1. Home
  2. BODY
  3. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,296

Maya A. Kishida(翻訳)

体重

「一週間で体重が4.5kgも落ちた!」、「20日間で9kgやせる!」

うまい話に乗せられて、あっという間に軽くなったのは、大金を払った後の自分のお財布だけ……そんな経験をしたことはありませんか。

やせるのは無理とは言いませんが、どのくらいの期間で何kg落とせるかというのは、ごく限られた条件に左右されるもの。そう話すのは、ニューヨーク市で食生活の改善プランなどを提供している「フードトレイナーズ」の設立者で認定管理栄養士のローレン・スレイトンさんです。

男性のほうが体重を落としやすい

料理をする男女

スレイトンさんいわく、まず知っておきたいことは、「落とせるだけの体重が十分にある人」や「男性」は早く体重を落とせるということ。

え、それは不公平! って思いますよね。男性は、筋肉量が女性にくらべて多いのです。

0.5kgの筋肉は0.5kg以上の脂肪を燃焼します。例えば体重が68kgの男性の場合、同じ体重の女性にくらべてよりカロリーを燃焼。別の言い方をするなら、男性の基礎代謝率(ただ座って生きているだけで体がカロリーを燃焼する比率)は高めの傾向にあるということです。

今回は、そんな女性のダイエットと体重に関する疑問に対して、専門家がお答えしましょう。

Q1. 短期間に体重を減らすことはできるの?

マイロハ子

マイロハ子

数kgやせたいと思っている女性です。1か月にどのくらい体重を落とすことができますか?


まず、それはあなたの体重や過去の体の状態にもよります。“大学生の頃から体重がずっと63kgだった人が2kg増えた”というのであれば、元の体重に戻すのは妥当でしょう、とスレイトンさん。

でも、“体重が63kg以下になったのは中学生の時が最後”という人が、急に59kgになりたいと言っても、そう簡単にはいきません。たとえそれが、身長に対して「健康的な体重」としてもです。

「BMIのチャートよりも、過去の体の状態のほうがより多くのことを教えてくれるんですよ」(スレイトンさん)

認めたくない現実も受け入れましょう。たとえどんな体重であろうと、体はその体重を維持しようとします、と話すのはボストンメディカルセンター栄養および体重管理センターのディレクター、キャロライン・アポヴィアン医学博士です。

アポヴィアン医師は、3か月で体重の5%を落とすのを目標としている肥満の人々を診察しています。楽しく飲み食いした夜をなかったことにしたくてカロリーの大部分を制限すると、体はあなたが飢餓状態にあるのと同様に判断します。そうすると、さまざまな体の器官がカロリーの燃焼を遅らせるようになり、特定のホルモンが不安定になって何よりも食欲が増進する、ということが研究でわかっています。

Answer 体重が多い期間が長いと、急には減りにくい。

Q2. ダイエット開始後、すぐに体重が減るのはなぜですか?

マイロハ子

マイロハ子

ダイエットを始めたら、すぐにたくさん体重が落ちました! 喜んでいいのでしょうか?


どのくらい体重が減るかというのは、今まであなたがどんなものを食べてきたかによります。

ファストフードが大好きだったり、加工食品の炭水化物をたくさん食べてきた人が、急にそれらを食べるのをやめたなら、最初の週に2kgくらいは急激に減るはず。しかし、そのほとんどは体が保持していた水分です。

よい点としては、再びジャンクフードを食べたりしなければ、水分の体重は減ったままの状態を維持できるはずです、とスレイトンさんは言いますが、体重が大きく変化するには2か月くらいかかるでしょう。

Answer それは水です。2か月後の変化を待ちましょう。

続きます。

上手にダイエット

ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

コンビニでも買える、ダイエットやツヤ肌、疲労回復をねらった「栄養バランス調整おやつ」はいかがですか? いつもバタバタで、栄養バランスまでは気が回らな...

https://www.mylohas.net/2019/09/199292healthyfood.html

医師に聞いた、女性ホルモンを味方にするダイエット法。やせやすい時期は?

食事と女性ホルモンの関係にくわしい、婦人科医で成城松村クリニックの院長 松村圭子先生に、生理周期を生かしたダイエット方法についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2019/10/199768sp_womens_diseases_diet01.html

Stephanie Dolgoff/Here's How Much Weight Is Realistic to Lose in a Month, According to Experts /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由