1. Home
  2. BODY
  3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

15,401

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

風邪

image via shutterstock

季節の変わり目は、急に寒くなって体調を崩しやすいもの。

風邪は誰でもかかる非常にありふれた病気ですが、長びくと2週間も完治に時間がかかることがあります」と話すのは、ノースウエスタン・レイクフォーレスト病院にホームドクターとして勤務するデボラ・S・クレメンツ医師

前回に引き続き、今から始めたい風邪を引かない/悪化させない方法を医師陣から教えてもらいましょう。

  1. 加湿器をフル稼働させる
  2. ビタミンDをたくさん摂る
  3. 手を清潔にして、手で目、鼻、口に触れない
  4. スマホを消毒する
  5. リラックスする時間をもつ は、こちら

6. たっぷり睡眠をとる

寝る女性

image via shutterstock

日ごろから睡眠をしっかりとることが、風邪の予防にはとても大切です。

『JAMA Internal Medicine』誌に発表された研究では、健常者の成人男女153人に、ライノウイルス入りの点鼻薬を使用してもらい、またそれぞれの睡眠習慣を記録してもらいました。そこで分かったのは、睡眠が常に7時間以下の人が風邪を引く確率は、毎晩8時間以上眠れている人より3倍上昇することでした。

ナショナル・スリープ・ファウンデーション7時間~9時間の睡眠を推奨しています。なかなか寝付けずに困っていれば、こちらの記事を参考に。

7. 亜鉛を補給する

亜鉛

image via shutterstock

亜鉛がウイルスの増殖を抑えることを示す研究報告もあります、とクレメンツ医師は言います。また、米国国立衛生研究所(NIH)によると、亜鉛は(通常、亜鉛トローチ剤やグルコン酸亜鉛鼻スプレーなどで)、引きはじめの症状を抑える作用があり、症状の継続期間も短くなるそう。

「亜鉛はどれだけ摂るのが適切なのかはまだ正確には分かっていませんが、いくつかの研究で、一日に75mg以上摂ると有益性が示されることが分かっています」とクレメンツ医師は説明します。

米国国立衛生研究所は、一般的な成人の場合、そこまで摂る必要はないとしています。なので、サプリメントに頼るまでしなくとも(医師がすすめる場合は別ですが)、亜鉛がたっぷり摂れる食事を心掛けてみるといいかもしれません。肉類、豆腐、牡蠣、レンズ豆などに亜鉛はたくさん含まれます。

8. 人と飲み物をシェアしない

コップ

image via shutterstock

「家族に風邪を引いている人がいれば、紙コップを使用したり、使う食器を分けたりするようにします。そうすれば、ウイルスの拡散を防げます」とノースウエスタン・レイクフォーレスト病院にホームドクターとして勤務するアディバ・カーン医師は言います。

また、電話機、タオル、キッチン道具など、病気の家族と一緒に使うものも、ウイルスが付着しているので、それに触る際には細心の注意を払うようにします。

9. プロバイオティクスを利用する

ヨーグルト

image via shutterstock

細菌のすべてが体に悪いわけではありません。腸内の細菌や、ヨーグルト、ザワークラウト、コンブチャといったプロバイオティック食品に含まれる細菌は、免疫系を高めてくれます。結局のところ、胃腸こそが私たちの最大の免疫器官なのです。

2014年に『Journal of Science and Medicine in Sport』誌で報告された研究によると、プロバイオティックのサプリメントを取ったラグビー選手は、偽薬を取った選手に比べ風邪や胃腸感染症にかかりにくいことが分かりました。

今後、プロバイオティックスの抗ウイルス作用を示すには、それを裏付ける研究がさらに必要ですが、これまでのいくつかの研究で、プロバイオティクスは、風邪の症状の軽減にも効果的であることが分かっています。

『British Journal of Nutrition』で報告されたある研究を例に挙げると、風邪を引いた大学生にプロバイオティックスあるいは偽薬を与えたところ、プロバイオティクスを取った生徒の方が、鼻づまりやのどの痛みといった症状が軽く、早く治っていました

10. 予防接種を受ける

予防接種

image via shutterstock

風邪とインフルエンザは、全く異なるウイルスに感染してなるものですが、その症状はとても似通っています。しかし、インフルエンザの症状はひどく、免疫系が弱っている場合危険な合併症を伴うことがあります。

インフルエンザから身を守る一番の方法は、毎年流行するタイプが異なるため、必ず予防接種を受けることです。米国疾病対策センターは、ワクチンが出来次第、理想としては10月以前に、予防接種(あるいは鼻スプレー)をうけることを推奨しています。

結論:特効薬は「予防すること」

でもだからといって、風邪を引いてしまっても慌てないで。ほとんどの人が毎年少なくとも1~2回は風邪を引くもの。風邪を引いたらとりあえず、治るまでの期間がどれくらいかかるか注意します。

「高熱が出たり、その他の症状がなかなか治らなければ、医師にきちんと診てもらいましょう」とクレメンツ医師は言います。

風邪は早めの対策を

ガラガラうがいは風邪予防。では、ぶくぶくうがいは何予防?

口内炎はビタミンB2が不足していることが原因の場合があります。その時にサプリメントを飲んでもたいてい効果はありません。それよりも効果があるのが、「う...

https://www.mylohas.net/2019/05/189596stomach_19.html

インフルエンザを予防するために、医師がやっている3つのこと

呼吸器専門医の大谷義夫先生が実践しているインフルエンザ予防法を3つ紹介。緑茶でこまめに水分補給(口の中を乾燥させない)、歯みがき(口内細菌を減らす)...

https://www.mylohas.net/2019/01/183613flu.html

Emily Shiffer/10 Best Ways to Stop a Cold Before It Even Starts, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由