1. Home
  2. HEALTH
  3. うがいをするときのNG行為は? 正しいうがいで風邪対策

うがいをするときのNG行為は? 正しいうがいで風邪対策

30日間の風邪・インフルエンザ対策

2,548

島田ゆかり

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

うがい

のどは常にウイルスの脅威にさらされています。風邪予防にはうがいを習慣化すること。うがいをすることで、ウイルスを洗い出すことができます。

以下の3ステップが、おすすめのうがい方法です。

  1. コップに水、もしくはぬるま湯を用意する
  2. 口に水を含み、正面を向いたまま「クチュクチュ」と口の中をすすいで吐き出す
  3. また口に水を含み、顔を上に向けて「がー」と声を出す(普通のガラガラうがい)

重要なのは「2」。うがいをするまえに口をゆすぐこと。いきなりガラガラうがいをすると、ウイルスをのどに流し込む危険性があるので、必ず口の中を一旦ゆすぎましょう。

なお、うがい薬には風邪予防の効果はありません。それよりも、水でよいので1日に何度もうがいをする方が効果的。トイレに行ったタイミングをうがいタイムにするのもおすすめ。

また、人混みや会議室などの密閉空間から出たとき、すぐに飲み物を飲むのはNG。一旦うがいをしてから飲むようにしましょう。

明日は、「触れてはいけない場所」について解説します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

手洗い・うがいのキホン

ガラガラうがいは風邪予防。では、ぶくぶくうがいは何予防?

口内炎はビタミンB2が不足していることが原因の場合があります。その時にサプリメントを飲んでもたいてい効果はありません。それよりも効果があるのが、「う...

https://www.mylohas.net/2019/05/189596stomach_19.html

風邪やインフルエンザ対策。あなたの手洗いに関する知識、本当に合っていますか?

風邪やインフルエンザの予防で重要な手洗い。その手洗い、合ってる?手洗いに関する知識が本当に正しいものなのか、この記事を読んでチェック!

https://www.mylohas.net/2018/11/179445wash.html

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    2. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 調味料を変えてみて。ツナ&たまごサンドをさらに美味しく

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    3. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    4. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    5. 石田ゆり子さんがずっと「ピュア」な理由。大切にしている3つの基本的なこと

    6. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    7. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    8. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. 鶏むね肉を「もっと、ふっくらおいしく」。藤井恵さんが教える下ごしらえのコツ

    3. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    4. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    5. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    6. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    7. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 【心理テスト】春。ハッピーな出会いはどこにある?

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら