1. Home
  2. BODY
  3. 女性が気楽に立ち寄れる地域のホームドクター/産婦人科医・船津雅幸先生

女性が気楽に立ち寄れる地域のホームドクター/産婦人科医・船津雅幸先生

Doctors

増田美加

船津クリニック・船津雅幸先生

「この不調、どこに相談したらいいの?」「病院では、どう対処してくれるの?」と悩む一方で、いざ病院に行こうと思ったとき、「どこがいいのかわからない」「ネット検索してもどこまで信用していいのかわからない」。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。

VOL.11は、どの年代の女性でも信頼できる身近なホームドクター。地域ならではのやさしい雰囲気のクリニックで、なんでも聞けて話ができる信頼関係が築ける産婦人科医、船津雅幸先生(船津クリニック院長)をご紹介します。

VOL.11 婦人科・内科/船津クリニック院長 船津雅幸先生

船津クリニック外観

  • 診察をするにあたって、大事にしていることは?

    思春期、更年期、さらに閉経後の老年期まで、すべての年代の女性が気軽に立ち寄れるクリニックを目指しています。婦人科は、ハードルがあって気楽に足を運べる場所ではないかもしれません。内診の怖さもあるでしょう。

    そこで、当クリニックでは、地域クリニックならではのやさしい雰囲気の中で患者さんとじっくり向かい合うことを大切にします

    大学医局在籍時代に、多くの地域中核病院に勤務した経験と、近年の医院での診療の積み重ねをいかして、女性の身近なホームドクターになりたいと願っています。

    患者さんがなんでも聞けたり、話せたりできる信頼関係を築きたいと思います。


  • どのような症状の患者さんへの診察が多いですか?

    船津クリニック 待合室

    思春期から老年期に至るまで、あらゆる世代の女性がいらっしゃいます。女性の健康をケアするレディースクリニックとして、心と体の両面に真正面から向き合い、じっくりと話し合って、ひとりひとりにとっての最良の治療法をみつけていきたいと思っています。

    たとえば、年代に関係なく多いのは、「ちょっと言いにくいのですが、痔が……」「産婦人科に行かなければとは思っていますが、内診がイヤで……」「デリケートな部分が痛む、かゆい、できものができた、よくわからないけど、ヘンな感じがする」「片頭痛がひどい……」「町の『がん検診』を受けようと思っていたのですが、申し込むのを忘れてしまって……」などの患者さんがいらっしゃいます。

  • 特に大切にしている診療内容(得意分野)は?

    船津クリニック 診察室

    婦人科全般、すべて大切にしていますが、月経痛、月経前症候群(PMS)や更年期に関する悩みのご相談にも積極的に取り組んでいます。

    低用量ピル(OC)、セカンドオピニオン、緊急避妊などの相談にも応じています。西洋医学的な診断や治療だけでなく、東洋医学的なアプローチで漢方治療も行っています。

    以下、具体的に当クリニックの特徴をあげます。

    更年期外来について

    更年期症状は個人差が大きく、周囲の人にもなかなか理解を得られず、ひとりでつらい思いをされている方が少なくありません。ホルモン補充療法(HRT)や漢方治療で悩みを解決できるよう治療しています。

    更年期の女性からよく受ける質問は、「本に載っている更年期の症状に似ているのですが、私は本当に更年期なのでしょうか?」「お小水が漏れてしまう」「腟から下がってきた感じがする、腟の出口に何か触れる」「最近元気が出ない、やる気が起こらない、人と話したり外に出たくない」「トイレが近く、トイレに行っても不快感がとれない」「夜中にトイレに何回も起きてしまう」などです。

    また、当クリニックでは、血栓症の即時診断が可能です。低用量ピル(OCや月経困難症治療薬)やホルモン補充療法(HRT)は、女性のQOL(生活の質)の改善に大変有効な方法です。しかし、血栓症のリスクも心配です。血栓症は大変まれではありますが、いつでも誰にでも起こる可能性はあります

    そこで当クリニックではDダイマー測定機器を導入しました。この検査で異常なければ、血栓症は否定できますので、安心して治療継続が可能です。

    ピル(OC/LEP製剤)外来について

    性成熟期(20代、30代)の女性にとって、月経関連の症状(月経痛、過多月経、月経前症候群など)は大変わずらわしいものです。

    女性のLife Design Drug(ライフデザインドラッグ)とも称されるピル(OC/LEP製剤)は、これらの悩みを一挙に解決できる安全な薬です。

    避妊効果は、確実で子宮内膜症の予防や治療にもなります。十分な説明やフォローアップを行っていますので、ぜひご相談ください。ジェネリック医薬品の用意もあります。

    人工妊娠中絶手術にMVAシステム(手動真空吸引法)を導入

    平成28年4月より当クリニックでの人工妊娠中絶手術に、体に優しく安全なMVAシステム(手動真空吸引法)を導入しています。

    妊娠初期の流産手術や人工妊娠中絶手術において、世界ではこの吸引法が強く支持されています。しかし、日本の実情は、世界から遅れていて、掻爬法32.7%、電動吸引法20.3%、両者の併用46.7%、その他0.3%という状況です。

    吸引法は、術後のアッシャーマン症候群(子宮内膜の癒着)のリスクを下げる安全な手術法で、手動吸引法は電動法にくらべて、内容物を確認しやすいメリットがあります。

    手術料金:132,000円(妊娠9週まで)

    子宮頸がん検診

    子宮頸がん検診は、ほかのがん検診に比べて、優れた点も多く、大変おすすめです。

    1. 痛みなく簡単に終わります
    2. 病変部位に直接触れる確実な検査です
    3. 前がん状態で発見可能で予防につながります

    子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

    小学校6年生から高校1年生対象の子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)定期接種が今も行われています。

    通常、当クリニックでは自費で17,340円ですが、公費負担ですので無料です。本当に大切なことは何か、しっかり見極めて行動に移してほしいです。心配なことは無料でご相談にのり、しっかり説明します。まずはご相談ください

    ※費用はすべて税込価格です。

  • 診療内容、料金目安、薬の処方方法は?

