1. Home
  2. BODY
  3. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

36,944

Maya A. Kishida(翻訳)

体重計に乗る女性

image via shutterstock

ダイエットを始める時、「いますぐに体重を落としたい」と誰もが思うもの。

1か月でやせるのは無理とは言いませんが、どのくらいの期間で何kg落とせるかというのは、ごく限られた条件に左右されます。そう話すのは、ニューヨーク市で食生活の改善プランなどを提供している「フードトレイナーズ」の設立者で認定管理栄養士のローレン・スレイトンさんです。

実際、1か月でどのくらいの体重を落とすことが可能なのでしょうか。前編に引き続き、リバウンドを防ぐためにも知っておきたい現実的な数値を専門家に聞きました。

Q1. 短期間に体重を減らすことはできるの?
Q2. ダイエット開始後、すぐに体重が減るのはなぜですか?
は、こちら

Q3. 1か月で減る体重の限界は?

マイロハ子

マイロハ子

あと1か月しか猶予はありません。最大で何kg減らすことができるでしょうか?


「体重は長期にわたってかなりゆっくり減少してくものなので、1週間で0.45kgから1kgほど減ることはあるかもしれませんが、それが毎週減り続けることはありません。1か月で2kg落ちるというならありえます」。このスレイトンさんの意見は、米国疾病管理センター(CDC)の見解とも一致しています。

でも、スレイトンさんは断言できないと言います。なぜなら、この問題にはあらゆる要素が関係してくるからです。「目標を持つのはすばらしいことですが、ふたりの被験者が2週間同じような食事をしたとしても、体重の減り方は異なります。あなたはどんな風に体重が減るタイプですか? それを把握するのが先でしょう」

Answer 2kgならありえます。

Q4. 1か月以内でも体重は落とせるの?

マイロハ子

マイロハ子

1か月なんて待てません! 1か月よりも早く体重を減らすことは可能でしょうか?


ボストンメディカルセンター栄養および体重管理センターのディレクター、キャロライン・アポヴィアン医学博士いわく、極端な方向に走って体重が少々落ちたとしても、それはいいことではないとのこと。

「1週間や1か月で体重を落とそうとすると、リバウンドが来ます」。これは事実です。

おまけにすぐに体重が減る場合、脂肪だけではなく、筋肉も失われてしまいます。筋肉はカロリーを燃焼するのに必要なもの。

つまり代謝が遅くなり、カロリー摂取制限を続けたとしても、そのような減らし方では体重が再び元に戻ってしまうどころか。前よりも増えてしまうのです。

Answer リバウンドが来ますよ!

「筋肉量を増やす」ことに集中して!

体重計を捨てる

image via shutterstock

肥満が理由なのではなく、美容のために数kgやせたい人の場合は、「体重計には注目しないこと」とアポヴィアン医師。

自分がどういう風になりたいのかについて考えること、つまり「どうやって脂肪を減らして、筋肉量を増やせばいいのか」を考えることが一番。体を鍛えれば代謝率が上がるので、体重を落とした状態をキープできる可能性も高まるはず。

これは、体重計なんて橋の下に投げ捨ててしまえということではありませんよ。「体重計に乗って、どんな状態なのかチェックするのはかまいません。ただし私は、1週間で0.5kg以上やせましょう、というようなことは言いません。ちょっとでも体重を落としたい人に伝えているのは、筋肉に抵抗(レジスタンス)をかけるような運動をしましょう、ということです」

結論:1か月に2kgほどやせるのは妥当ですが、それでも毎月減っていくことはないでしょう。体重を落とした状態を維持するためにも、筋肉量を増やしましょう。

レジスタンストレーニングは大事

筋肉博士が伝授。「筋肉」を鍛えたほうがいい理由

筋生理学者の石井直方教授(東京大学教授・理学博士)に、トレーニングで筋肉が鍛えられるメカニズムや、筋肉を鍛えるメリットなど筋肉に関する基礎知識をうか...

https://www.mylohas.net/2019/07/194958sp_muscle_basic01.html

かしこい筋肉強化のコツ。女性がトレーニングで気をつけたいこと

筋生理学者の石井直方教授(東京大学教授・理学博士)に、筋肉トレーニングをさらに効率アップする方法を教えていただきました。

https://www.mylohas.net/2019/07/194966sp_muscle_basic02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由