1. Home
  2. STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)
  3. Regular
  4. Prevention カラダや心を健康にする予防習慣
  5. Special
  6. 私と生理
  7. ヘルスケア
  8. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,334

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

卵巣

image via shutterstock

女性の生殖にとって、とても重要な役割がある「卵巣」。一方、ほかの面でも体にとって大切な働きをしています。

前回は、卵巣の一生や役割などの基礎知識をまとめました。今回は、卵巣におこる病気や、卵巣を健康的に守る方法を見ていきましょう。

卵巣の病気にはどのようなものがあるの?

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)

嚢腫

image via shutterstock

卵子が卵胞から放たれなかったとき、液体とともに吸収されて嚢腫(のう腫)になることがあります。

ほとんどの嚢腫は小さくて痛みがないため、婦人科検診を受けるまで気付かないことも少なくありません。嚢腫の多くは良性で、がんにならないものがほとんど。腹痛や腹部の膨張感、月経不順がみられることも。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

ニキビ

image via shutterstock

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という卵巣の病気もあります。ニキビ、体重の増加、月経不順、体毛の増加といった症状が特徴。

これらの症状は卵巣で男性ホルモンが過剰にうみだされるせいで起こるのですが、女性の約20%にみられます

排卵されない卵胞は卵巣にとどまり、超音波でみると多くの卵胞が認められます。低用量ピルなどによって症状が改善することも。

卵巣がん

診察

image via shutterstock

毎年、アメリカでは2万人を超す女性が卵巣がんであると診断されます。卵巣がんは、対処しやすい初期のうちに発見されることがめったにないため、サイレントキラーと呼ばれることも。

卵巣は膀胱や腸の近くに位置するので、おなかの張り、おなか・背中・腰・骨盤の痛み、消化不良、下痢、便秘、頻尿、異常な膨満感、元気がなくなる、食欲不振などの症状がみられます。以上のような警告のサインが出ても、つい無視してしまいがちなので、自分の体に対しては十分に注意を払うことが必要。

これらの症状がひと月のうちに12回以上みられる場合は、かかりつけの医者に診てもらうのがおすすめです。

卵巣をよい状態に保つために

健全な卵巣をキープするため、3つの最適な方法をご紹介。

1. 定期的に婦人科検診を受ける

検診

image via shutterstock

嚢腫(のう腫)や腫瘍など、自覚症状があまり出ない病気が見つかりやすくなります。

2. タバコは吸わない

タバコ

image via shutterstock

タバコの煙にふくまれる化学物質のせいで卵子の遺伝子が損なわれ、早期に死滅する原因となります。これは妊孕性(にんようせい:妊娠しやすさ)の低下や、閉経の時期が早まることにつながります。

3. 適度な体重を維持する

体重計

image via shutterstock

ホルモンの状態が保たれ、月経が規則的に。また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状もやわらぎます。

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

女性ならではのトラブルを解消

更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「更年期症状に効果的な漢方薬」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝...

https://www.mylohas.net/2019/02/strategy41.html

卵巣の摘出手術をすると、身体への負担やホルモンバランスはどうなるの?

更年期症状と密接な関係のある卵巣。あらゆる理由で卵巣を摘出してしまうとどうなる?その疑問に答えます。

https://www.mylohas.net/2019/02/184818pvn_ovaries.html

Alyssa Jung/What Every Woman Should Know About Her Ovaries/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由