1. Home
  2. MIND
  3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

10,399

MYLOHAS編集部

男女のコミュニケーション

images via shutterstock

──ライフハッカー[日本版]より転載

「感謝の日記」をつけるのは、いわゆる幸せになるためのメソッド的なものではありません。Greater Good Science Centerのレポート(PDF)でも示しているように、科学的に立証された精神的・情緒的・身体的な健康をも向上させる方法です。

一方、身につけるのが大変な習慣であり、ひとりでやっていると馬鹿みたいな気分にもなります。

「感謝を伝え合う」だけで、お互いの健康が向上する

感謝する女性

images via shutterstock

配偶者や恋人と暮らしている人は、ブロガーRaemonさんのやり方を試してみてください。1日の終わりに、パートナー(もしくは他の家族)と、その日あった楽しかったことや、感謝していることを、それぞれが3つ話します

それをするだけで、少し幸せになります。最初は、無理やりこの儀式をやっているような気になるかもしれません(よくないことがあった日は特に)。そんなときは、最初に嫌なことや不満を言ってもいいのです。

しかし、寝る前の儀式として不満を言っていると、おそらくあなたとパートナーは互いの不満を共有することになります。なので、感謝も必要。感謝することは、どのようなレベルでもいいのです。本当にどんな些細なことでもいい、とRaemonは言っています。

コーヒーカップに陽の光がキラキラと輝いているのが素敵だったとか、そんなことかもしれません。そのお陰で、保険会社にひどい目に遭わされたり、親友を怒らせたり、上司にクビにされたりすることが、なくなるわけではないかもしれません。

大抵の嫌なことは打ち消すことができます。

遠く離れた友人や家族とやるのも効果的

電話する女性

images via shutterstock

パートナーや家族と暮らしていない人は、仲のいい友だちと一緒にこの儀式をするもよし。もっと頻繁に話したいと思っている、遠くに住んでいる友だちがいる場合は、これは特に役に立ちます。

Raemonさん曰く、「日記をつけたり、毎日瞑想したりするよりも、会話の方が習慣にするのに楽」だそう。さらに「これは社会的習慣だ」とも言っています。

それに、その習慣をすることを思い出す人が、自分以外にもう一人いるのも心強いのです(私の妻はすぐにこの習慣に慣れ、いつも始めようと言いだします)。

夕食を食べるとか、歯磨きをするとか、夜にいつもすることと一緒にこれも行ないましょう。1日の終わりのいつもの会話の後でやると、「感謝の話」をしている間に話が脱線する可能性も低いです。

妻と私は、「おやすみ」と言う前や、就寝前の本を読む前に、互いに交わす最後の言葉として、ベッドの中で「感謝の話」をするのが好きです。

それからeBookを読んだり、Twitterを眺めたりしてもいいでしょう。よくない習慣があっても、いい習慣を築くことはできます。

コミュニケーションをスムーズにするコツ

悩みに「アドバイス」すると嫌われる? 相談ごとの、上手な聞き方

人から悩みを聞かされて、それに対して親身にアドバイスしても、うまくいかない場合が多いものです。悩み相談との上手な付き合い方についてご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/10/198856womensrelationship21.html

謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

「女」はほめることによって、「嫉妬もしない、相手のよいところを認める、性格のよい人」を演じることが多いです。「ほめる」「ほめられる」というコミュニケ...

https://www.mylohas.net/2019/10/198407womensrelationship15.html

[ライフハッカー[日本版]]

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由