1. Home
  2. BODY
  3. 『月曜断食』効果が出やすい人は? 平行してやるといいこととは?

『月曜断食』効果が出やすい人は? 平行してやるといいこととは?

4,152

増本紀子

monday_shutterstock_137626037

ベストセラーになり、何度もテレビなどで取り上げている話題の健康法、『月曜断食』。「運動嫌いのグルメ大好き。美容ライターが5か月で8キロ減量できたわけ」「月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと」で紹介したとおり、5カ月で8kg、トータル9.6kgマイナスを達成した美容エディター・増本紀子が、著者の関口 賢先生にインタビューすることに。体験者ならではの疑問や続けるためのコツなどをとことん聞いてきました。

月曜断食の基本ルールとは?

月曜は水だけで過ごす「不食日」、火~金曜は「良食日」、土・日曜は「美食日」。このルールに基づき、食事を工夫すること。

・月曜日は朝・昼・夜を抜いて24時間何も食べない。
・とくに火曜日の朝は、ヨーグルト+果物、またはスムージーを摂る(それ以外のものは食べていない)
・食事は咀嚼したときにこぶし1〜2つぶんになる量を守っている。
・食べ過ぎた日の翌日は、夜断食を実践している。
・夜のお酒は、缶チューハイなら1缶、ワインなら1〜2杯、ウォッカ・ジンはできるだけ生のフルーツをしぼり、飲むのは1杯程度にとどめている。
・1日に1.5〜2ℓのお水を飲んでいる。
・夜は12時までに眠っている。
『月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! 』より

「月曜断食」の目的とゴールはどこに設定するべき?

monday04_shutterstock_1377183365

銀座にある治療院「ハリエット ギンザ」で、関口先生のインタビューは始まりました。

関口先生

関口先生

増本さんは、実際に月曜断食を行ったんですよね。


増本さん

増本さん

はい。5カ月で8kgウエイトダウン、最高で9.6kgのマイナスに。ただ、先生の著書の目標としての体脂肪率を目指した結果、パーソナルトレーニングを始めたので、体重の減りは止まってしまいました……。


150_sekiguchi_ha241

理想の体重という数値をゴールとするのも、もちろんひとつだとは思います。でもそれだけではなく、僕は“月曜断食のいいとこ取り”をして、生活習慣を見直すきっかけにしてほしい、と思っているんです。ライフスタイルに合った形で取り入れている人が、一番安心して見ていられます。


150_masumoto

じつは私も、それほど厳密にメソッドを守っているわけでもないんです。会食が多いので、良食日の「夜、野菜だけ」というのはなかなかできなかったですし。それでも最初の2カ月で5kgマイナスになりました。でも、1日の断食では効果が出ますが、夜だけの断食では、まったく減らないんですよね……。


150_sekiguchi_ha241

1日断食を行うのは、3~4回分の夜断食と同等の効果があると思っています。月曜断食を通じて、「1日胃腸を休ませる」ことの大切さを知ってもらいたいです。

効果が出やすい人、出にくい人。その傾向とは?

monday06_shutterstock_1326204884

150_masumoto

体重が落ちやすい人の傾向はありますか?


150_sekiguchi_ha241

体内にたまりすぎた不要な「水」と「熱」が、気と血の巡りを悪くし、不調を起こしている、東洋医学でいうところの「湿熱」体質の人は、比較的効果が早くあらわれやすいようです


150_masumoto

水を1日1.5~2リットル飲み、排出することで、巡りが良くなるのでしょうか。では逆に、なかなか体重が落ちにくい人は?


150_sekiguchi_ha241

まず、「もともと基礎代謝が低い人」ですね。血流が悪いので、腸の動きがよくないからです。
月曜断食で、まず腸内改善することになるので、その後に体重が落ちてくるようですね。
次に、「瘀血(おけつ)体質の人」。血の滞りがあり、それによってさまざまな症状がある体質のことです。デスクワークが多かったり、肩こりがひどい人などは、当てはまりやすいですね。


150_masumoto

現代女性の多くは「瘀血」に当てはまるとよく耳にします。月曜断食と並行して、改善するために行うといいことは何でしょうか?


monday03_shutterstock_1454959262

150_sekiguchi_ha241

血の巡りを良くするために必要なのが「温活」です。ヨガをホットヨガに変えたり、シャワーだけではなくきちんと湯船につかることが大切です。
特にむくみやすいと感じている人は、冷えやすく、汗を排泄する力が弱いので、このような「温活」で発汗機能を高めることから始めましょう
また、むくみを気にしている人は、実は水以外の飲み物を摂取していることが多いんです。水以外のものは、利尿作用が強く、水のように「体内を循環し、排出する」という習慣に繋がらないので、避けましょう。水を飲む癖をぜひつけてください


私の友人にも、「1カ月やったけどまったく効果が出なくて…」という人がちらほら。関口先生のお話を聞いて、彼女たちに当てはまることがあるのかも、としみじみと納得しました。

次回は、「月曜断食体験者」から集めた「体験者だからこその疑問」をお聞きします!

ハリエット ギンザ
食習慣の指導と鍼灸との組み合わせで、理想のボディを目指す。六本木院、名古屋院もあり。TEL:03-3542-0895(完全予約制) メニュー例:体質改善・ダイエット治療 鍼灸+全身マッサージ+美容鍼 75分 ¥12,650 https://harriet-ginza.com/

月曜断食の体験記

運動嫌いのグルメ大好き。美容ライターが5か月で8キロ減量できたわけ

トレンドのメソッドに飛びついてはすぐに挫折し続けてきた三日坊主だったという美容ライター増本さんが、5カ月足らずで8kg減量し、現在も続けているメソッ...

https://www.mylohas.net/2019/04/188591fasting.html

月曜だけ断食! 美容ライターが感じた減量以外のうれしいことと困ったこと

トレンドのメソッドに飛びついてはすぐに挫折し続けてきた三日坊主だったという美容ライター増本さんが、5カ月足らずで8kg減量し、現在も続けているメソッ...

https://www.mylohas.net/2019/05/190344fasting02.html

150_225_sekiguchi_profile_ha241

関口賢(せきぐち・まさる)さん
中国式鍼治療専門店ハリー(HURRI)の王先生に憧れ、弟子入り。のべ約5万人の臨床経験を生かして、この時代に合った新たな鍼灸を確立と共に鍼灸業界の常識を覆し、多くの人々の健康に貢献することを目指して、関口鍼灸治療院(現ハリエット ギンザ)を開業。ハリエット ギンザ

masumoto_profile

増本紀子さん 美容エディター・ライター。 美容業界歴20年超。4つの出版社勤務を経て、2008年株式会社altoを設立。美容誌、女性誌、WEBなど多岐に渡り美容の記事を編集・執筆している。


image via shutterstock


    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由