1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. シワやたるみ、肌トラブルを引き起こす前に。乾燥対策アイテム5選

シワやたるみ、肌トラブルを引き起こす前に。乾燥対策アイテム5選

知恵子

鏡を見ている女性

image via Shutterstock

シワやたるみなど、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因にもなる乾燥。美肌の大敵です。

「乾燥対策」と言っても、さまざまな方法が。目元や口元、髪といったピンポイントの乾燥対策をするのか、また足りないのは水分なのか油分なのか。秋になると真っ先に乾燥を感じる人も多い唇のケアや、お風呂での乾燥肌対策グッズなども。

今回は、いろんなタイプの乾燥対策に対応できるよう、5つの角度から、おすすめの保湿アイテムをピックアップしました。

肌あれ・乾燥を繰り返す敏感な肌に

イハダ 薬用とろけるべたつかないバーム

イハダ 薬用とろけるべたつかないバーム

乾燥などが原因で肌荒れを繰り返している場合は、角層の水分量の低下が原因かもしれません。とくに冬は肌のバリア機能が低下し、外からの刺激に敏感になりがち。困ったときは外部刺激から肌を保護し、肌トラブルを予防してくれるイハダの「薬用とろけるべたつかないバーム」がおすすめ。

不純物が少ない高精製ワセリンが荒れた肌を保護し、水分の蒸散を抑え、うるおいを長時間保ちます。ワセリン配合なのに特有のべたつきはナシ。ひと肌でとろけて、美容オイルのようになめらかに広がり、顔全体にピタッと密着します。抗肌あれ成分配合で、肌あれ・乾燥・ニキビなどの肌トラブルを予防。パラベンフリー、アルコールフリー。無香料、無着色です。

保湿力に優れたオーガニックのアルガンオイル

メルヴィータ ビオオイル アルガンタッチオイル

メルヴィータ ビオオイル アルガンタッチオイル

アルガンオイルは、モロッコの南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルです。現地先住民のベルベル族は「生命の実」として、美容剤や関節のマッサージなどにも利用してきたそう。保湿力に優れ、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど美容成分が豊富です。

メルヴィータの「ビオオイル アルガンタッチオイル」は100%オーガニックのアルガンオイル。ベタつかず、角質層のすみずみまでスムーズに浸透します。乾燥が気になる目の下や頬の下、口もとなどはもちろん、パサつく毛先やネイルケアなどのポイント保湿におすすめ。脱臭しているので、アルガンオイル初心者にも使いやすいのが特徴です。使いやすいロールオンタイプ。

エイジングケアに特化したフェイスマスク

ルルルンプレシャスGREEN 32枚入り

ルルルンプレシャスGREEN 32枚入り

乾燥肌のために、しっかり保湿したはずなのにまだ気になる大人肌には、エイジングケアに特化したフェイスマスクシリーズ「ルルルンプレシャスGREEN」があります。細胞老化・光老化・炎症老化に着目し、年齢を重ね、硬くなった肌をやわらかくほぐしながら整える、メンテナンスタイプです。

揺らがない22歳の皮脂を再現した植物由来の複合オイル・L22®を配合。そこに、肌の適応力を向上させてくれる最先端成分「コケ細胞培養エキス」もプラス。また、60種以上のミネラル、12種以上のビタミン、炭水化物やアミノ酸を豊富に含んだフランスの海藻由来のエキスを配合することで、ハリと弾力をもたらします。選び抜いた美容成分が贅沢に使われているマスクです。

潤った唇を保つ、高保水型持続ヴェール

ニベア ディープモイスチャーリップ

ニベア ディープモイスチャーリップ

唇の皮膚は角層が薄く、また水分保持機能も低いため、乾燥には特に弱いとされています。ふっくら潤った唇を保つためには保湿が必要。選びたいのは、ひと塗りでしっかりうるおう高保湿リップです。

ニベアの「ディープモイスチャーリップ」(医薬部外品)は高密着型持続ヴェール処方。つけた瞬間にうるおいが広がり、唇の体温でとろけて密着しつづけて、唇の荒れ・ひび割れを防ぎます。はちみつ、オリーブオイル、ローヤルゼリーエキスなど、5つの保湿成分配合。さらに、有効成分のビタミンE(血行促進成分)、グリチルレチン酸ステアリル(消炎成)、そしてUVカット成分も配合(SPF20・PA++)です。おやすみ前に厚めに塗ってリップパックもおすすめです。

全身うるおう濃密美容液風呂

バブ エピュール バスエッセンス

バブ エピュール バスエッセンス

欧米では入浴の温熱効果を高めるアイテムとして人気のエプソムソルト。有用成分のマグネシウムが体を芯から温め、発汗作用によるデトックス効果も期待されており、海外セレブたちの間でも注目を集めています。

そんなエプソムソルトに超微細炭酸をプラスした浴用化粧料が、バブの「 épur(エピュール)」。入浴効果を高め、滞った血流を促進し、代謝がアップ。冷えやだるさも癒します。さらに、ヒアルロン酸、コラーゲン、アルガンオイル、モイストエッセンス(保湿剤)の美容液成分を約80%配合。液体をバスタブにいれるだけで濃密美容液風呂に早変わり。全身すみずみまでつるんとうるおいに満たされます。香りはこだわりの天然ハーブアロマです。

乾燥が気になる前に始めたい美肌習慣

乾燥肌は、いまからケア。秋の乾燥に負けない美肌づくりは、タンパク質で

少しずつ季節が進み、乾燥などの肌トラブルも気になってくるのでは? 肌トラブルの理由として、「栄養不足」が原因であることも少なくありません。栄養不足の...

https://www.mylohas.net/2019/10/200147skincare.html

皮膚科医に聞く「乾燥肌」を変える7つの新習慣。洗顔料の選び方は?

いろんなトラブルを引き起こすカサカサ肌。早く治したいときどうすればよいか専門医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186452pvn_skin.html


    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由