1. Home
  2. BODY
  3. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,966

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

風邪

image via shutterstock

油断は禁物。

風邪を引いてしまうと、ただウイルスのなすがままに身を任せるしかない気持ちになります。

風邪の主な原因は、鼻、のど、上気道に生じるウイルス感染です。風邪を引き起こすウイルスにはさまざまなものがありますが、最もよく見られるのがライノウイルスです」とは説明します。

鼻水、のどの痛み、咳、鼻づまり、軽い体の痛み、頭痛、くしゃみ、微熱といった風邪の症状が出ると、それが治るまで、とにかくひどく疲れるもの。風邪は誰でもかかる非常にありふれた病気ですが、長びくと2週間も完治に時間がかかることがあります」とノースウエスタン・レイクフォーレスト病院にホームドクターとして勤務するデボラ・S・クレメンツ医師は言います。

とにかく風邪のウイルスを寄せ付けないことがポイントに。 今から始めたい風邪を引かない/悪化させない方法をまとめます。

1. 加湿器をフル稼働させる

加湿器

image via shutterstock

湿度が低いと鼻腔が乾燥しまい、ウイルスや細菌の体内への侵入を防ぐ力が弱まり、風邪を引きやすくなります。ですから、加湿器を買って、空気が乾燥しだしたらフル稼働させるのが正解に。

「加湿器を使用すると粘膜を保湿できます。鼻の粘膜が乾燥してしまうと、細菌が体内へ侵入するのを防げなくなります」 とクリーブランド・クリニックで家庭医療医師として勤務するアンバー・タリー医師は説明します。

ここで忘れてはいけないのが、温かく湿った環境はカビが増殖しやすいので、加湿器は常に清潔にしておくこと(カビにアレルギーを持っていれば、風邪のような症状が起こります)。

2. ビタミンDをたくさん摂る

ビタミンd

image via shutterstock

研究では、ビタミンD不足の人は、十分に足りている人に比べ、咳、のどのイガイガ、鼻づまりなど、上気道の感染症にかかりやすいことが分かっています。これはなぜなら、細胞で起こる、ウイルスや細菌から防御する為の免疫反応は、ビタミンDによって促進されるからです。

「いくつかの研究で、ビタミンDを一日あたり400IU摂ると、気道の感染症の予防に有用であることが示されています」とカーン医師は説明します。

米国国立衛生研究所(NIH)は、成人の1日あたりの適正量を600IUと推奨していますが、それ以上摂ることをすすめる研究機関もあります(※)。

ビタミンDを含む食材(サーモン、牛肉、卵の黄身、ビタミンD強化ミルク、オレンジジュース、チーズ、キノコ類)だけでは十分とはいえません。なので、ビタミンDが足りていないと感じたら、医師に相談してあなたに適したサプリメントを教えてもらいましょう。

※編注:アメリカの場合。日本では、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると、1日のビタミンD摂取の目安量は成人5.5μg(220IU)とされています。

3. 手を清潔にして、手で目・鼻・口に触れない

手洗い

image via shutterstock

私たちは、無意識に手で顔を触っています。2008年の小規模研究では、研究の参加者は平均して1時間に16回も手で顔に触れていました。風邪やインフルエンザが流行る季節に、それは禁物です。

米国疾病対策センター(CDC)によれば、手を清潔にしていないと、感染者やウイルスが付着した物から、病原体が体内に侵入しやすくなるそう。「ウイルスは、握手などの皮膚と皮膚の接触でもうつります」とクレメンツ医師は説明します。

だから、できるだけ手で顔に触れないようにする。「そうすることで、鼻や口の粘膜への付着を防げ、感染が抑えられます」(タリー医師)

そして、常にすぐ手を洗うよう習慣づけて。米国疾病対策センターによると、石鹸を使って少なくとも20秒間ゴシゴシするのが正しい洗い方だそう(指の間や爪先までしっかりと!)。困ったときには、アルコール手指消毒剤を代わりに使っても。

4. スマホを消毒する

スマホ

image via shutterstock

今日一日、あなたのスマホをどこに置いていたか、思い返してみてください。キッチン、トイレ、レストランのテーブル。細菌のお祭り状態とはまさにこのこと。

2012年にアリゾナ大学が行った調査では、スマホには便座の約10倍の細菌が付着していると報告されています。

製造元のApple社は、除菌シートを使ってスマホを除菌する方法をすすめます。ただし、その際にはスマホの電源を落として、除菌シートの余分な水分をしっかりと絞ってから拭くこと。それから、別のやわらかい布でそっと拭き取ります。漂白剤はウイルス除菌には適していますが、電子機器に使用すると故障を起こすことがあるのでご注意を。

5. リラックスする時間をもつ

リラックス

image via shutterstock

なんだかイライラして仕方ない? ストレスで疲れ果ててしまっていると、風邪を引きやすくなります。タリー医師によると、ストレスはコルチゾールという免疫機能を弱らせるホルモンを過剰に出させます。

なので、まずはゆったりした気分になることを優先して。ヨガや瞑想に挑戦したり、自然の中を散歩したり、あるいは仕事から帰って家族と一緒に夕食をつくったり。心身をリラックスさせて、一日の疲れをリセットします。

続きます。

体調を崩さない体づくりを

毎日のみそ汁でぐっすり眠れるように? 医師考案のおすすめ具材レシピ

近年「睡眠の質」を重要視する人が増えています。忙しいときほど、短時間でもぐっすり眠って体力を回復したいもの。そんなときに活用したいのが、より良い睡眠...

https://www.mylohas.net/2019/04/188228misosoup.html

納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

ポカポカと暖かくなったかと思えば、急に寒くなったりと気温差が激しい今日この頃。体調を崩さないよう、いつも以上にケアをしておきたいものです。 そこで...

https://www.mylohas.net/2019/02/186010natto_immunity.html

Emily Shiffer/10 Best Ways to Stop a Cold Before It Even Starts, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由