1. Home
  2. BODY
  3. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,661

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

卵巣がん

image via shutterstock

別名、サイレントキラー(静かな殺し屋)

卵巣がんは、女性のがんとしては死亡率が5番目に高いもの。米国がん協会(ACS)によると、毎年卵巣がんと診断される女性2万2530人中、1万4000人近くがそのせいで亡くなります。

その大きな原因は、卵巣がんが発見されにくいこと。検診の不足や診断がむずかしい症状などさまざまな要素が重なった結果、診断される頃にはがんがすでに卵巣の外まで達し、ステージの進んだ段階になっているケースが多いのです。

ですから、自分のリスクを知ることがとても大切になります。家族に卵巣がんになった人がいること、年を重ねるとリスクが上がることのほかに、卵巣がんになりやすくなる要素が数多くあります。卵巣がんがどうしてそんなに危険なのか、女性に知って欲しいことを専門家がお伝えします。

卵巣がんは死亡率が高い!

卵巣癌

image via shutterstock

卵巣は、エストロゲンなどの女性ホルモンと卵子を作る2つの「腺」で、アーモンドくらいの大きさです。

この卵巣に悪性の腫瘍ができる「卵巣がん」は、婦人科の(つまり、女性特有の)がんのひとつで、腫瘍のタイプによって3つに分けられます。いちばん多いのが、卵巣の外側をおおう組織にできる「上皮性(じょうひせい)」腫瘍によるものです。

「米国では毎年およそ2万2000〜2万3000人が新たに卵巣がんと診断され、婦人科のがんとしては2番目に多いものです」と、ニューヨークシティー、マウント・サイナイ病院の婦人科腫瘍学の専門家、コンスタンティン・ザカシャンスキー医師。(1番はおよそ2倍多い「子宮内膜がん」。乳がんは婦人科のがんには含まれません)

でも、米国国立医学図書館(NLM)のサイトによると、卵巣がんは子宮内膜がんほど多くはありませんが、死亡率ははるかに高いのです。ザカシャンスキー医師の説明では、最大で70%の卵巣がんが、卵巣を超えて広がったIII期(ステージ3)かIV期(ステージ4)になるまで診断されません。子宮内膜がんは、ほとんどがもっと早い段階で診断されます。

なぜ卵巣がんは、診断されにくい?

診察

image via shutterstock

子宮内膜がんは進行すると出血が見られることがありますが、卵巣がんはもっと密かに進行します(それで「サイレントキラー」と呼ばれます)。

とはいえ研究によると、卵巣がんになった女性の大部分が、診断より6か月以上も前に、何らかの兆候について医師に相談していました。

それなのに診断が遅れる大きな理由は、卵巣がんが下腹部の奥深くで発生するために、その兆候が卵巣がん特有と言いがたいものが多いからです。

膨満感、腹部の不快感、消化不良、頻尿。これらはすべて卵巣がんのサインですが、同時に、がんよりはるかによく見られる食べ過ぎや食品アレルギー、一般的な消化器系の問題、あるいは尿路感染症でも、このような症状が出ます(体重増加としつこい胸ヤケから、卵巣がんと分かった人もいます)。

その結果、「ほとんどの卵巣がんは、腫瘍がかなり大きくなるまで診断されません」(ザカシャンスキー医師)。つまり、治療がさらに難しくなるということです。

続きます。

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

卵巣がんについてもっと知りたい

痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

小さいけれど女性にとって大きな影響をもたらす卵巣。卵巣におこる病気や、卵巣を健康的に守る方法を知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/10/200290sp_womens_diseases_pvn_ovaries2.html

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

今回は、「遺伝性乳がんと卵巣がん」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験者の増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2019/09/strategy54.html

Lauren Del Turco/Here’s Why Ovarian Cancer Is So Hard to Diagnose, According to a Doctor/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由