1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット、アンチエイジング、疲労回復。鶏むね肉を食べるメリット

ダイエット、アンチエイジング、疲労回復。鶏むね肉を食べるメリット

3,922

横山智世

サラダチキン

最近、コンビニなどでよく見かける「サラダチキン」。手軽に購入できる上にダイエットの味方になる食材としても注目度されています。

そんなサラダチキンの原材料である「鶏むね肉」。実はダイエッターだけでなく、アンチエイジングや疲労回復にもよいと言われる食材です。「鶏むね肉」の魅力を、管理栄養士の水谷俊江さんが解説します。

高タンパク質・低脂質・低糖質・低カロリー!

鶏むね肉

「鶏むね肉」の魅力のひとつは、低カロリーであること。例えば、鶏むね肉を蒸して味付けされた「サラダチキン」で換算すると、以下のようになります。

食べ応えがあるのに1パック(100g)当たりのカロリーがおおよそ100kcalという低さ。

(「Diet Plus」より引用)

しかも、カロリーが低いだけでなく、私たちの体に必要な栄養素もしっかり。同じく100gに含まれる注目の栄養素は?

タンパク質は約22g。1食で必要とするタンパク質を十分にとることができます。さらに鶏の胸肉の糖質量は0g。そしてそして、脂質は1g未満皮付きの鶏もも肉の1/10の脂質量という、ダイエッターに便利でうれしい食品なのです。

(「Diet Plus」より引用)

余分な糖質や脂質が控えられることは、ダイエット中に限らずうれしいポイントですよね。

女性のウエスト

水谷さんは、「サラダチキンがダイエットに向く理由」として次の3つを挙げています。

  • 高タンパク質(1パックで1食分のタンパク質)
  • 低脂肪、低糖質、低カロリー
  • 手軽に手に入り、調理いらず

(「Diet Plus」より引用)

肌や髪、目によいビタミンAが豊富

サングラスをかけた女性

その他にも鶏むね肉には、女性にとってうれしい栄養素が豊富です。それは「ビタミンA」。

つややかな肌や髪、目、その潤いを保つ働きをするビタミンAが鶏の胸肉には多く含まれています。

(「Diet Plus」より引用)

その他、鶏むね肉には疲労回復効果があったり、鶏むね肉に豊富に含まれるタンパク質はメンタルの安定をサポートしたりといいことづくめ。タンパク質は体内にためておけないので毎食こまめに摂ってみてくださいね。

栄養の話をチェック

PMS、睡眠、脳の働きにも!? 知らなかった鶏肉の7つの話

生理前のPMS、睡眠、脳の働きやホルモンバランスにも鶏肉がいい!? 低カロリーで高たんぱくな鶏肉の知られざるパワーや簡単レシピを集めました。

https://www.mylohas.net/2018/08/172492chicken.html

肌や爪の健康を保つ! ビタミンAが豊富な15の食べ物

ビタミンAは免疫機能を助け、目や歯、骨、肌、爪の健康を保つはたらきがあります。コンスタントに摂るためにおすすめな食材15をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/08/172992vitamina.html

水谷俊江(みずたに としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由