1. Home
  2. EAT
  3. 卵は一日に何個まで食べていい? 管理栄養士が疑問に答えます

卵は一日に何個まで食べていい? 管理栄養士が疑問に答えます

1,272

横山智世

卵

完全栄養食の「卵」。以前は食べすぎるとコレステロール値が高くなるとも言われましたが、今はどうなのでしょうか? 卵に関するQ&Aを、管理栄養士の水谷俊江さんが解説します。

Q.卵はコレステロール値を上げる?

卵

最初の疑問は、卵を食べるとコレステロール値は上昇してしまうのかどうか。

卵にはコレステロールが含まれていますが、卵に含まれるレシチンやアミノ酸の一種であるシスチンには、コレステロール値を下げる働きがあることがわかり、現在ではコレステロール値が上がることはないと考えられています。

(「Diet Plus」より引用)

加えて、管理栄養士の水谷さんによると、卵は糖質をほどんど含まないため中性脂肪を上げる原因になることもないそう。健康診断で気になる内容はクリアしていますね!

健康診断前日のNG行動3つ。激しい筋トレ、きのこをたくさん食べる…

管理栄養士が教える、健康診断の前日にしてはいけない3つのNG行動を紹介します。◯◯の食べ過ぎ、激しい運動など、知らないうちに数値に影響が出てしまう行...

https://www.mylohas.net/2019/08/195861diet_healthcheck.html

Q.一日に何個まで食べていいの?

目玉焼き

卵は、さまざまな料理に使われる食材のひとつです。しかも栄養価が高く、理想的なバランスのとれたアミノ酸や吸収率の高い鉄分が含まれているので、ダイエット向きの食材でもあります。では、一日何個までを目安に食べればいいのでしょうか?

健康な人であれば1日2個ぐらいなら食べても問題がないという見解が多いようです。

(「Diet Plus」より引用)

栄養が偏りがちなダイエット中に特におすすめなのは、「ゆで卵」。良質なタンパク質をヘルシーに取り入れることができます。小腹が空いたときの間食にもいいですね。

ただし、水谷さんいわく、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素を含むとはいえ、卵ばかりで栄養を補うことはおすすめできないそう。卵を上手に活用するつもりでいましょう。

1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは……

小さいのに完璧な食べ物、卵。タンパク質が豊富なだけでなく(1個あたり7グラム)、卵(特に黄身)には、抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸のほか、ビタミンD...

https://www.mylohas.net/2018/08/173130egg.html

Q.白い卵と赤い卵の違いは?

赤玉と白玉

卵を購入する際、白玉と赤玉が並んでいますが、どんな違いがあるのでしょうか? また、栄養に違いがあるのかも気になります。

ニワトリの種類の違いで赤玉と白玉にわかれます。基本的には赤い羽根のニワトリからは赤い殻の卵が産まれ、白い羽根のニワトリからは白い殻の卵が産まれます。栄養価の差はないそうです。

(「Diet Plus」より引用)

Q.黄身の色が濃い方が栄養価は高いの?

卵料理

もうひとつ、都市伝説のごとく噂されるのが「黄身の色が濃い方が栄養価が高い?」というもの。本当のところはどうなのでしょうか?

黄身の色はニワトリのエサによって変わります。パプリカなど赤い色素を混ぜたエサを与えられたニワトリは濃い色の黄身の卵を産みます。黄身の色で栄養価が変わるということもありません

(「Diet Plus」より引用)

なんと、ニワトリのエサが影響していたんですね。身近な食材でありながらも、実は知らなかったことも多い「卵」。完全栄養食品としてコストパフォーマンスも高い食材なので、これからもいろいろな調理法で取り入れていきたいですね。

卵をもっと活用しよう!

卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品。おすすめの食べるタイミングは?

完全栄養食とも言われる卵。ダイエットと卵の相性は? 一日何個まで食べて平気? つるっとキレイにむく裏ワザは? 卵にまつわる5つの話題を集めてみました...

https://www.mylohas.net/2019/01/180652egg.html

管理栄養士の栄養アドバイスつき。簡単「エッグスラット」のレシピ

半熟卵とマッシュポテトが層になった料理「エッグスラット」の簡単レシピをご紹介。じゃがいもは電子レンジを使えば、あとはフライパンだけで完成する簡単レシ...

https://www.mylohas.net/2019/07/194369diet_recipe.html

水谷俊江(みずたに としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由