1. Home
  2. BODY
  3. ただの「めまい」と自己判断しないで。実は脳腫瘍だった女性の話

ただの「めまい」と自己判断しないで。実は脳腫瘍だった女性の話

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,964

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

めまいがしている女性

image via shutterstock

部屋がぐるぐる回り始めて……。

激しいめまいに襲われた女性が、念の為救急に駆けつけたところ、実は大変な問題が隠れていました。実際におきたケースを紹介します。

失聴や顔面神経麻痺につながることも

NFLデトロイト・ライオンズのクオーターバック、マシュー・スタフォード選手の妻、ケリーさんにとっては大変な1年でした。2018年8月に娘が生まれて、3児の母となったケリーさんは、この春に脳腫瘍が見つかり、恐怖心を感じつつも緊急手術を受け、回復のさなかにあります。

4月の手術から数か月、ケリーさんはNBCのデトロイト地方局WDIVに出演し、「聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)」が見つかった恐怖の瞬間について話しました。聴神経腫瘍は良性の腫瘍ですが、失聴や顔面神経麻痺につながる場合があります。

「医師は、私が(脳腫瘍があると)気づいていないことを知っているのかどうか分かりませんが、MRI写真を取り出すなり、『これが脳腫瘍ですね』って」と、ケリーさんは朝のニュース番組『Today』のインタビューで話しました。

激しいめまいの発作におそわれた後、緊急治療室(ER)で診察を受けたときのこと。めまいは気絶しそうになるほど激しく、抱いていた赤ちゃんを思わずマシューさんの腕の中に押しつけたそう。「部屋がぐるぐる回り始めたみたいで、倒れるかと思ったわ」(ケリーさん)

ただの「めまい」だと思っていた!

ケリーさんはそのときまで、「回転性めまい」のせいでクラクラするのだと思い込んでいましたが、マシューさんは真相を究明しなければと思い至ったのです。ふたりはERに急行。

ケリーさんは脳腫瘍と診断されて、できるだけ早急に腫瘍を取り除く手術をする必要があると判明しました。手術は6時間の予定でしたが、結局12時間もかかりました。

マシューさんは不安で仕方がなかったそう。マシューさんの説明によると、「詳しい説明はなかったんだ。メールでは『ハードルが高く、手術は予想より2時間長引く見込み』という感じだったよ」

ケリーさんの回復中、マシューさんはかいがいしく付き添いを続けました。

「いつもそばにいてくれたわ」と、ケリーさん。小さな娘たち3人のエネルギーを前にしては落ち込んでいるヒマもなかったと付け加えます。「子どもがいると素晴らしいのは、くよくよなんかしてられないこと。立ち上がって、前に進まなきゃ、と奮い立たせてくれる」

それからまだ4か月ですが、ケリーさんはかつてないほど元気に。できる限り身体に気をつけて暮らし、ボクシングも開始。そして、家族のサポートにはどれほど感謝してもしきれないそう。「自分を駆り立てて、チャレンジすることができる。間違いなく、家族からの最高のサポートを受けているから」

そんな勇気と強さには励まされます。毎日もっと強くなりたいですね。

体の不調は病気のサイン

生理じゃないのに下腹部痛? 「子宮内膜症」のサインと具体的な治療法

最近生理がひどくなったような? それは子宮内膜症のサインかもしれません。早期に発見できるように、医師が教える子宮内膜症に見られる主なサインを知ってお...

https://www.mylohas.net/2019/10/197003sp_womens_diseases_pvn_endometriosis2.html

だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

不調に気づきにくいと言われる甲状腺は、身体の中でも重要なものの一つ。わかりにくい不調のサインを知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/191629pvn_thyroid2.html

Leigh Weingus/Kelly Stafford Says She Thought She Had Vertigo Before Her Brain Tumor Diagnosis/ STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 若い人にも関係ある「高血圧・低血圧」。めまい、吐き気を感じたら...

    3. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    4. お尻を美しくひきしめる「橋のポーズ」。肩こり解消にもいい!

    5. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    6. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    7. 白髪の元凶はストレスにあり。増やさないための予防方法は?

    8. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    9. エリザベス女王はステーキが好き。毎日の食生活を覗き見!

    10. 寝不足で頭が働かないと感じるのは気のせい?

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    3. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    4. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    5. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    6. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    7. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    8. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    9. 若い人にも関係ある「高血圧・低血圧」。めまい、吐き気を感じたら...

    10. あなたの亜鉛不足を簡単チェック。肌荒れ、抜け毛、味覚が変わった...

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    7. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    8. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