1. Home
  2. EAT
  3. 手作りの砂糖不使用グラノーラバーで、ギルティフリーおやつ

手作りの砂糖不使用グラノーラバーで、ギルティフリーおやつ

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

1,605

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。インスタグラムでヘルシーなレシピを紹介しています!

グラノーラバー

早速質問です。みなさんは日中外出先でお腹が空いたらどうしていますか?コンビニでお菓子を買ったり、カフェでケーキを食べたり……? でもそんな生活が毎日続いてしまうと、お金もかかってしまいますし、決してヘルシーとは言えません。

そこでおすすめなのが、このグラノーラバーを作って、間食用に持ち歩くこと! バーになっているため歩きながらでも食べられるのがポイント。私はよく、授業の合間や移動時間に食べています。

デーツとピーナッツバターのグラノーラバー

グラノーラバー

このグラノーラバーには、デーツとピーナッツバターをふんだんに使用しています。そうすることで、ザクっと噛んだ瞬間、キャラメルのような風味が口の中いっぱいにジュワッと広がるんです。 もちろん白砂糖やバターなどの乳製品は不使用

卵も不使用なので、アレルギーのある方やビーガンの方も安心して食べることができます。 では早速、レシピ紹介に移りましょう!

<材料>

  • オーツ麦 1カップ
  • 砕いたアーモンド 1/3カップ
  • フラックスミール 1/4カップ
  • デーツ(細かくダイス型に切る) 1/3カップ
  • 塩 少々
  • ピーナッツバター 大さじ3
  • ココナッツオイル 大さじ2と1/2
  • メープルシロップ or アガベシロップ 1/4カップ

<レシピ>

下準備

  • オーブンを170℃に予熱しておく。
  • スクエア型にベイキングシートを敷いておく。
  1. オーブントレイにベイキングシートを敷き、その上にオーツ麦とアーモンドを広げて170℃に予熱したオーブンで15分ほど焼く。
  2. その間に、フラックスミール、デーツ、塩をボウルにいれて混ぜる。
  3. オーツ麦とアーモンドがいい感じにトーストされたところで取り出し、ボウルに投入し混ぜ合わせる。オーブンは160℃に下げて再び予熱しておく。
  4. そこに残りの材料も入れてしっかりと混ぜ合わせたら、スクエア型に敷き詰め、真ん中から端の方までしっかりと押しながら固めていく。
  5. オーブンで20分間焼き上げたら完成。グラノーラバーが冷めるまでスクエア型から取り出さずに待つ(約15分)。
  6. 冷めたらゆっくりと取り出し、さらに完全に冷めるまで待つ。完全に冷めたら好きな形にスライスし、タッパーやサランラップなどに移動させれば保存が可能。

このレシピのスーパーフード: オーツ麦

オーツ麦

image via Shutterstock

私の家には必ず常備してあるオーツ麦。ミキサーで砕いて小麦粉のようにして使ったり、グラノーラを作ったり、オートミルクを作ったりと、とても万能なんです。

万能なうえに栄養は満点。マグネシウムや鉄分などのミネラル、食物繊維、ビタミンが豊富に含まれています。また、炭水化物であるため、腹持ちもとてもよく、小腹が空いたときや一日のはじめに食べることで、エネルギーを最大限に発揮できるでしょう。

このレシピのスーパーフード: ココナッツオイル

ココナッツオイル

image via Shutterstock

最近はスーパーでもよく見かけるココナッツオイルですが、多くのお菓子に使用されているサラダ油(植物油脂)に比べて、とても体によいです。

食用だけでなくボディケアとしても使用することができます。とても濃厚なので少量で十分ですが、リップや体、髪などに塗るのがおすすめです!

ギルティフリーな間食を選んで

ダイエット中でも食べられる「低カロリーな間食」7つ

専門家がおすすめする間食って? 栄養をたっぷりで、小腹も満たされるのに、どれも200kcal程度のメニューをご紹介します。

https://mylohas.net/2019/07/193530pvn_200kcal3.html

健康メリットが高いフルーツ9種。コレステロールの低下やダイエットも

健康のために食べたいフルーツとは?栄養価の高い食事は病気を防いだり、免疫をあげてくれます。健康にメリットをもたらすフルーツを見ていきましょう。

https://mylohas.net/2019/07/193745pvn_healthiest3.html


    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由