1. Home
  2. 検索除外
  3. STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)
  4. Regular
  5. Prevention カラダや心を健康にする予防習慣
  6. Special
  7. 私と生理
  8. ヘルスケア
  9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,421

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

卵巣

image via shutterstock

女性の生殖にとって、とても重要な役割がある「卵巣」。一方、ほかの面でも体にとって大切な働きをしています。

前回は、卵巣の一生や役割などの基礎知識をまとめました。今回は、卵巣におこる病気や、卵巣を健康的に守る方法を見ていきましょう。

卵巣の病気にはどのようなものがあるの?

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)

嚢腫

image via shutterstock

卵子が卵胞から放たれなかったとき、液体とともに吸収されて嚢腫(のう腫)になることがあります。

ほとんどの嚢腫は小さくて痛みがないため、婦人科検診を受けるまで気付かないことも少なくありません。嚢腫の多くは良性で、がんにならないものがほとんど。腹痛や腹部の膨張感、月経不順がみられることも。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

ニキビ

image via shutterstock

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という卵巣の病気もあります。ニキビ、体重の増加、月経不順、体毛の増加といった症状が特徴。

これらの症状は卵巣で男性ホルモンが過剰にうみだされるせいで起こるのですが、女性の約20%にみられます

排卵されない卵胞は卵巣にとどまり、超音波でみると多くの卵胞が認められます。低用量ピルなどによって症状が改善することも。

卵巣がん

診察

image via shutterstock

毎年、アメリカでは2万人を超す女性が卵巣がんであると診断されます。卵巣がんは、対処しやすい初期のうちに発見されることがめったにないため、サイレントキラーと呼ばれることも。

卵巣は膀胱や腸の近くに位置するので、おなかの張り、おなか・背中・腰・骨盤の痛み、消化不良、下痢、便秘、頻尿、異常な膨満感、元気がなくなる、食欲不振などの症状がみられます。以上のような警告のサインが出ても、つい無視してしまいがちなので、自分の体に対しては十分に注意を払うことが必要。

これらの症状がひと月のうちに12回以上みられる場合は、かかりつけの医者に診てもらうのがおすすめです。

卵巣をよい状態に保つために

健全な卵巣をキープするため、3つの最適な方法をご紹介。

1. 定期的に婦人科検診を受ける

検診

image via shutterstock

嚢腫(のう腫)や腫瘍など、自覚症状があまり出ない病気が見つかりやすくなります。

2. タバコは吸わない

タバコ

image via shutterstock

タバコの煙にふくまれる化学物質のせいで卵子の遺伝子が損なわれ、早期に死滅する原因となります。これは妊孕性(にんようせい:妊娠しやすさ)の低下や、閉経の時期が早まることにつながります。

3. 適度な体重を維持する

体重計

image via shutterstock

ホルモンの状態が保たれ、月経が規則的に。また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状もやわらぎます。

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

女性ならではのトラブルを解消

更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「更年期症状に効果的な漢方薬」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝...

https://www.mylohas.net/2019/02/strategy41.html

卵巣の摘出手術をすると、身体への負担やホルモンバランスはどうなるの?

更年期症状と密接な関係のある卵巣。あらゆる理由で卵巣を摘出してしまうとどうなる?その疑問に答えます。

https://www.mylohas.net/2019/02/184818pvn_ovaries.html

Alyssa Jung/What Every Woman Should Know About Her Ovaries/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5