1. Home
  2. BODY
  3. 舌が荒れて痛いのは風邪? 舌がはれる主な原因と和らげる方法

舌が荒れて痛いのは風邪? 舌がはれる主な原因と和らげる方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

舌を出す女性

舌が突然ふくらんだら、パニックになってしまうかも?

でも、怖がる必要はありません。「舌がはれる原因はいろいろありますが、ほとんどのケースは自然に治りますし、深刻ではありません」と、ウェブサイトでの医学アドバイザーも務める一般臨床医、クレア・モリソン医師。

でも、急にはれる、はれがひどい、はれと一緒にのどが締めつけられる感じがする、呼吸困難、めまい、気絶しそうな感覚がある場合は、命にかかわる状況かもしれませんから、すぐに医師の診察を受けます。

同様に、はれが長引いたり(10日以上とか)、悪化したり、気になる症状(疲れ、痛み、発熱など)が同時に出ているときも、必ず医師に診てもらう方がよさそう。

今回は、舌がはれる原因を専門家が教えます。

1.舌の傷が治りかけているから

舌のトラブル

image via shutterstock

「舌は、誤って噛んでしまったり、欠けた歯の尖った先が当たったり、矯正具や義歯、詰め物などのせいで、傷つきやすい部分です」(モリソン医師)

辛い食べ物や角張った食べ物も、舌が刺激を受けてはれる原因になります。酸性の食品(酸っぱいハードキャンディなど)や、スパイシーな食品(唐辛子やカレー)は特に。

解決策は、まず舌がはれる原因を取り除くこと(歯科医の助けが必要かもしれません、とモリソン医師)、氷で冷やす、イブプロフェンなどの鎮痛薬を飲む、感染を防ぐためにマイルドなマウスウォッシュを使うといった方法ではれを和らげます。

2.マウスウォッシュが原因

マウスウォッシュ

image via shutterstock

「歯磨きペーストやマウスウォッシュには、舌のはれにつながる成分が含まれている可能性があり、使用をやめるまで治りません」と話すのはロサンゼルスの認定皮膚科医、ツィポラ・シャインハウス医師 。

舌が「接触性皮膚炎」を起こしているわけで、よくある原因成分は、過酸化水素(歯のホワイトニング)、アルコール(マウスウォッシュ)、重曹(歯磨きペースト)、ケイ皮酸(チューインガムなどに含まれるシナモンの成分)です。

悪さをしている成分がわからない場合は、皮膚科医にアレルギーのパッチテストをしてもらって突き止めます(シャインハウス医師)。

3.アレルギー反応のサイン

エピペン

image via shutterstock

アレルギー反応は、体内に入ってきた何か、たとえばフルーツ、ナッツ、貝・甲殻類、ミルク、それに虫に刺されたときなどに対して、免疫系が過剰にはたらいてしまった結果で、モリソン医師によると、ヒスタミンの放出、小血管の収縮、組織内に体液がたまる、などが起こります。アレルギー反応のせいで舌、唇、顔がはれた場合は、「血管性浮腫」と呼ばれます。

アレルギー反応は、抗ヒスタミン薬か経口ステロイド薬で治療できます。しかし、アレルギー反応が激しいと、最悪の場合には呼吸困難になる可能性もあるため、何かに対して激しいアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こすとわかっている人は、「エピペン」というアドレナリン自己注射薬を携帯して、反応が起きたらすぐに注射しなければなりません。

4.薬の副作用によるアレルギー反応

薬を飲む人

image via shutterstock

舌のはれを含めてアレルギー反応を起こすとよく知られている薬は、「ACE阻害薬」という血圧の薬です。

「命にかかわる舌のはれが起きるおそれがあり、薬を服用している間は常に発生の可能性があります。初めて服用したときに起こるとは限りません」と、カリフォルニア州プロビデンス・セントジョンズ医療センターの耳鼻咽喉科医(ENT)で咽頭医のオミド・メディザデ医師 。

抗炎症薬(アスピリンやイブプロフェン)と抗生物質(ペニシリン、抗ウイルス薬)も、アレルギー反応を引き起こしかねません。「副作用が出たら、その薬の服用をやめることが大切です」(モリソン医師)。

すぐに治療してもらいますが、症状の激しさに応じて抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、アドレナリンの筋肉注射などの治療法があります。

続きます。

いつもと違う症状は注意

始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

脳の変化は、30代や40代から始まります。でも、研究によって、脳の力をアップする行動が明らかになってきました。それらの行動は、取り入れるのに遅すぎる...

https://www.mylohas.net/2018/09/174291alzheimers-disease.html

おりもののニオイが気になったら。注意すべきおりものは?

「おりもののニオイが気になる」「おりものの量が多くなった」「色が混じっている」など、人には言いにくい悩み。今回はおりものについて注目します。

https://www.mylohas.net/2018/05/strategy23.html

Krissy Brady/10 Weird Reasons Your Tongue Is Swollen, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由