1. Home
  2. EAT
  3. 巷でよく聞く「グルテンフリー」。パン・パスタ以外に避けるべき食品は?

巷でよく聞く「グルテンフリー」。パン・パスタ以外に避けるべき食品は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,016

Maya A. Kishida(翻訳)

サンドイッチ

グルテンフリーとは?

グルテン(小麦、ライ麦、大麦やこれらの穀物に由来する食品等に含まれるタンパク質)の摂取をやめることで、最近はグルテンフリーを掲げた食材も増えてきています。

医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

朝起き上がれないほどの慢性疲労や、万病のもととして注目される「副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)」。前編に続き、後編では、副腎を疲れさせる習慣や食...

https://www.mylohas.net/2018/09/173536adrenal_fatigue02.html

セリアック病やグルテン過敏症の治療のために、グルテンフリーの食事をしている人もいるでしょう。

でもグルテンフリーというのは、パンやパスタを食べないようにするだけでは不十分。フレーバー付のアイスクリーム、加工肉、さらにはしょうゆなど、グルテンは多くの意外な食品に含まれています。

「成分表を見る際に小麦だけに注意すればいいのではありません。スペルト小麦、セモリナ、カムート、大麦、ライ麦、モルト(麦芽)などにもグルテンが含まれています」と話すのは、認定管理栄養士のアン・ローランド・リーさん。リーさんは、コロンビア大学セリアック病センター栄養医学の准教授で、摂食障害の栄養指導なども行っています。

実際に多くの食品がとろみや風味をつけるのにさまざまな種類の穀物を使用しています。たとえば大麦も、モルトフラワーや麦芽シロップといった形で飴やチョコレート、ミルクシェイク、プロテインバーなどにも含まれていることがあります。

何としてもグルテンを避けたい人のために、グルテンが含まれている意外な食品を集めてみました。

1. ソース、調味料、グレイビーソース

ソース

市販のソースや合わせ調味料は、とろみを出したり風味を加えたりするために少量の小麦や小麦でんぷんを使用している場合があります。「バーベキューソースやタコス用シーズニングにも小麦の代替品がフレーバーとして加えられていることがあります」(リーさん)

チーズ風味のアルフレードソースやマカロニ&チーズなど、クリームベースのパスタソースにも、牛乳とバターを混ぜてルーを作る際に小麦粉を使っているかもしれません。さらにターキーなどに添える缶詰のグレイビーソースの多くにも、とろみをつけるために小麦粉を使っているものがあります。

2. ビール

ビール

ビールの原料としてグルテンを含む様々な穀物が使われていますが、最終的な醸造過程で蒸留されることはないため、ほとんどのビールは特に明記されていない限りグルテンフリーではありません。つまり、ラガービール、スタウトビール、エールビール、麦芽酒は、残念ながらセリアック病の人は避けなくてはいけません。ただし、ワイン、ハードリカー、蒸留酒などはグルテンフリーです。

しかしリーさんは、セリアック病やグルテン過敏症の人は、グルテンを取り除いたと明記されているビールも避けるべきだと指摘しています。

また、シードルエールにも気をつけたほうがよさそうです。シードル自体にはグルテンは含まれていませんが、シードルエールはグルテンが含まれた穀物で醸造したエールをシードルに混ぜ合わせているからです。

3. 加工肉

サンドイッチ

ハムやサラミなど、肉製品の加工や保存の際に少量のグルテンを使用している可能性があるので、小麦、ライ麦、大麦などの派生物が含まれていないか成分表示を注意して読みましょう。しかし最近では、グルテンフリーの加工肉も多く販売されているとリーさんは言います。

「私は患者にサンドウィッチは手作りするようアドバイスしています。なぜならデリなどでサンドウィッチを注文した場合、間接的にグルテンを摂取するリスクが高まるからです」(リーさん)

続きます。

もっと知りたい、グルテンのこと

健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

簡単で便利に食べられる食材はついつい多く摂ってしまいがち。食品の裏事情を知る人はそういったものを避けている場合も。体のためによいもの悪いものを知って...

https://stg.mylohas.net/2019/08/195924pvn_50foods3.html

栄養療法のプロが教える、健康のために抜きたい食品4つ

「栄養は、何を摂るかより、何を摂らないかを決めるほうが簡単で効果的」と話すのは、栄養療法外来を設ける宮澤医院の宮澤賢史先生。健康のために抜きたい食品...

https://stg.mylohas.net/2019/09/199038sp_nutrition_nutritiontherapy02.html

Tiffany Ayuda/10 Sneaky Foods That Contain Gluten—And What to Do About It /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由