1. Home
  2. EAT
  3. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

ポジティブ栄養学

9,180

吉川圭美

楽しそうな女性たち

「最近、肌の調子がいい!」と気分上々だったのに、数日後にはイライラが止まらない。そしてある日を境に、憑き物がとれたかのように怒りが消え、穏やかな気持ちを取り戻す……。月ごとに繰り返されるリズムに、女性の心と体は大きく左右されます。

この周期を作り出しているのが、女性ホルモン。艶やかな肌や髪などを作り出すエストロゲン、子宮内膜をやわらかくし受精卵が着床しやすいようにするプロゲステロンのふたつのホルモンが、日々バランスをとっています。

なくてはならない大切なホルモンだからこそ、バランスが崩れないよう、良好な状態をキープしておきたいところですが、そんな女性ホルモンの材料がコレステロールであることは、あまり知られていません。

コレステロールは身体にとって必要な「材料」

女性ホルモン

脂の一種でもあるコレステロール。女性ホルモンや男性ホルモン、成長ホルモン、そしてストレスと闘う抗ストレスホルモンの材料となります。細胞膜の材料でもあり、特に脳や神経系の細胞に多く存在しています。

さらに免疫やメンタルの安定に欠かせないビタミンDや、アンチエイジングに関わる栄養素コエンザイムQ10を体内で作るための材料になったり。食事で摂った脂を乳化して吸収しやすくする、胆汁酸の材料としても必須です。

ホルモンの材料が足りなくなってくれば、当然これらの仕事がしにくくなります。毎月の生理にも影を落とすことに……。

さらに見逃したくないのが、女性ホルモンと抗ストレスホルモンは同じ材料からできているということ。 体内でホルモンを作るには優先順位があり、材料のコレステロールは、命に関わるところから順に回されていきます。

順位が高いのは、女性ホルモンではなく抗ストレスホルモン。人間にとってストレスとは、それほどまでに大きな脅威であることがわかります。 これはストレスが多いほど、女性ホルモンが作られるチャンスは減る、ということを意味します。「仕事でストレスが多い時期ほど生理にまつわるトラブルは増える」という経験を持つ人も、少なくないかもしれません。

見過ごされがちな「コレステロール不足」

肉と卵が入ったサラダ

コレステロールは脂ですが、体内をスムーズに移動できるよう、タンパク質に包まれています。そこでポイントとなるのがタンパク質もセットで摂ること。そういう意味でも、やはり卵は理想的な食品と言えます。そして、タンパク源として魚や大豆製品もいいですが、肉もぜひ食べてほしいところです。

ネガティブなイメージのせいか、コレステロールの摂りすぎを心配する声が多いのですが、そもそも体内にあるコレステロールの8割は、自前で、肝臓で作られているのです。食べ物によって補給される量はたったの2割。しかも、食べ物から供給されるコレステロールの量が増えたら、自前で作る量を減らしコントロールしてくれます。

確かに多すぎるのもよくありませんが、さまざまな方のお話をうかがっていると、コレステロールが不足しているのでは、と感じることも少なくありません。

コレステロールを極端にカットする行為は、ホルモンのバランスを乱すことにも繋がります。大切なものであることを知ってもらえたらと思います。

今回が連載最後の記事となります。これまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。またどこかでお伝えできることを楽しみにしています。

女性ホルモンについて、もっと知りたい

医師に聞いた、女性ホルモンを味方にするダイエット法。やせやすい時期は?

食事と女性ホルモンの関係にくわしい、婦人科医で成城松村クリニックの院長 松村圭子先生に、生理周期を生かしたダイエット方法についてうかがいました。

https://mylohas.net/2019/10/199768sp_womens_diseases_diet01.html

生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

気になる生理についての疑問を女性のための総合ヘルスクリニック・イーク表参道 副院長で、産婦人科専門医の高尾美穂先生に答えていただきます。

https://mylohas.net/2019/10/200254sp_womens_diseases_basic02.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由