    診療内容(基本保険診療)

    <婦人科一般>

    思春期・更年期外来、更年期関連疾患(高脂血症、骨粗鬆症、うつ状態など)。婦人科腫瘍(子宮癌、子宮筋腫、卵巣腫瘍)、子宮内膜症、月経異常、月経前症候群(PMS)、帯下異常、性感染症、婦人感染症、不妊症、排尿障害(頻尿、尿失禁)、その他、子宮脱、外陰異常など。

    妊娠診断、妊婦健診(分娩は取り扱いなし。分娩施設は責任をもって紹介します)

    人工妊娠中絶(妊娠12週未満)

    避妊相談、緊急避妊(モーニングアフターピル)、低用量ピル(OC)外来

    <内科一般>

    専門的診察が必要と判断した場合は、直ちに専門医または総合病院を紹介

    レディースドック(自由診療・税込)

    ・婦人がん検診セット 10,200円

    子宮頸がん、子宮体がんの細胞診、経腟超音波検査を行います。

    ・性感染症(STD)セット 15,300円

    性感染症をスクリーニング。頸管・腟分泌物検査でクラミジア、カンジダ、トリコモナス、淋病検査をします。また血液検査で梅毒、B・C型肝炎、HIV(感染)をチェック。

    ・更年期・生活習慣病セット 5,100円

    閉経前後の卵巣機能低下に関連した病気や生活習慣病をチェック。脂質異常症、糖尿病、高血圧、肝機能異常、貧血、骨粗鬆症を対象とした血液検査、骨密度測定を行います。

    ・甲状腺機能検査 6,120円

    ・ブライダルセット 38,760円

    結婚前の女性としての身体をチェック。子宮頸がん検査(子宮頸部細胞診)、経腟超音波検査、乳房超音波、腟分泌物検査(鏡検・培養・クラミジア・淋菌検査)、血液検査(貧血・肝機能・脂質異常・甲状腺機能・糖代謝異常・HIV・梅毒検査・風疹麻疹抗体価)

    ・セカンドオピニオン(自由診療) 30分 5,100円

    ほかの産婦人科で診断、説明を受けた内容に対し、別の産婦人科専門医として意見・アドバイスをいたします。前医の説明を不十分と感じたり、質問しにくかったり、あるいは納得できない場合はご相談ください。原則的には、伺ったお話の内容をもとにした意見ですが、ご希望があれば当クリニックでも診察・検査を行います。

    院内薬局・専任薬剤師について

    薬剤師 船津裕子さん

    専任の女性薬剤師が院内にて応対。処方に関しても医師と薬剤師が相談のうえ、慎重に投薬を行っています。また、お薬カウンターでスキンケアについてもアドバイス。

    また、当クリニックの薬剤師は、日本家族計画協会「思春期保健相談士」認定を取得

    女性のヘルスケアに加え、思春期の子どもの心身の悩みにも対応。本人だけでなく、ご両親からの相談にも応じます。電話や窓口で予約。

    「患者さんが笑顔になって帰ってくれると、とてもうれしい」と薬剤師の船津裕子さん。

Doctorsをもっと読む

月経周期や更年期の不調対策、心のケアに定評/婦人科医・吉野一枝先生

月経周期や更年期の不調対策に定評があり、カウンセリングで心の相談にものってくれる産婦人科医、吉野一枝先生(よしの女性診療所院長)にインタビュー。いざ...

https://www.mylohas.net/2019/10/200037doctors_10.html

漢方医療を基本に診療する婦人科クリニック/婦人科医・頼建守先生

漢方医療で婦人科の病気を治療する、漢方の専門医でもある頼建守先生(漢方医療 頼クリニック 院長)にインタビュー。いざ病院に行こうと思ったとき、どこに...

https://www.mylohas.net/2019/08/196861doctors_09.html?mode=slide&p=4

船津クリニック外観写真

船津クリニック

診療時間:月・火・水・金/10:00~13:00 15:00~18:00、木・土/10:00~13:00
休診日:日曜、祝日
住所:静岡県富士市川成新町295
電話:0545-65-7272 原則予約制(当日の電話予約も可能)

Dr.船津

船津 雅幸(ふなつ まさゆき)先生
船津クリニック院長。昭和59年、昭和大学医学部卒業。医学博士。日本産科婦人科学会認定専門医、日本東洋医学会認定漢方専門医、母体保護法指定医師。昭和大学病院や亀田総合病院(現亀田メディカルセンター)、共立蒲原総合病院などの地域中核病院勤務の後、平成18年より現クリニックを開院。

インタビュー・執筆/増田美加(女性医療ジャーナリスト)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの