1. Home
  2. 検索除外
  3. STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)
  4. Regular
  5. Prevention カラダや心を健康にする予防習慣
  6. Special
  7. 私と生理
  8. ヘルスケア
  9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,477

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

卵巣

image via shutterstock

女性の生殖にとって、とても重要な役割がある「卵巣」。一方、ほかの面でも体にとって大切な働きをしています。

前回は、卵巣の一生や役割などの基礎知識をまとめました。今回は、卵巣におこる病気や、卵巣を健康的に守る方法を見ていきましょう。

卵巣の病気にはどのようなものがあるの?

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)

嚢腫

image via shutterstock

卵子が卵胞から放たれなかったとき、液体とともに吸収されて嚢腫(のう腫)になることがあります。

ほとんどの嚢腫は小さくて痛みがないため、婦人科検診を受けるまで気付かないことも少なくありません。嚢腫の多くは良性で、がんにならないものがほとんど。腹痛や腹部の膨張感、月経不順がみられることも。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

ニキビ

image via shutterstock

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という卵巣の病気もあります。ニキビ、体重の増加、月経不順、体毛の増加といった症状が特徴。

これらの症状は卵巣で男性ホルモンが過剰にうみだされるせいで起こるのですが、女性の約20%にみられます

排卵されない卵胞は卵巣にとどまり、超音波でみると多くの卵胞が認められます。低用量ピルなどによって症状が改善することも。

卵巣がん

診察

image via shutterstock

毎年、アメリカでは2万人を超す女性が卵巣がんであると診断されます。卵巣がんは、対処しやすい初期のうちに発見されることがめったにないため、サイレントキラーと呼ばれることも。

卵巣は膀胱や腸の近くに位置するので、おなかの張り、おなか・背中・腰・骨盤の痛み、消化不良、下痢、便秘、頻尿、異常な膨満感、元気がなくなる、食欲不振などの症状がみられます。以上のような警告のサインが出ても、つい無視してしまいがちなので、自分の体に対しては十分に注意を払うことが必要。

これらの症状がひと月のうちに12回以上みられる場合は、かかりつけの医者に診てもらうのがおすすめです。

卵巣をよい状態に保つために

健全な卵巣をキープするため、3つの最適な方法をご紹介。

1. 定期的に婦人科検診を受ける

検診

image via shutterstock

嚢腫(のう腫)や腫瘍など、自覚症状があまり出ない病気が見つかりやすくなります。

2. タバコは吸わない

タバコ

image via shutterstock

タバコの煙にふくまれる化学物質のせいで卵子の遺伝子が損なわれ、早期に死滅する原因となります。これは妊孕性(にんようせい:妊娠しやすさ)の低下や、閉経の時期が早まることにつながります。

3. 適度な体重を維持する

体重計

image via shutterstock

ホルモンの状態が保たれ、月経が規則的に。また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状もやわらぎます。

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

女性ならではのトラブルを解消

更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「更年期症状に効果的な漢方薬」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝...

https://www.mylohas.net/2019/02/strategy41.html

卵巣の摘出手術をすると、身体への負担やホルモンバランスはどうなるの?

更年期症状と密接な関係のある卵巣。あらゆる理由で卵巣を摘出してしまうとどうなる?その疑問に答えます。

https://www.mylohas.net/2019/02/184818pvn_ovaries.html

Alyssa Jung/What Every Woman Should Know About Her Ovaries/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention