1. Home
  2. BODY
  3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,901

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

花

image via shutterstock

閉経が近づくと、何がおこるの?

いわゆる中年になると、女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンがあまり作られなくなります。アメリカの有名な総合病院クリーブランド・クリニックによると、これらのホルモンが急に減るために実に不快な副作用が現れ、数か月や数年も続く可能性があります。人生の後半に思春期をやり直すようなものと考えてみて。

ホットフラッシュ、頭がぼんやりするブレインフォグ、睡眠障害、怒りっぽくなるなど、閉経が近づいているサインについてよく知っている人もいるでしょう。でも、症状のリストを見るだけでは、実際にどれほど劇的な体験なのかは分かりませんし、閉経期のすべての症状が広く知られているわけではありません。それは女性にとってデメリットなのは明らか。

「もっとよく知っていたら、恐れや心配がかなり減っていたはず」と、米国カリフォルニア州サンクレメンテのジョディ・ワスキスさんは言います。

そこで、この先待ち構えているものに対してメンタル面で備えるために、極度の疲労感、原因不明のイライラなど、閉経期の驚くような症状を体験した女性たちに話を聞きました。

息や膣のにおいに悩むようになった

キャシー・パータクさん

キャシー・パータクさん

体がひどく臭くなりました。まるで何日もシャワーを浴びていないかのように!


カリフォルニア州オーバーンのキャシー・パータクさんが閉経期に最初に気づいたのが、これでした。「歯を磨いても、1時間もしないうちに息子から『ママ、息がとっても臭いよ』と言われました」。身体の悪臭はそれだけではありません。ホットフラッシュの後には、丸一日庭仕事をした後のようなにおいがしたそうです。

膣のにおいもありました。「パンツを下げるとすぐに、何日もシャワーを浴びていないようなひどいにおいがしました」(キャシーさん)

カンジダ膣炎ではありませんでしたし、女性用の衛生用品では、体が作り出すこの新たな悪臭にとても対抗できなかったばかりか、かえって事態が悪化したことも。

キャシーさんがいちばん悲観的で絶望していたときには、“自分はもう子どもが産めないから、こんな症状が一度に現れて、みんなから嫌われるようにしているのだ”とも思ってしまったとのことです。

臭い

一日2回昼寝をするようになった

リン・モントーヤさん

リン・モントーヤさん

老女のような気分でした……。


カリフォルニア州オレンジ郡に住むパーソナルトレーナーのリン・モントーヤさんは、閉経のせいで完全に疲れ果てた気分になりました。エネルギーが低下していると最初から気づいたわけではなく、疲れが徐々に忍び寄ってきたのです。

「ある日、クラスを教えていて、生徒さんたちとワークアウトをしていたら、途中で私はこう考えていました、『これはできない。どうしてもできそうにない。なんてハードなんだろう』って」とリンさん。そして毎日少しずつ、もっと疲れていきました。初めは一日に1回、昼寝が必要になり、それから2回になったそうです。

見かけも変わりました。ある日、インスタグラム用にキメて自撮りしていたとき、筋肉が見えないのに気づいたのです。こういった変化のすべてが6か月の間に起こり、リンさんは“違う人間”になったような気がしました

「閉経でそんなショッキングなことが起こるなんて、聞いたこともありませんでした。とてもゆっくりと老女のようになってしまい、それが本当にイヤでした」(リンさん)

続きます。

すてきに年を重ねよう

老化がこわくなくなる方法とは? 筋肉、脳、骨、漢方のエキスパートに聞いた

イラストレーターの上大岡トメさんによる『老いる自分をゆるしてあげる』。上大岡トメさんが老化を研究している医師をはじめ骨、筋肉、脳、漢方それぞれのエキ...

https://www.mylohas.net/2019/09/197781_tome_kamioooka.html

更年期になると、誰もが更年期障害になるの?【更年期のウソ・ホント】

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「ホルモン補充療法(HRT)の素朴な疑問」について、お届けしました。今回は、「...

https://www.mylohas.net/2019/06/strategy46.html

Madeleine Burry/5 Women Reveal the Thing That Surprised Them Most About Menopause/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?