝ごはんに食べるようなものが欲しくなります」とカスペロさん。「病気のときのお気に入りは、すりおろしショウガとはちみちを入れたオートミールです」

カスペロさんのおススメは、クリーミーな食感の「Bob’s Red Mill」というブランドのオートミール。腸内の善玉菌を増やし、がんの発症リスクを抑え、コレステロール値を下げる効果があるとされるベータグルカン食物繊維を、1カップあたり4g含んでいます。すりおろしショウガにも、吐き気などをやわらげる効果があります。

15. シナモンティー

シナモンティー

image via shutterstock

シナモンといえば有名な香辛料ですが、実はそれだけではないそう。

「体をあたためる効能があり、さらに風邪の予防などにも効果的」とビラヌーバさん。

実際にシナモンの抗菌作用と鎮痛作用が、上気道の炎症を抑えてくれます。ビラヌーバさんは、風邪を引いたときには、一日に2~3回シナモンティーを飲むことをすすめます。

体にやさしい食事を摂りたい

ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

コンビニでも買える、ダイエットやツヤ肌、疲労回復をねらった「栄養バランス調整おやつ」はいかがですか? いつもバタバタで、栄養バランスまでは気が回らな...

https://www.mylohas.net/2019/09/199292healthyfood.html

グルテン摂取が気になってる? ビールなど、控えるといい10の食材

グルテンフリーの食生活を行う場合、パンやパスタ以外にもグルテンが含まれる食品は多くあります。グルテンが含まれている意外な食品を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/10/200813pvn_gluten2.html

Lauren Del Turco/15 Best Foods to Eat When You Feel Sick, According to Dietitians/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?