1. Home
  2. SPORTS
  3. スポーツ選手のマネージャー・小立 恵さん|My Favorite Sports vol.035

スポーツ選手のマネージャー・小立 恵さん|My Favorite Sports vol.035

My Favorite Sports

まついただゆき

小立恵

▼名前:小立恵
▼年齢:40歳
▼職業:スポーツ選手のマネジメント(株式会社RIGHTS.勤務)
▼ハマっているスポーツ:トライアスロン
▼競技歴:2年半
▼頻度: ランは週4~5回、スイムは月1回、バイクはご無沙汰。レース数ヶ月前からは、それぞれの種目を週2~3回まんべんなく。
▼SNS:Instagram

誰と一緒にやっていますか?

小立恵

日々のトレーニングはひとりが基本です。


トライアスロンを始めたきっかけは?

kodachi_icon

もともとマラソンを走っていて、何度かサブ4(4時間を切ること)を達成したのですが、サブ3.5の壁が自分には高すぎて目指す気にもなれませんでした。
ホノルルマラソンを10回完走した節目に新たな目標が欲しくなり、海が好きだから次はトライアスロンかなと。
ちょうどその頃、マネジメントを担当しているパラリンピアンの谷真海選手がパラトライアスロンに競技転向し、私も興味あると伝えたら、お古のバイクを譲っていただけることに。高価な自転車いただいたら、やらないわけにいきませんよね(笑)。


トライアスロンを始めてよかったことは?

kodachi_icon

トライアスロンはとても過酷なイメージがあり、とても怖かったけど、勇気を出してオリンピックディスタンス(総距離51.5km)のレースに参加してみたら、もう終わり? と、あっという間で。ただただ楽しい! 気持ちいい! に変わりました。
マラソンのほうがむしろ過酷で、長い修行のようです。
使う筋肉は3種目それぞれ違うので、疲労も分散されます。体のダメージでいうとハーフマラソンかもっと少ないくらい。それなのに周りの反応は、「トライアスロン完走したの? すごい!」って言っていただけるから、なんだか得した気分です。


トライアスロンをするうえで憧れの人物は?

kodachi_icon

トライアスリートはエネルギッシュでポジティブオーラあふれる素敵な方がたくさんいます。みなさん、仕事も全力で、うまく両立されている姿は尊敬するし、いつも刺激をいただいています。


トライアスロンの楽しいと思うところは?

kodachi_icon

海、大地、風を全身で味わえる喜び。地球に遊んでもらってる感覚。


トライアスロンの難しいと思うところは?

kodachi_icon

バイク練習です。都内だと交通量が多くて怖いので、ほとんど乗れていません。いつも大会が近くなってから、慌てて車や人の少ない早朝に練習しています。それ以外の時は部屋のインテリアと化してますね。


トライアスロンをするうえでのお気に入りアイテムは?

ホカオネオネ

kodachi_icon

最近はホカオネオネのシューズがお気に入りです。プレゼントでいただいたのもあって、今年だけでいつの間にか3足も!
フワフワで優しく包まれている感覚なのにぶれないところが最高です。あと、身長が低いので、これを履くと厚底で背が高くなれるところも気に入っているポイントですね。


トライアスロンに興味を持っている人へメッセージをお願いします

kodachi_icon

マラソンだと、「目標タイムは〇時間!」とか、「ベストタイムはどのくらい?」がランナーの間での合言葉のようになっていますが、「トライアスロンは土地や気候によって変わってくるからタイムなんて気にしない、完走したらみんな同じトライアスリートだよ」と言われたことがあって、ふっと気持ちが軽くなりました。
マラソンのようにもっと気楽にチャレンジして、完走したときの気持ちよさを多くの人に味わってほしいです!


ご自身にとって、トライアスロンとは?

kodachi_icon

新しい世界を見せてくれたもの。


トライアスロンを愛する女性たち

Zone3 ディストリビューター 北川麻利奈さん|My Favorite Sports vol.002

MYLOHASと近しい世代の方々に、好きなスポーツをお伺いする連載「My Favorite Sports」の2回目は、トライアスリートでもある北川さ...

https://www.mylohas.net/2018/02/160365.html

コーヒーショップ マーケティングディレクター粂原法子さん|My Favorite Sports vol.003

MYLOHASと近しい世代の方々に、好きなスポーツをお伺いする連載「My Favorite Sports」の3回目は、トライアスリートでもある粂原さ...

https://www.mylohas.net/2018/02/myfavoritesports_003.html

撮影/内山めぐみ

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由