1. Home
  2. BODY
  3. 鼻水の色が表す重大なサインとは? 緑色はやばい?

鼻水の色が表す重大なサインとは? 緑色はやばい?

30日間の風邪・インフルエンザ対策

2,739

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

鼻をかむ女性

鼻水は、透明、白、黄色、緑色と、色にバリエーションがあります。色だけでなく、サラサラ系やネチョネチョ系など、形状にも違いが。この、色や形状、粘り具合を確認すると体調悪化のシグナルを察知することができます。

実は、私たちの鼻の中では、毎日1~2リットルもの鼻水がつくられています。健康なときは透明でサラサラ。鼻に入った細菌やウイルスを排出する役割があります。

白い鼻水は、風邪の原因となるウイルスや、それらと戦った白血球の死骸が混じることによって発生すると言われています。白い鼻水が出たときは、風邪のひきはじめのサイン

黄色っぽい鼻水は、白いものよりもウイルスや細菌、白血球の死骸がさらに増加している状態。まさに今、免疫が機能し、ウイルスと戦っているサインです。すでに風邪をひいている状態です。

病原体が鼻の奥の「副鼻腔」という空洞に入り、炎症を起こして副鼻腔炎(蓄膿症)が発症し、膿の混ざった黄色〜緑色の鼻水が出ることがあります。

鼻水からのサインを見逃さず、体調を整えましょう。

明日は、「風邪感染リスクの高い危険な場所」について解説します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

体調不良解消のために摂りたい

体調不良を、みそ汁で解消。医師がすすめる「目的別」具材リスト

風邪やインフルエンザのウイルスに負けない抵抗力をつけるには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。そこで、医師・料理家の河埜 玲子先生がすす...

https://www.mylohas.net/2019/02/health_misosoup.html

冷えた体がポカポカに! 生姜を使ったクリーミーパンプキンスープ

身体の芯から温まるパンプキンスープ。こちらのレシピでは、今が旬の野菜のパワーがギュッと詰まっており、生姜のピリッとした辛さを残しながら、野菜の甘さも...

https://www.mylohas.net/2018/11/179718pumpkinsoup.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    6. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら