1. Home
  2. BEAUTY
  3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

2,496

AYANA

乳液

image via shutterstock

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回は、「乳液とクリームの違いは?」というお悩み。どちらもスキンケアの最後の方に使うイメージがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

乳液とクリーム、いずれも明確な定義は存在しない

クリーム

image via shutterstock

洗顔後のスキンケアは、化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、乳液やクリームで油分を補い「フタ」をすればいい……、そんなイメージはなんとなく誰もが持っているもの。

そもそも、乳液とクリームは何が違うのでしょう。

「乳液もクリームも、水分と油分が混ざり合って乳化しているものです。実は両者を分ける明確な定義はありません

今はスキンケアのテクスチャーも多様化していて『液状のクリーム』『ゲル状(固体)の化粧水』なんてものも出てきているほど。

分類や呼び名は、メーカーに委ねられている部分が大きいのです。ただ一般的に考えれば、乳液は液体、クリームは固体

『容器を傾けたときに流れ落ちるのが乳液、とどまって落ちないのがクリーム』と定義しているメーカーもあります」(岡部さん)

自分に合った乳液、クリームの選び方は?

クリームを塗る女性

image via shutterstock

乳液とクリームの境界線が曖昧ということは、両者はほぼ同じもの? 両方使う必要はなく、どちらかを使えばいいのでしょうか。

「スキンケアは、清潔な肌に水分と油分を与える行為です。ごくフラットに考えると、油分を補っていればそれでOK。乳液でも、クリームでも、美容オイルでも構いません

もっと言えば、化粧水と美容オイルが2層になっているものなら、洗顔後それ1品ですむ場合もあるかもしれない。

オールインワンジェルみたいなものにも、最近はきちんと油分が入っているものが多いですね」(岡部さん)

スキンケアする女性

image via shutterstock

では、乳液とクリームの片方だけ使用するのでも問題ないのでしょうか?

「はい。ただ、自分に合ったスキンケアの選び方として、まずメーカーが推奨する基本のプロセスを一度なぞってみることをおすすめします。

カウンターで肌診断をしてもらい、最適なアイテムを選んでもらうのもいいでしょう。

忠実に使ってみて、そのうえで『このアイテムは省略してもいいかな』と自分で間引いたり、別のアイテムと差し替えたりしてみるといいんです」(岡部さん)

基本のプロセスでスキンケアをしてみると、それを使っているときの肌状態から「もっとこうしたい」という意識が芽生えていくそう。

たとえばベタつきが気になるようなら「油分を減らしてみよう」となります。

スキンケアする女性

image via shutterstock

「工程が多すぎると面倒になりますし、金銭的余裕の問題もあります。省略できるところはどんどんしていいんです

肌がしっとりと落ち着いていて、化粧のりがよく、特に肌荒れなどの問題がなければ、それはあなたに合ったスキンケアというサインです」(岡部さん)

スキンケアに過度な「手抜き」は禁物

スキンケアする女性

image via shutterstock

スキンケアで一番大切なのは毎日続けられることです。面倒な工程が続かない場合はシンプルにする必要がありますし、感触のよさや香りのよさ、ブランドの好みなど、満足感につながる要素があるものを選ぶことも大切

スキンケアで満足感や充足感を得られると、脳に快適な刺激が送られます。脳は自律神経やホルモンバランスを司っている場所ですから、肌の美しさにも関係してくるんです」(岡部さん)

とはいえ、スキンケアを省略しすぎることの弊害も。

スキンケアする女性

image via shutterstock

「美しい肌のためには、うるおいや栄養をただ与えるだけでは不十分で、血液の循環が重要。そのためにはマッサージが欠かせません。ただし、マッサージメソッドに基づいた入念なケアを毎日やる必要はないです。

スキンケアをなじませるときに手を使っていく、その優しい刺激だけでも効果的です。そのためにスキンケアを数種重ねることがよい効果をもたらします

オールインワンだけよりは、化粧水や乳液など、もう一品くらい重ねるといいでしょう」(岡部さん)

シンプルすぎると物足りなさを感じる、というのは人間の心理でもあります。ある程度手をかけることで肌も答えてくれるはず。

スキンケアする女性

image via shutterstock

「使うアイテムが多いと、それだけ肌に触れる時間が長くなりますよね。手で肌に触れ、全面的に丁寧になじませることで、血液やリンパの循環が促されます。手をかければかけるほど、マッサージ効果も上がります」(岡部さん)

それこそが「お手入れ」であり、「手抜き」は禁物。乳液もクリームも好みで選んでいいけれど、毎日のお手入れは少しの「手間」をかけて、質を落とさないことが大切です。

岡部さんは、「もちろん時には、本格的なマッサージをすれば肌はきちんと応えてくれます」と話します。毎日のお手入れと、時には手をかけて肌と向き合うことを心がけていきたいですね

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

「ダブル洗顔不要」のクレンジングで汚れはちゃんと落ちる?

「ダブル洗顔不要」とうたっているものは、洗浄力や肌負担などにおいて問題ないのでしょうか?ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/10/198951beauty_qa10.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html


    Ranking

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    6. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    7. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    8. サッとひと塗り、ケア完了。なのにウルウル。感動のオールインワン・スキンケア

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    8. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. 三日坊主にはもうならない。行動を継続し、目標を達成するメンタルの保ち方

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    8. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    9. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    10. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら