1. Home
  2. EAT
  3. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

2,542

鈴木希

トマト

調子が悪い、胃腸の具合がよくない、むくみやすい、頭痛やめまいがある……。思い当たる不調の原因は、隠れ栄養失調かもしれません。

隠れ栄養失調とは、腸内環境の悪化や酵素不足、だ液や胃液の減少などにより、食べているのに体に栄養が行き渡っていない状態のこと。予防内科医の関由佳(せきゆか)先生は、「体の栄養吸収力をアップするには、やさい麹が有効です」と言います。

ニューヨークの料理専門学校でディプロマを取得し、野菜ソムリエ、味噌ソムリエの資格も持つ関先生。メディカルフード研究家としてメディアで活躍する一方、「薬やサプリメントではなく食べもので病気を予防する」という考えのもと、栄養療法や予防医学に力を入れた診療に取り組む日々。

そんな関先生の知識が詰まった著書『腸と胃を整える食べるくすり やさい麹』(アスコム)より、自宅にあるいつもの食材で作れる“最強の発酵食”、やさい麹について紹介します。

「米麹」は、日本人の体質に合っている

麹

まず、麹のメリットのおさらいを。そもそもとは原料となる米や麦、大豆などの穀物に麹菌を付着させ、繁殖しやすい温度や湿度の中で発酵させて、有効なカビを繁殖させて培養したもの。「発酵食品の中でも最も日本人の体質に合っていて、食べ続けることで健康への効果が期待できる」と関先生。

なかでも手軽に摂取しやすく、効果が高いのが米麹。「米麹の豊富な酵素やビタミン、ミネラルなどの栄養素は、おいしく食べるだけで体の中の乱れた状態を整え、健康のベースとなる体の栄養吸収力を高めてくれます」。加えて、麹には主に、栄養の消化吸収の効率アップ、善玉菌で腸内環境を改善、ビタミンB群で滋養強壮+疲労回復の3つの効果があると言います。

また麹にはビタミンB群をはじめ、多種類のビタミン類を生成する働きのある酵素が含まれるため、疲労回復や美肌などに効果的。酵素とビタミンB群の代謝促進作用で、エネルギーの燃焼力もアップ。ダイエット効果も期待できます。

『腸と胃を整える食べるくすり やさい麹』34ページより引用

健康リスクを減らすだけでなく、美容効果が期待できるのもうれしい話です。

トマト、玉ねぎ、にんにく、しいたけが最適食材

野菜

この麹の自然のパワーを活用し、野菜のビタミンやミネラルなどの栄養をおいしく取り入れやすくしたのが、やさい麹です。具体的には、トマトや玉ねぎ、にんにく、しいたけといった、野菜の中でもとくにパワフルな健康効果(栄養成分)を持つ素材と麹を合わせて発酵させます。

医師であり料理人でもある関先生が開発したもので、先生は「やさい麹は米麹が発酵するときに、合わせた野菜も発酵させ、うま味と栄養価が高まる“食べるくすり”」だとも話します。

発酵させる野菜は、1 栄養価が高く健康効果を発揮、2 発酵するとうま味が増す、3 料理への活用範囲が広い、4 保存しても安全、5 いつでも手に入るもの。この条件を満たす、トマト、玉ねぎ、にんにく、しいたけの4種類がもっともオススメです。

『腸と胃を整える食べるくすり やさい麹』40ページより引用

本書によると、4種類のやさい麹に期待できる効果はそれぞれ違います。

  • トマト……高い抗酸化作用を持つリコペンの力で動脈硬化予防や抗炎症作用
  • 玉ねぎ……フラボノイドの一種、ケルセチンを含み、骨の形成の活性化やビタミンDの吸収力アップによる筋肉強化、認知機能の向上
  • にんにく……辛味成分のアリシンで抹消の血管を拡張させて血行促進し、ビタミンB1の吸収が高まるため疲労回復や滋養強壮をサポート
  • しいたけ……豊富に含まれるビタミンDによりカルシウムの代謝を促し、吸収率を高めて歯や骨を丈夫に。腸内環境や腸管免疫機能を調節する効果も。

不調に合わせてやさい麹を選ぶ。そんな使い方ができそうです。

ひと晩でできるお手軽さがいい

サラダ

作り方もとても簡単です。「やさい麹は簡単な仕込みの後、発酵&熟成を待つだけ。発酵プロセスはどれも同じ方法なので、覚えてしまえば手軽に仕込めます」と関先生。

ここでは、うま味と豊富な栄養が時間とともに熟成される、トマト麹の作り方を見てみましょう。材料は、無添加・無塩のトマトジュース200cc、水大さじ2~3、乾燥米麹50g、塩10gの4つだけ。

  1. 下準備……ボウルに米麹、塩を入れ、混ぜる。
  2. 発酵……トマトジュースを加え、ラップをして20〜25℃程度の室温にひと晩(8〜10時間くらい)おく。とろっととろみがでてきたら完成。
  3. 保存……清潔な保存容器に移し、麹が浸かる程度の水(大さじ2~3)を調節して加え、ふたをして密閉保存する。冷蔵庫で保存し、1日1回底からよくかき混ぜる。日を追うごとに甘みととろみが増す。

『腸と胃を整える食べるくすり やさい麹』43ページより引用

できあがったら、毎日最低1食、ひと品にやさい麹をプラスして食べましょう。納豆のたれやマリネ液、ドレッシング、しょうゆ代わりに置き換えてもOKです。

また、やさい麹は味に深みとコクを足すだけでなく、麹の効果で素材のうま味を引き出すから、下味つけにもひと役買ってくれます。そのほか、味噌汁に入れたり、パンに塗ったり、使い方はさまざま。これなら飽きずに取り入れられそうです。

ひとさじで健康効果とおいしさをプラスしてくれるやさい麹を、習慣にしていきたいですね。

野菜の栄養をしっかり摂ろう

切り方や調理法で栄養ダウン? 定番野菜の栄養価を高める5つのワザ

切ったり、茹でたりといった調理方法ひとつで、その栄養価は大きく変わります。5つの定番野菜の栄養素を高める調理法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/09/198646sp_nutrition_cooking01.html

野菜を劣化させない保存方法のコツ5つ

野菜やフルーツは保存のしかたで栄養を大損をしているかもしれません。最新の研究やデータをもとに、ムダなく栄養を摂るさまざまなコツをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/09/198647sp_nutrition_cooking02.html

腸と胃を整える食べるくすり やさい麹 ]image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由